Chica & Co @ Shanghai ~ Chapter 1 ~

中国、上海でホリステックコーディネータとして活動するChicaの記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

心理カウンセリング ~ ACケーススタディ ~

2014年12月08日 | -| Mind |-



心理カウンセリング

○よくわからないもの

○そこまで大層な問題でもない

○精神病!でもない。

○病気

などと勝手に敷居を高くしているイメージ
からより深いイメージを持つ為に。


ここに、カウンセリングの結果
ご本人がアダルトチルドレン(AC)であったというケースをご紹介させていただきます
(こちらはご本人様の承諾済みの下に、シェアさせていただいております)





ケース1  【 お子さんの不登校 】



お悩みは、お子さん
いわゆる「キレやすい子」で、

気持ちが不安定になりやすい、
普段はおとなしいのに、
一旦キレると手が付けられない。

小さいころから体も弱く、
だんだんと学校に行けなくなってしまった。
お子さんのことが心配で、
自分自身も最近体調が悪くなってしまった。



というご相談です。




はじめはご自身の問題ではないと
いらっしゃいました。

ところが、カウンセリングで
どんどんご自身の幼少期までさかのぼって
お話を伺っていくと・・・


厳格な父親、そんな父親に従うしかなかった母親の元で、
小さいころから我慢し続けきたということが分かりました。


早く家を出たいあまり、
若くして結婚し、まもなく出産。


現在のご主人も、父親のように威圧的な人で、
お子さんの不登校の問題も相談できない状態であるということ。


父親のような厳しい人とは結婚したくなかったのに、
同じようなタイプの男性と結婚しています。


我慢し続けてきた母親と同じ役割を演じ、
ずっと抑圧してきた感情が、
お子さんの問題になって爆発しました。


アルコール依存などの目に見える問題はないため、
一見普通の家庭のように見えますが、


このように欲しい愛情がもらえなかった場合も、
立派な機能不全家庭といえます。


そして、知らず知らずのうちにこういった構造を繰り返し、
アダルトチルドレンが増えていくのです。

この女性は、お子さんの問題を通して、
自分自身の心の傷に気付きました。


あなたが我慢をやめたら、お子さんの問題も自然に解決していきますよ。
とお話しました。


もう親のことなんて忘れていると思っていたのに、
そんなにも残っていたのですね。。
もう我慢しなくていいんですね。。


最後には、清々しい笑顔でお帰りになりました。





ケース2【親の介護、死】

最近お母様を亡くされて、
ひどい喪失感に苛まれてカウンセリングに来られた女性の話です。


「3兄弟の真ん中で、自分だけが親の介護をしてきた。
ところが、亡くなってみると、
親の遺産はほとんどが上のお兄さんと下の妹に残していたことが分かった。
私は何のために生まれて、何のために介護をしてきたのだろう。」


よくありがちな遺産問題と思われるかもしれませんが、
この方はお金が欲しいわけでもなく、
争いたいわけでもなく、
ただ自分の無価値観に悩んでいました。





カウンセリングで小さいころからのお話を伺っていくと、
兄弟の上と下は成績もよく、
自分だけ出来が悪かった。


親戚に、「おまえはいらない子だった」
と言われたことがある
(母が言ったかどうかは定かではない)。
ということでした。


さらに、カウンセリングを進めていくと、


自分しかできる人がいないので
介護をしていたつもりでいたのですが、


本当は、
「ありがとうと言ってもらいたかった」
「親に存在を認めてもらいたかった」

という本当の気持ちに辿り着いたのです。


ところが、お母様は既に亡くなっていて、
その言葉を聞くことはできません。


そこで、脳内和解(カウンセリングの中で行うもの)をして、
そこで、お母さんともう一度対話してもらい
和解をしてもらいました。


「母の顔はいつも怒っていると思っていましたが、
久しぶりにやさしい母の顔を思い出しました。」
と涙を流されていました。


お母様から感じ取っていた
「無価値観」を解放し、
自分の人生を歩んでいきましょうとお話しました。





このように、立派な大人になり、
普通の日常生活を送っている方たちが、
小さい頃からの心の傷を背負って、
ずっと苦しんでいることがよくあります。


根底にある傷は1つでも、
現実に起きる問題は、
さまざまな形で何度でも現れるのです。
このようなパターンを見つけ、
「生きにくさ」を解消していくのが、
アダルトチルドレンのワークです。


ワークショップでは、アダルトチルドレンとは何か?というところから、
陥りやすいパターンを紹介し、
ご自身に落とし込んでいくワークを行います。
個人カウンセリングでは、より深く、
ご自身の気付いていなかったパターンも見つけて解消するお手伝いをします。










心理カウンセリングワークショップ 及び個人カウンセリングのお問い合わせは
chica@annea9.comまで









チカ


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 搾り立てのごま油を求めて、... | トップ | アダルトチルドレンとは »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

-| Mind |-」カテゴリの最新記事