元・副会長のCinema Days

映画の感想文を中心に、好き勝手なことを語っていきます。

「一枚のハガキ」

2011-08-26 06:30:19 | 映画の感想(あ行)

 99歳の新藤兼人監督のパワーにねじ伏せられそうになる一編である。第二次大戦も終わりに近い頃、中年ながら召集された松山啓太は、戦友の森川定造から、自分が死んだら手紙を読んだことを妻に伝えてくれと言われ、一枚のハガキを託される。やがて森川をはじめ一緒に招集された仲間のほとんどが亡くなるが、内地に待機していた松山は運良く生き残る。

 戦争が終わって帰宅した松山だが、父と妻が“駆け落ち”して家はもぬけの殻になっていることを知り、すべてを放り出したくなった彼はブラジルへの移民を決意。だが、渡航する前に森川との約束を思い出し、彼の家を訪ねる。そこには、未亡人の友子が一人で暮らしていた。

 前半部分に、森川が出征するシーンがある。万歳三唱で送られた次のシークエンスには、遺骨だけが戻ってくる場面が示される。やがて友子は森川の弟と再婚するが、その新しい夫にも赤紙が届き、万歳三唱で送り出される。そしてまたもや帰ってくるのは遺骨のみだ。この有様を舞台劇のようにロングショットで捉えたシーンは(驚くことに)ユーモラスである。

 本当は悲惨極まりない話なのだ。ただそれをストレートに描くよりも、ユーモアのテイストを挿入することにより、単なる悲劇を通り越した不条理性が強烈に印象付けられる。この映画は全編そういう“突き抜けたようなユーモア”に彩られている。実際、客席からも幾度となく笑いが巻き起こった。しかし、言うまでなくそれは地獄を見てきた登場人物達および作者自身の“捨て身の諧謔”なのである。

 松山も友子も戦争によって家族を失い、さらに松山が生き残ったのは上官の引いたクジの結果でしかなく、友子の夫が招集されて彼と同世代の村の顔役が戦争に行かずに済んだのも、ちょっとした“裏の事情”に過ぎない。そんなくだらないことで人の生死が決定されたこと。そして、勝つ見込みが極めて小さい戦争をあえて始めてしまった当時の日本。それを後押しした一般国民。かくも馬鹿馬鹿しい状況が具体的な悲劇として返ってくるなど、まさに“笑い話”ではないか。笑いながら、大粒の涙を流すしかないのだ。

 主演の豊川悦司と大竹しのぶは、完全なオーバーアクトだ。それは演じている本人達も、演出する側もたぶん分かっている。しかし、それを“単なる絶叫芝居じゃないか”と片付けることは絶対に出来ない。戦争という最悪の茶番劇を糾弾するには、それぐらいの感情の高揚がないと逆にウソっぽくなってしまうのだ。過去を捨て去るために、好きなだけ叫べばいい。

 森川役の六平直政、その両親に扮した柄本明と倍賞美津子、コメディ・リリーフである村の実力者を演じた大杉漣、いずれも好演だ。失われた人生からのわずかな希望の象徴として風にそよぐ麦の穂をとらえたラストは、新藤監督の往年の代表作「裸の島」を想起させる。そしてそれは、大震災からの復興を模索する我が国の状況と重なり、しみじみとした感動を呼ぶ。今年度の日本映画を代表する秀作だ。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 「オーロラの彼方へ」 | トップ | 最近購入したCD(その23)。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画の感想(あ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

新藤兼人監督 「一枚のハガキ」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
公式サイト⇒http://www.ichimai-no-hagaki.jp/ 【あらすじ】 戦争末期に徴集された100人の中年兵は、上官がクジを引いて決めた戦地にそれぞれ赴任することになっていた。クジ引きが行われた夜、松山啓太(豊川悦司)は仲間の兵士、森川定造(六平直政)から妻・友子...
映画・一枚のハガキ (お花と読書と散歩、映画も好き)
2011年 日本 わかり易い映画でした 戦争末期に徴集された中年兵100人奈良で宿舎の清掃が終った彼らの次の任務地を決めたのは上官のクジだった60人はフィリピンへ30人は沖縄へ残り10人は宝塚へ松山啓太(豊川悦司)は宝塚へ向かう兵士の中のひとりだったある夜、啓....
『一枚のハガキ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「一枚のハガキ」□監督・脚本・原作 新藤兼人 □キャスト 豊川悦司、大竹しのぶ、六平直政、大杉 漣、柄本 明、倍賞美津子、       津川雅彦、川上麻衣子、絵沢萠子、大地泰仁、渡辺 大、麿 赤兒■鑑賞日 8月14日(日)■劇...
一枚のハガキ (映画とライトノベルな日常自販機)
“監督自身の体験と熟練の技が、戦争の非情さと絶望からの再生を丁寧に描きます” この作品は戦場で命を落とした人の視点ではなく、。“お国のため”と家族を奪われた人々の視点で描かれています。 定造の出征のシーンで定造や友子達家族などが行進して画面からアウトして...