チョウチョウ王の備忘録

趣味の海水魚と銭湯巡り、邦画とJ-POPの話題

生きたダイオウイカの水中写真

2005-10-01 21:09:19 | 海水魚
イギリスに「ロイヤルソサエティジャーナル」という科学雑誌があります。
そこにとても興味深い記事が載っていたのでお知らせします。
http://www.journals.royalsoc.ac.uk/media/g3t6cbhdwl6kppdfklby/contributions/y/6/2/0/y6205352758lt3u5.pdf

8mのダイオウイカですか…。
こんなのが海にいると聞くと、足の立たない海で泳ぐのはちょっと怖くなってしまいますね。



と、一刻も早くこのニュースをお知らせしたくてここまで書いたところ、なんと3日前の読売新聞に記事が掲載されていたことがわかりました。
トホホ…

ダイオウイカの深海での生態…国立科博チームが初撮影

巨大な「ダイオウイカ」が深海でえさに迫る姿を、国立科学博物館の窪寺恒己・動物第三研究室長らが撮影し、英国の科学雑誌に27日発表した。

ダイオウイカの生態は謎に包まれており、本来の生息場所である深海での活動をカメラにおさめたのは世界で初めて。

窪寺室長らは、約1年前、小笠原・父島の南東沖で、えさとカメラをつけたナイロン糸を水深900メートルの海中に沈めたところ、ダイオウイカが針にかかった。
イカは、4時間にわたってもがき、腕を切って逃げた。
全長は8メートルもあったと推定されている。

ダイオウイカは、最大の軟体動物で、全長が16メートルに達した記録もある。
動作は鈍く、海中を漂いながらえさが来るのを待っていると考えられていた。
科博の連続画像は、ふつうのイカのように腕を伸ばしてえさに襲いかかる瞬間をとらえており、意外に行動的であることがわかったという。
(2005年9月28日13時0分 読売新聞)
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 嶽乃湯(たけのゆ)・その2 | トップ | 嶽乃湯(たけのゆ)・その3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海水魚」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

ダイオウイカ (こころの部屋)
ダイオウイカダイオウイカ生物の分類|分類界:動物|動物界門:軟体動物|軟体動物門綱:頭足類|頭足綱目:十腕目科:ダイオウイカ科属:ダイオウイカ属学名''Architeuthis'' 和名ダイオウイカ 英名Giant squidダイオウイカは、十腕目ダイオウイカ科ダイオウイ...