Chaka*Chaka おもしろ写真
写真日記中心
映画・舞台・俳優・大将
 



明日の記憶(★★★★☆)
珍しく、母親と映画を観にいきました。渡辺謙さんが主演、そして企画?をおこなったという作品。
50歳にして、若年性アルツハイマー病を患った主人公とその家族(おもに妻)の生活がえがかれていた。
実際、この映画を観たときに、自分がもしこの病気になったりしたら・・・そして周りのものがこの病気になったら・・・と考えたら、とてつもなく怖い気がした。本当に、自分がこうなったら、どうする?と考えさせる映画だった。本当に怖い映画だった。
そして、意外にもこの監督、トリックでも有名な堤幸彦監督だった。
この方の撮り方のせいか、アルツハイマー病に侵されていく様子が、かなりドラマティックな仕上がりになっていた。

陽気なギャングは地球を回す(★★★★★)
はっきり言って、原作は読んでいません。ですが、かなり、予告から
好みの映画ではあるなっと思っていました。
いやー当たりでした。配役も大沢たかお  鈴木京香 松田翔太 佐藤浩市  大倉孝二  古田新太 ということで、かなりの曲者ぞろい。
音楽・衣装・CGもなかなかよかったし、ストーリも面白かった。
ライトでポップで、かなりチープな感じでオススメです。

ダヴィンチ・コード(★★☆☆☆)1.5
多分、原作読んだ人と読んでいない人とわかれるようですが、(原作
読んでいない友人は、3といってました)
読んだ私としては、観た直後の感想は
「なんだ。これ」とつぶやいてました。
ずーっと、会話での説明。しかも話をおっているだけの。
暗号ときも「え?これで解けちゃうの?全然説明してないし」って感じ。
しかも主題については(キリスト教)、中途半端に逃げたようなぁ。
う~む。

トリック2(★★★★☆)
相変わらずの、パロディしまくりです。いいんか。こんなにやっちゃって。本当は、トリックは深夜枠のちょっとシリアスだった頃の話が、
一番すきなのですが、これはこれなりに、楽しんでます。
映画、観ながらかなり、友人にギャグを突っ込んでました。
ただ、今回は主役とお楽しみの野際さんと生瀬さんの絡みが、なかったのが残念。
あと、最後ってことだけど、キネマ旬報に堤さんが、最後じゃないかも
しれないと匂わせていましたけど、どうなんでしょうね。

プラモラル(★★★★☆)3.5
B級遊撃隊 舞台です。
久々に小劇場ものです。いやーチケット代、最近のものにしては、
とってもお安い値段で懐に優しい(^^♪
そして、4年ぶりに、観にいったのですが、相変わらずの佃さんの
脚本。坦々とでもどこか奇妙でいびつな世界がくりひろげられてい
ました。全員、どこか壊れている世界。
観終わったあと、色々考えてしまいます。

嫌われ松子の一生(★★★★★)
何が面白いって、ストーリーがダントツに面白いです。
実際、こんな不幸なぶっとんだ女の人の一生なんてどうなんだ?
と思うのですが、最後まで見ていると松子がなんて、素敵な女の
人なんだと思ってきてしまいます。
撮り方とか、ストーリー展開がとてもうまいんだな。
個人的には、クドカンと、谷原さんがお気に入りでした。
中谷さんの演技は~~うーむ。という感じですが、それを差っぴいても
いい作品です。あ、音楽もいい!思わず、CD探してしまいましてねぇ。



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




イーオン・フラックス★★★☆☆
いきなり、テロリストになっているとこからはじまります。
何々なんで?を含んだ上で、話は進んでいくんですが、どうやら
これはMTVシリーズで放送されたシリーズなんで、「みんな、
当然、内容は分かっているだろ。」って感じで、色々な細かい
設定は省略されているらしい。
ま、面白いことは面白いかもしれないけど・・・うーん。あまり
に説明不足。でもシャーリーズ・セロンは、綺麗でしたよ

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ★★★★☆
ウォレスとグルミット実は、映画館には、初めて行きましたよ。
いままでは、ビデオとかでしか観たことなかったのですが、
やはりこの作品は安心して見れますな。あいかわらず、
グルミットのかわいいこと。かわいいこと。
我が家にもあんなにかわいくて、賢いワンコがほしいものです

ストーリー自体は、アクションシーン(笑)は、前作の方が良かったかな。
でも相変わらずの細かい動きには感心してしまう。
そういえば、いつものウォレスの朝ごはんの準備のシーンは、前から気に
なっていたのだが、『MasterCard』のCM*片桐仁さん出演作品に使われて
いるような気がするなぁ。違うのかなぁ。

プロデューサー★★★★☆
ミュージカルが大好きな人には、この映画をみると、更に楽しいのではない
かな。映画観たら、舞台みた感覚にもなるし、一粒で二度美味しい作品。
日本で言うと三谷さんが、この手の作品をつくりそう。
エンドロール後のお楽しみがなかなか。

名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)★★★★☆
久々にコナン観ました。友達に誘われて(笑)
10周年記念ということで、ワンサカ色々な登場人物がでているせいか、
久々に観た私には、分からないキャラクターがでていた
とは、いうものの、結構面白く楽しめました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




有頂天ホテル★★★★☆
よーく216分間にまとめたなぁっと感心。
踊るやシャルウィダンスと同じ216分間にまとめるのが、ヒットの秘訣と三谷氏が
いってらっしゃったので、なるほど。時間にこだわっていたと納得。
実際の時間と同じように動いていたリアルタイム映画らしい。
大笑いとまではいかないけど、なかなか クスと笑える。
三谷さんの作品では、一番好きかな。

博士の愛した数式★★★☆
しっとりした映画でした。泣きどころもあり、良。ただ、最後の方の浅丘さんの部分が
私は、なくともよかったかなぁと。

燃ゆる月★☆☆☆☆
なんでか、観ることになってしまいました。ま、お金だしてないし・・・
予告の方が面白かったかな。日本人がというのが余りに強すぎて、アメリカ万歳
映画とともにちょっと苦手。

県庁の星★★★☆☆(3.5)
織田君の言うとおり、割と地味(?)な映画でした。
今回は、いつもと違う役といいつつ、最後はやはり織田君。
言うべき台詞はかっこよくいってました。
前半、話の展開はいまひとつ。後半の展開は面白かった。
柴崎さんが原作と違う設定なのが、(読んでいませんが)話が、多少、分散して
しまった原因のような気が・・・
パートのおばさんのが面白かったよな。きっと。
あと、柴崎さんの台詞の滑舌の悪さが気になる。かわいいんだけどなぁ。

ナルニア物語★★★★☆ (4.5)
第一章ということで、ロードオブザリングように序章で終わってしまうなんて、ことは!!と心配しておりましたが、ちゃんと1話完結していました。
主人公に有名どころがあまりいなかったものの、ストーリはとても面白かったし、
盛り上がり部分もなかなか。ロードよりおとぎ話要素が多いかな。
動物好きな人には、ぜひ見てほしいかも。第2章が待ち遠しい。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




逃亡者 木島丈一郎 面白かったです(^^♪

十川さん脚本なので、映画の交渉人も面白かったので、期待していたのですが、これはなかなか・・・
室井さんより、話の内容が内容だけに好みかもしれませんわ。

これだけで、連ドラ。作れそう?

で、即効見終わってから、最後にでたDVD化について調べようと検索をかけましたら、なんと。踊る大走査線ファンサイトはアクセス集中。
びっくりでした。
そしてそこで知ったのですが、交渉人プレミアムエディションのスペシャルディスク内容がずっと明かされていなかったのですが、なんと!そこにこのテレビで放送された「逃亡者木島丈一郎」がはいることが分かりました。

そうそう、西村さんのポスターがあったとか・・・(交渉人ネタ)

うーん
なんて、あざといんだ。フジテレビ~~

仕方なく、スタンドエディションですまそうとしていた私は、慌てて、このプレミアムエディションに予約を変更しなおしましたよ
高いんだよ。これ。
嬉しいやら。悲しいやら。複雑です。

DVDBOXもでたようだけど、最初からDVDを買っていたので、今更BOXも買えないし・・・おまけが見たいぞぉ
誰か持っていないかな。

この後。ちょっと冷静になりました(笑)
そういえば、うちの会社のとある人に木島をDVDに予約頼んだんでした。
うまくいっていれば・・・

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




★★★★★(黒★5つで最高)

7月は邦画三昧?

宇宙戦争★★★★☆
トムクルーズファンなので、やはりみました。この映画トムクルーズのカッコよさは???というか、皆無?(言いすぎか)
家族愛というのが、テーマらしかったのですが、その辺りは私は、いまひとつ感情移入できるような内容じゃなかった(^_^.)

その代わり、宇宙人の襲ってくる恐怖というのが逆にリアルでよかった。本当に肩が凝るほど、緊張がはしり、現実にこんなことがあったのならば、自分はどうなるんだと、つくづく考えさせられました。
すごい映画だけど、2度目はみたくないな。この映画。ある意味、疲れる~

フライ、ダディ、フライ★★★★☆(5に近い4)
堤さんと岡田くん。意外な組み合わせ?しかも、堤さんがオヤジですか?
最初聞いたときに、堤さんに子持ちの役なんか出来るのかと思ったのですが、これが意外な事になかなかよかった。
娘の敵討ちのために、ヒヨワなオヤジが、必死の特訓で強くなっていく!!(一昔前のジャッキーの映画かいな?という突っ込みを入れたくなりますが)全く違います。やっている特訓とか見てるとギャグなんですが、やっている本人は真剣、いつの間にか応援してしまいたくなる・・・
堤さんのジャージ姿、ぐちゃぐちゃな顔に★★★★。
そして、岡田くんのスンシン役はクールで、カッコよかった。色々な過去のせいで、いまのスンシンの強さがあるというのに、心惹かれました。でも、その過去のせいで、もろくもあるというのもうまくでてたなぁ。
ところどころ、少しありえないぞぉ!っという場面もなくはないのですが、役者の魅力、(スンシンの学校の友達もなかなかよかったし)内容自体もなかなか面白いものになっていた。
娘のというより、スンシンとオヤジの友情物語でしたな。夏休みにぴったりの映画。

姑獲鳥の夏★★★☆☆
堤さんは、好きだけど、配役にはいささか、微妙でした。
内容は、というと、うーん。盛り上がりにかける。
というか、盛り上がりがなかったような。結構、地味な映画になってしまった。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




★★★★★(黒★5つで最高)

ザ・インタープリンター★★★★☆(5に近い4)
ニコールキッドマン主演、ショーンペン共演。1週間か2週間で、映画公開が終わったが、なんで、このメンバーで、この内容で、そんなに早く終わったか謎。それぐらい面白い作品になっていた。
ニコールは綺麗だし、ショーンペンは、最近とても演技がスマートになってきているし、内容自体もとても良かった。最後は、やはり、こうなるしかないのね。終わり方が悲しいのが、-☆(マイナス☆)というところか。

電車男★★★★☆
どうなんだぁ?という感じで、見に行きましたが、割と面白かったというのが、感想。
電車男に思わず泣けるというより、周りのみんなの応援に結構ほろりとくるかも。
脇役の佐々木さん、木村さん、瑛太に拍手(笑)
ネットのリアル感はなかなかでした。
ま、気になるといえば、最後の方の、できすぎ感、中谷さんのエルメス演技に、ちょっとコソバユサを感じた。

