Chaka*Chaka おもしろ写真
写真日記中心
映画・舞台・俳優・大将
 



明日の記憶(★★★★☆)
珍しく、母親と映画を観にいきました。渡辺謙さんが主演、そして企画?をおこなったという作品。
50歳にして、若年性アルツハイマー病を患った主人公とその家族(おもに妻)の生活がえがかれていた。
実際、この映画を観たときに、自分がもしこの病気になったりしたら・・・そして周りのものがこの病気になったら・・・と考えたら、とてつもなく怖い気がした。本当に、自分がこうなったら、どうする?と考えさせる映画だった。本当に怖い映画だった。
そして、意外にもこの監督、トリックでも有名な堤幸彦監督だった。
この方の撮り方のせいか、アルツハイマー病に侵されていく様子が、かなりドラマティックな仕上がりになっていた。

陽気なギャングは地球を回す(★★★★★)
はっきり言って、原作は読んでいません。ですが、かなり、予告から
好みの映画ではあるなっと思っていました。
いやー当たりでした。配役も大沢たかお  鈴木京香 松田翔太 佐藤浩市  大倉孝二  古田新太 ということで、かなりの曲者ぞろい。
音楽・衣装・CGもなかなかよかったし、ストーリも面白かった。
ライトでポップで、かなりチープな感じでオススメです。

ダヴィンチ・コード(★★☆☆☆)1.5
多分、原作読んだ人と読んでいない人とわかれるようですが、(原作
読んでいない友人は、3といってました)
読んだ私としては、観た直後の感想は
「なんだ。これ」とつぶやいてました。
ずーっと、会話での説明。しかも話をおっているだけの。
暗号ときも「え?これで解けちゃうの?全然説明してないし」って感じ。
しかも主題については(キリスト教)、中途半端に逃げたようなぁ。
う~む。

トリック2(★★★★☆)
相変わらずの、パロディしまくりです。いいんか。こんなにやっちゃって。本当は、トリックは深夜枠のちょっとシリアスだった頃の話が、
一番すきなのですが、これはこれなりに、楽しんでます。
映画、観ながらかなり、友人にギャグを突っ込んでました。
ただ、今回は主役とお楽しみの野際さんと生瀬さんの絡みが、なかったのが残念。
あと、最後ってことだけど、キネマ旬報に堤さんが、最後じゃないかも
しれないと匂わせていましたけど、どうなんでしょうね。

プラモラル(★★★★☆)3.5
B級遊撃隊 舞台です。
久々に小劇場ものです。いやーチケット代、最近のものにしては、
とってもお安い値段で懐に優しい(^^♪
そして、4年ぶりに、観にいったのですが、相変わらずの佃さんの
脚本。坦々とでもどこか奇妙でいびつな世界がくりひろげられてい
ました。全員、どこか壊れている世界。
観終わったあと、色々考えてしまいます。

嫌われ松子の一生(★★★★★)
何が面白いって、ストーリーがダントツに面白いです。
実際、こんな不幸なぶっとんだ女の人の一生なんてどうなんだ?
と思うのですが、最後まで見ていると松子がなんて、素敵な女の
人なんだと思ってきてしまいます。
撮り方とか、ストーリー展開がとてもうまいんだな。
個人的には、クドカンと、谷原さんがお気に入りでした。
中谷さんの演技は~~うーむ。という感じですが、それを差っぴいても
いい作品です。あ、音楽もいい!思わず、CD探してしまいましてねぇ。



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )