ノートルダム大聖堂 <キマイラ達に会いたくて>

2012-12-18 | フランス
シテ島観光のメインイベント、ノートルダム大聖堂へ向かいます。
日陰になっているカフェは大盛況


人の波に乗って歩くうち、大聖堂に到着です。


大聖堂内に入るための長蛇の列ができていました。
まずは、塔の上のキマイラ達に会いたくて、塔への入口を探してウロウロ。
列を誘導している係りの人に塔への入口を聞くと、正面左の角を曲がったところと教えてもらいました。
大聖堂内への列は炎天下に伸びていましたが、こちらは大聖堂を回りこむような形で日陰に伸びていてラッキー

柵沿いにみんな並んでいます。入口ははるか彼方。

大聖堂の壁には沢山のガーゴイルがいます。




よく見ると、人間の顔があったり、キモかわいい色々な表情のものがあります。




並ぶこと1時間、やっと中へ入れました。
初めに通された部屋は、チケットを売り場とお土産物の売店で、ここでしばらく待たされます。
チケットのいらない私達は、売店をウロウロ






この時はまだ、ノートルダム大聖堂の塔をなめてました。
グルグル螺旋階段をひたすら登ります。後ろにも人が続いてくるので、途中で休むこともできません。


もうダメだと息も絶え絶えになった頃、やっと外が見えました。
出てきたのはここ




そこには200年近く同じ格好で待っていてくれたキマイラ達がいました。
君達に会いにきたんだよ~~






南塔と北塔を結ぶ回廊には、キマイラが沢山並んでいて、キマイラの回廊(シメールのギャラリー)と呼ばれています。






象とかペリカンみたいのもいます。




ノートルダム大聖堂を魔物から守っているそうですが、パリの街を見下ろしパリ全体守っているようにも見えます。


ギャー これはちょっとグロですね。


この回廊のキマイラは一体一体違った形・表情を見せていますが、やっぱりこの子が一番
頬杖をついて、ちょっと舌を出し、パリの街を見下ろして何を思っているのでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 麻布十番でランチ | トップ | ノートルダム大聖堂からパリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フランス」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事