戦国自衛隊1549★★★☆☆(2に近い3)
予告のが面白そうでした。
話が重いのに、熱血ではないため、盛り上がりにかけ、みていて肩がこってしまいました。
歴史の辻褄あわせが、微妙~~

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




★★★★★(黒★5つで最高)

コンスタンティン ★★★★☆ 
キアヌは、ネロよりこういうダーティな?ヒーロー役がカッコイイ!
衣装がシンプルで、良かった。最後の終わり方がいまひとつですが、続きがありそうなので期待大。

ナショナルトレジャー ★★★☆☆
何故かみることになってしまいましたが、基本的に冒険のネタはおもしろかったです。アクションが少なめでオヤ?

阿修羅城の瞳 ★★☆☆☆
舞台を観た人には、キツカです。やはり、B級になったか。阿修羅像の宮沢りえさんは、すみません私にはいただけませんでした。上半身だけは「なんでやー!」怖いぞぉ。もちっと、内容も掘り下げてほしかったかな。鬼が恋愛、愛にこだわりすぎていたかも。
でも、舞台の方は、オススメ! 観てない方は一度みてください。
舞台では、阿修羅を天海さんと富田さんがそれぞれ演じてますが、私は天海阿修羅が好き。(ま、好みの問題かもしれませんが)

真夜中の弥次さん喜多さん ★★★☆☆
出演者が約2名、卑怯な人がいました(^_^.) かなり、後半の人は卑怯すぎます(笑泣)
面白かったが、くどかった。バラバラ感があったけど、役者みるなら、なかなかの映画かな。

交渉人 ★★★★☆
ユースケ大丈夫か?という感じの方は多いだろうな。踊るファン。
ですが、結構映画としては面白いですよ(^^♪ ま、踊る特有のコメディ要素は少ないし、テンポも違いますが、あれはあれで真下君の淡々とした演技がなかなかでした。話は~地下鉄もの、ネゴシエイターというだけで話は面白そうですし(笑)~犯人についてですが、青島くんと真下くんとの犯人に対する微妙な違いが、感じられましたね。特に終わり方が・・・
周りの新キャラがなかなか。キャラがしっかりたってました。

ところで、脚本家は今回、原案 君塚さんで、脚本は十川誠志さんなんだ。っと観てから知った。
十川誠志さん、逮捕しちゃうぞ、GTO、東京ミュウミュウ、遊戯王、アニメ多数の脚本家さん。
なるほど、やはり話の作り方が違いますな。

容疑者 室井慎次 は、君塚さん監督に脚本!監督も?
ということは、又一味違う踊るになりそうな予感


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




京極夏彦作品「姑獲鳥の夏」がいよいよ7月16日から公開される。
一足先に雑誌に配役が発表されていた。

中尊寺 堤真一
関口 永瀬正敏
榎木津 阿部寛
木場 宮迫博之

30代、ん?堤さん40になりましたか(^_^;)のいいとこどりメンバーかな?
堤さんの声がどれくらいとおるか楽しみ。
八月には妖怪大戦争も公開~京極さんづいてるなぁ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




3月の舞台の予定☆
阿佐ヶ谷スパイダース「悪魔の唄」
ラーメンズ第15回公演「アリス」
約1年ぶりの新作コントライブが決定!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「赤鬼」が第12回読売演劇大賞【最優秀作品賞】受賞しました!!
そのほかにもたくさんの賞を受賞しました(^^♪
詳しくは、<href="http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/news/index.html">こちら

それにともない、wowwowなどで、一気に演目が放送されます。

初放送「走れメルス」他にも怒涛のように野田さんの作品です。

3/9 透明人間の蒸気』WOWOW
3/16 オイル』WOWOW
3/20『赤鬼』タイバージョン NHK-BS2
3/21「走れメルス』WOWOW
3/27『赤鬼』日本、ロンドンバージョン NHK-BS2

走れメロス

あ、「鈍獣」もだわ。「幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門」4月23日(土)後2:00もだわ。狂喜乱舞~~


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )