テディちゃとネーさの読書雑記

ぬいぐるみの「テディちゃ」と養い親?「ネーさ」がナビする、新旧の様々な読書雑想と身辺記録です。

はッぴき♪はろうィん♪

2007-10-31 22:37:17 | おまつり
「はッぴきはろうィン! はッぴきはろうィン!!」

 はっぴき……? それは何ですか、テディちゃ?

「あッ、ネーさ! はッぴきはろうィン!」

 ……もしかして、ハッピーハロウィンて言いたいの?
 ああ、驚いたわ。
 つい、『発緋奇 波炉宇印』なんていう字面が
 アタマに浮かんできちゃって。
 『夜露死苦』とか『喧嘩上等!』のノリかと思っちゃいましたよ。

「はッぴきィ!
 はッぴきィ!
 おかしでェ、はッぴきィ!」

 お菓子ね、はいはい。
 こうやって、プーさんのチョコ菓子を用意してあるでしょ。

 それにしても、本場アメリカと比較すると
 日本のハロウィンはずいぶん違っちゃってますね。
 あちらでは、仮装で騒ぐ一方で、
 けっこうダークな歴史も抱えているらしいけれど。
 
「むつかしこと、いいでス。
 おかしがあればァ♪
 テディちゃはァ、はッぴきィ♪
 もぐもぐもぐゥ♪」

 ディズニーとグリコのコラボお菓子『パピー』が
 本日のテディちゃの餌食と相成りました。
 ……ちょっと、テディちゃ、
 一箱一気食いは止めなさいってば。

「かぼちゃあじの、ちょこ♪
 おいしでスッ♪」
 
コメント

ハロウィンの宵は、こんな御本で。

2007-10-31 13:32:32 | ブックス
 今日は10月31日……ハロウィンですね!
 ではハロウィンに相応しい御本を、と探してみました。こちらです!
 


            ―― 百鬼夜行抄 ――


 
 著者は今市子さん、第一話は1994年に発表され、
 現在もシリーズは続いています。

「ネ、ネーさ、
 ひゃっき……おに……テディちゃ、いやなよかん、するでスよゥ」

 あらッ? わかっちゃいましたか。
 そうです、この御本は『怖い』お話のコミック。
 おばけ、出てきます。
 幽霊も、出てきます。
 妖怪とかも出てきちゃうのです。

「ぴえエ~ッ! こわいのォいやでスッ! ぶるぶるッ」

 昨日は、同じ今市子さんの『文鳥様と私』をご紹介しました。
 文鳥さんのお話を支流とするならば、
 この『百鬼夜行抄』シリーズは今さんの本流、代表作です。

 主人公は、飯島律(いいじま・りつ)くん。
 律くんのお祖父ちゃんは、有名な幻想小説家さんでした。
 お祖父ちゃんの血を引いたのか、
 幼い頃から律くんには、
 他の人には見えないものが見えるのです。
 それは大概が、見えてもあんまり嬉しくないもので……。

「ぴイィッ、こわいィ~ッ」

 怖い?
 ええ、怖いお話ではあるんです。
 でも、巧みに『笑い』のセンスが織り込まれていて、
 読後感はほんわかしたり、さっぱりしたり。
 怖い、だけじゃないんですよ。

 笑いをもたらしてくれるのが、
 お祖父ちゃんが律くんに遺してくれた式神の『青嵐』や、
 律くんを《若さま》と仰いで御仕えする妖魔の
 『尾白』と『尾黒』コンビ。

「お、おじろォ? おぐろォ……?」

 ミニサイズの鴉天狗さんみたいなこの二人組(二羽組?)、
 とってもファンが多いんです。
 以前は海洋堂のフィギュアにもなったくらい。

「えッ? こわくないようかい、なのでスか」

 この二人組に限っては、あまり怖くはありません。
 物語も、ホラー色よりもファンタジー色が強く、
 恐怖夜話はごめんだわ!という人も抵抗なく読めるでしょう。
 巻が進むにつれ、律くんのいとこさんたちも登場し、
 お祖父ちゃんの過去なども明かされたり、
 律くんの世界は広がってゆきます。
 
 画像は、ネーさ所蔵の文庫版ですが(現在9巻まで発行)、
 やや大きなサイズの単行本も出ています。
 また、舞台化、ドラマ化もされていますし(DVDになっています)、
 ドラマCD(こちらは音声のみ)も製作されています。
 本好きな御方には、『画集 百鬼夜行抄』をお奨めしたいですね。
 今さんが描いたカラー画が素晴らしく美しくて、
 うっとりしちゃうのです。
 ぜひ本屋さんで実物を!
 
 さあ、テディちゃもそうビビらずに、
 ほんの少し怖いけれど
 素敵に綺麗なアナザーワールドを覗き見てみませんか……?

「すこしィ? ほ、ほんとに、すこしィ、かなァ……?」
コメント

ナツイチ蜂、集団飛来♪

2007-10-30 22:17:46 | どうぶつ
「うぽぽォッ?
 みつばちちゃん、いっぱいでスね、ネーさ」

 そぉなんです♪
 テディちゃは憶えてないかしら、以前に御紹介した、
 《ナツイチオリジナルストラップ》。
 集英社の夏の文庫フェアで、
 対象本を一冊買うごとに一個(一匹)貰えちゃう大盤振舞い!
 ネーさは、というと、3冊の文庫を買って
 我が家へは3匹のミツバチちゃんが飛来したのでした。

「あれッ?
 ここにはァ、みつばちちゃん、えーとォ、
 7ひき!
 7ひきィ、いるでス!」

 そうです!
 7匹ちゃんです!
 この度、ヤフーオークションでにてゲットいたしましたのよ♪
 7匹!
 いわゆるノーマルコンプですね。

「ふァひッ??」

 本当は、シークレットの『女王バチ』ちゃんが加わって、
 真のフルコンプ達成!完成!なんです。
 でも、さすがに女王バチちゃんは争奪戦が激しくて
 ネーさは負けてばっかり。
 ……いつか、我が家に来て下さるかしらね、女王バチちゃん……。

「むりぽいィ、でスね」
コメント

文鳥……その未知なる世界へ?!

2007-10-30 13:48:11 | ブックス
「これはァ、まんが、でスよねェ、ネーさ?」

 はい、正解のテディちゃに座布団一枚。
 ただし、このコミック、いわゆる劇画や少女漫画、少年漫画とは
 ジャンルを異にしているのです。
 さっそく御紹介いたしましょう。



            ―― 文鳥様と私 ―― 


 
 著者は今市子さん、’00年6月発行の作品です。
 表紙の美しい小鳥ちゃんたちの画を一目見て、もしや、と
 思う御方もいるかもしれません。 
 そう、この御本は、文鳥さんとの愉し~い暮らしを描いた
 マンガなのです。

「ぶんちょォ?」

 愛犬との生活を記したエッセイがあるように、
 文鳥とともにある日々をマンガにした御本も
 この世には存在するんですね。

 しかし、鳥を飼った経験のない人間にとっては、
 これはまさに未知との遭遇です。
 かく言うネーさも、震撼しつつ読みました。
 『ガラスの仮面』風に申しますなら――

 《文鳥……恐ろしい子!》。

「ふあァッ??」

 何故って、
 文鳥くんたち、生きております。
 生きものです。
 当然のことながら、人間の思う通りには動いてくれません。
 
 今さんは、籠に閉じ込めて飼育するという方法は採らず、
 半ば御部屋の中に放し飼いにするようにして、
 文鳥くんたちと暮らしておられます。
 すると……室内のあちこちに、糞が降る!
 食事は奪われる!
 日用品は巣の材料にされ、
 マンガ描きのお仕事中には右手の上に居座られる!
 (利き手の上に、です!)
 挙句には小鳥ちゃんたち、
 卵まで!産んでしまうんです。

「ひゃァッ、たいへんでスゥ!」

 壮絶な共同生活?
 尽きぬトラブル?
 が、それを包み込むのは飼い主・今さんの深い愛情。
 
 疲れていたって、
 お仕事の〆切りが近付いてたって、
 今さんは睡眠時間を削り、
 抱卵を放棄しちゃった親文鳥に代わって
 人工孵化に挑むのでした……。

「すごいでス! えらいのでス!」

 ああ、これで、
 やっと生まれてきたヒナが、
 あんなにグロい姿じゃなかったら……。

「えッ??」

 小鳥さんを飼ったことあり!な御方は共感し、
 そうでない御方も楽しくて、ためになる?驚異の書!
 ぜひ一度トライを!

 また、今さんの美麗な文鳥画をもとにした『ぬりえ』本も
 先ごろ発行されました。
 『ぬりえ』好きの御方はそちらもどうぞ♪

「と、とりの、ひなァ……??
 ぐろい、のでスか……。
 よ、よみたいけどォ、
 ど、どうしよう、でス……」

 
コメント

新顔クマちゃん、『コービーコービー』?

2007-10-29 22:33:45 | くま
「ぷンむむむッ?
 みなれぬかおじゃッ!
 おのれッ、くせものォ!
 であえェ、みなのものォ、であえェーッ!」

 曲者じゃないのよ、テディちゃ。

「あッ、ネーさ。
 くせもの、ちがうのでスか?」

 その子は、『コービーコービー』という名のクマちゃんです。
 新顔さんなんですよ、仲良くしてね。

「こびィこびィ、ちゃんン?」

 ハロウィングッズのSALEが始まっている雑貨屋さんの店頭で、
 このコービーコービーちゃんと出逢ったんです。
 オレンジ色のパーカにカボチャランタン風の
 にったりスマイルがプリントされているせいか、
 こんなに可愛いのに、SALE品扱い。
 一匹だけ、ぽつんと残ってるのが、なんだか可哀相になっちゃって。

「そでスか……こびィこびィちゃん、くろうしたのでスね……」

 いずれ、『コービーコービー』ベアの誕生秘話や由来も
 調べてみたいですね。

「でスねッ♪」
コメント

可愛いおばあちゃん、宇宙海賊と火花と散らす!

2007-10-29 13:53:10 | ブックス
「ネーさ、なんか、ふるゥいでスね、このごほん……」

 はい、古いんですよ、テディちゃ。
 もう随分と前に、神田の古書店で見つけたものです。
 本日は、このステキにオールドスタイルな
 アンソロジー本をご紹介いたしましょう。



        ―― お祖母ちゃんと宇宙海賊 ――


 
 訳&編集は野田昌宏さん、1972年に発行されたものです。
 『世界初の本格的宇宙冒険活劇特集シリーズ第2巻!』と
 扉に記されていますから、日本で独自に編まれた《名作選》ですね。
 なお、『宇宙冒険活劇』には『スペースオペラ』と
 ルビがふられています。

「すぺーすおぺらァ……」

 『スターウォーズ』なんて映画が存在しない昔むかし、
 人類が月に立つよりもずっと昔に、
 SF作家さんたちは人間を大気圏外へ送り出していました。
 もちろん、研究や国の威信を賭けた競争のためじゃありません。
 冒険のためです!
 
 この御本に収められているのは、
 そんな冒険活劇物語が、短編で5作品。
 
「ぼうけん、いッぱいでスか?」

 とりわけ冒険心てんこ盛り、シャレも笑いも利いていて、
 お奨めしたいのが表題作の
 『お祖母ちゃんと宇宙海賊』です。
 作者はジェイムス・マッコネルさん、1954年の作品ですね。
 少しだけ粗筋をお教えしちゃいましょう――

 豪華宇宙旅客船〈キスメット〉号は、
 木星の衛星カリストを発ち、地球へ向けて運航中。
 ミセス・マチルダ・パーキンスは、二百人以上もの乗客の一人です。
 御歳152になるマチルダおばあちゃん、
 ちょっぴり不満を抱えています。
 いえ、一等船客でないため温かい御料理がいただけないことや、
 お部屋が狭い、ってことじゃないんです。
 
   地球に着いたら老女ホームへ入らなくちゃいけない……!
   ああ、つまんないわ、そんなの!
   そりゃね、子供達は良かれと思って
   あたしのためにお金を用意してくれたと分ってはいるけどさ!
 
 特等客用ラウンジにもぐりこみ、
 気を腐らせているお祖母ちゃんの前に、
 しかし異変が!
 
 宇宙海賊の襲撃です!
 
 豪華客船キスメット号へ、海賊たちは接舷してきた!

「こわいッ! どんぱち、でス!」
 
 お祖母ちゃん、シッポを巻いて逃げ出す……わけがありません。
 なんと、海賊たちに捕まるよう、自ら細工するのです。

「はァッ??」

 ここからがお祖母ちゃんの本領発揮です。
 海賊たちを、
 宇宙航路を独占する巨大企業を、
 はては宇宙パトロールまでをも相手に
 一世一代?の駆け引きに出るのです!

「ほんきでスかッ? おばあちゃン、なのにッ!」

 本気も本気のお祖母ちゃん、
 いったいどうなるかは――
 読んでのお楽しみ、ですね。

「ネーさ、けちでスゥ!」

 古い御本なので、入手困難かもしれません。
 でも頑張って探しましょう!
 お祖母ちゃんの冒険、決して期待を裏切りません。
 レトロなイラストはお祖母ちゃんに負けず劣らず可愛いし、
 他の4作品も粒揃いです。
 ぜひ探索を!

「ネーさのけちィ、けちィ、けちィ~~~ッ!!!!」
 
 
 
 
コメント

天使さま捜索、……ジェットストリームアタ~ック?

2007-10-28 22:42:55 | えんぜる
「らきィ♪はぴィ♪きゃぴるるぅ~♪」

 うむむ、驚きだわ。
 つい先日、2枚目の銀のエンゼルを発見したばかりだっていうのに、
 新たに買ったチョコボールの箱を開けてみれば
 またもや、そこに銀のエンゼルが……!

「うぴぴぴッ♪
 じぇッとすとりィーむあたァーッくゥ!でスよ、ネーさッ」

 ……それって、ファーストガンダムのアレのこと?
 いくらエンゼルちゃんが3枚揃ったからって、
 そんな御遊びしてると、バチが当たりますよ。

「えェッ?
 ば、ばちィ……?」

 そうよ!
 チョコボールを買っても買っても買っても買っても
 エンゼルちゃんとぜーんぜん御会い出来ないとか、
 そういうバチが当たっちゃうのよ。

「ひッ、ひィィ~ッ、
 そ、そんなのいやでスゥッ!
 ごめんなさいッもうしませェんッ!」

 わかればよろしい。
 せっかく我が家に来てくださったエンゼルちゃんなんですから、
 大切に御持て成ししないとね。

「はァ~いッ、そうしますッ♪
 あと2まいィ~あと2まァ~い♪」

 あと2枚……長い長い闘いになりそうですね。
 連邦VSジオン軍くらいの……。

 
コメント

パロディ?パスティシュ?な短編ミステリ集。

2007-10-28 13:33:27 | ブックス
「おややッ?
 ネーさ、どしたでスか?
 あたま、かかえてるでスね~?」

 本日ご紹介するミステリがね、悩みの種なのよ、テディちゃ。
 どうしましょう?
 どうやって解説したものかしら??
 こちらの御本なんですけど……。



           ―― 新本格もどき ――


 
 著者は霧舎巧さん、’07年8月に発行された作品です。
 全7話から成る短編集……なのですが、
 題名に『もどき』と付いていることからも判るように、
 パロディ的要素がとーっても濃いんです。

「ぱろでィ、でスかァ」

 そうなんです。
 あの作家さんや、
 あの有名作品も、
 作者さんは標的?にしちゃいました。
 この、誰が、どんな作品が、を明かすと……
 その時点でネタばらしになってしまいかねません。
 少なくとも、面白さは半減してしまうでしょう。

 お話自体は、パロディ手法をを取り入れつつも
 作者・霧舎さんオリジナルの作品に仕上がっています。
 ただ、読み手を選ぶ傾向はあるかもしれません。
 古典ミステリの知識があって、
 近年の本格ものの大方を読破した、
 そんなミステリ好きさんでないと、
 細部のヒネリや仕掛けが分りづらいかなあ、と。

「ふァ~、じょうきゅうしゃむけ、でスねッ」

 ミステリなら任せとけ!という御方は、
 もうどんどん読んじゃって下さい。
 ミステリ好きだけどそんなに自信ないなあ、という御方は
 本を手に取って先ず目次を見て下さい。
 (そこには堂々と?!ヒントが!)
 ミステリ詳しくないんだけど~という御方も、
 それなりに、いえいえ充分楽しめます!
 語りが洒落ていて、
 登場人物さんたちも魅力があるんです。
 笑わせてもくれちゃうんです♪
 出来れば、続巻出して欲しいですね!

「くすくす、ぷふふッ、なのでスね♪」

 これで、この御本の面白さが伝わるといいんですが……
 はぁ~、難しいなあ、ミステリの紹介って、ほんとに……。

「ネーさ、つぎはァ、はちみつのほん、しょうかいするでスッ!」

            
           
       (付記/この御本の『あとがき』は、必ず本文の読後に!)
コメント

めずらしリラックマは、高速おみやげ!

2007-10-27 22:46:22 | くま
「あッ♪ りらくまちゃんでスよッ、ネーさ!」

 そぅおなんです、テディちゃ。
 リラックマの、しかも、おレアな御品なんですのよ。おほほほ♪

「うォぽぽぽッ……ッて、どゆことでスか?
 れあ、ッて、なにでスかァ」

 このリラックマちゃんの缶飲料、
 高速道路のサービスエリアでしか売っていない、らしいんです。
 普通のキャラグッズ店では取り扱っていないのね。

 画像後ろ側の、ピンク色の小さなトートバッグに、
 4種類の缶飲料が入ってワンセット。
 左から順に
 『キャラメルコーヒー味』、
 『いちごミルク味』、
 『ホットケーキ味』、
 『ミルクプリン味』。

「ほっとけェきィ?!?」

 そう。ホットケーキ味……。
 どんなお味なんでしょう?
 大いなる疑問ではありますが、
 当分その謎は解けそうにありません。

「どしてでスか?」

 可愛いので、しばらくの間は飾って眺めていたいのです♪

「ふァア~……ざんねン~」

 欲しい!という御方は高速のSAやパーキングの売店へ
 行ってみましょッ♪
コメント

いっぽんでも、ニンジン♪……数え方の、本。

2007-10-27 14:07:45 | ブックス
 ものの数え方の辞典……2年くらい前でしたか、
 続々と刊行されて、話題になりましたよね。

「ひィ、ふゥ、みィッ!」

 数え方って、↑こんな風に単純なものではなくて、
 伝統ある深遠なものなのだと、教えてくれたムーブメントでした。
 本日ご紹介するこちらは、文庫化された新版の数え方辞典です。


          
        ―― 絵で見る「もの」の数え方――



 監修は町田健さん、’07年5月に発行されました
 (単行本は’05年5月に刊行されています)。

 山は一座(いちざ)、
 峰は一嶺(いちれい/峰の場合もあり)、
 そろばんは一面(いちめん)、
 果物は一菓(いっか)、
 カステラは一釜(ひとかま)……

「えェッ、かすてらはァ、かまッ??」
 
 そうなんですって、テディちゃもびっくりの数え方じゃない?
 
「のりはァ、いちじょう、でスね? ネーさ」

 海苔は一帖。
 舞台に張る幕も一帖で、ただしこちらは、いっちょう、と読みます。
 屏風も一帖(いちじょう)で、
 でも屏風が2つあると一双(いっそう)……。
 ああ、ややこしい。

「ややこしや~、ややこしやァ」

 もっとややこしいのが、
 『ありえないものの数え方』の章です。
 天使は一人(ひとり)。
 対して、悪魔は一匹(いっぴき)!
 あからさまな悪魔差別に、笑ってしまいました。

 他にも、鬼は一匹だけど、
 フランケンシュタインのモンスター(人造人間)は一人!
 ユニコーンは一頭で、
 ケンタウロスは一人!
 宇宙人は……これも一人!

「うちゅうじんッ? ひとりッ、なのでスかッ??」

 感心したり、えええッ?と思ったり、
 数え方って……混乱しちゃいますね。
 日本語も複雑ですが、
 外国語は外国語で、色々あるんでしょう。
 one,two……だけで済むとは、考えられません。
 《数》って、難敵です。

 勉強になって、しかも、笑える?この御本、
 コントのネタにもなりそうです。
 真面目なんですけど、ヒネくれてもいるんです。
 辞典なんて要らんもん、という人も、
 ちょっくらちょいッと覗いてみましょう。
 
 天使がひとりで、悪魔はイッピキ……
 《匹》扱いしている悪魔なんぞに、
 どうして人間は負けちゃうんだ?
 おお、もはや哲学の入口じゃありませんか。

 で、匹って、誰が決めたんだろう??
 違うだろう、って、誰も言わなかったのかな?
 うむむ、こちらは国語史的な疑問ですねえ。

「はちみつはァ、ひとさじィ、ひとびんン~、ひとなめェ~♪」

 数え方、ホントに奥が深過ぎ、です。 
コメント