チョウチョウ王の備忘録

趣味の海水魚と銭湯巡り、邦画とJ-POPの話題

嶽乃湯(たけのゆ)・その3

2005-10-02 21:13:23 | 銭湯・温泉
さて、嶽乃湯には2時間ほど入浴していたのですが、その間にここならではのローカルルールがあることに気が付きました。
最初に入った時に、脱衣所と浴室の境の戸がわずかに開いていました。
そこできちんと閉めたのですが、先客が出ていく時にまた開けて行ったのです。
チョウチョウ王はそういうのがとても気になるタイプなので、わざわざ閉めに行きました。
するとしばらくして新しいお客さんが入ってくる際に、また開けられていました。
この近辺の人たちはそういうことにルーズなのかと思い、チョウチョウ王は再び閉めました。
すると水風呂に入っていた方が、脱衣所にあるサウナに行く時に、チョウチョウ王の事をジロッと一瞥して、戸を開けて出ていったのです。
チョウチョウ王の感覚だと、「戸を開けっ放しにしておいては脱衣所に湿気が漏れて建物が傷むのではないか」と思うのですが、どうやらここでのデフォルトは「開けておく」のが正解なようです。
とはいっても、浴室の窓は開いており外気が行き交うようになっているので、脱衣所との境を開けておく理由はないのですが…。




嶽乃湯のカランはお湯と水が違う高さにあります。
また、桶を置きやすいようにか、カランの下が高くなっています。




サウナは脱衣所にあります。
しかもホームユースの既製品らしく内部はとても狭く、2名しか入ることができません。
サウナの利用料金は300円増し。
これは内地の銭湯と比べるとかなり割高です。
しかしサウナの人気は高く、ほとんどの入浴者が利用しています。
そこで同じサイズのものが2台あり、入口も2つあります。




帰りに気が付いたことですが、鉄筋コンクリートの四角い銭湯では味も素っ気もないと思ったのか、入口には宮造り風の意匠が施されています。
なかなか興味深いですね。

写真を見て、「誰もいない銭湯だ」との印象を受けるでしょうが、実は他に4人の方が入っていました。
いずれの方もほとんどサウナに入りっぱなしで、滅多に他へ出てこなかったのです。
それでその間にたくさん写真が撮影できました。
嶽乃湯さんがサウナの増設をしたのも納得できます。




嶽乃湯・その1
嶽乃湯・その2
嶽乃湯・その3


嶽乃湯の地図

●嶽乃湯
鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋字松江9-5
電話 0997-72-0667
おとな350円(サウナは300円増し)
営業時間 13:00~22:00
定休 第一・第三日曜日
駐車場 5台
コメント   この記事についてブログを書く
« 生きたダイオウイカの水中写真 | トップ | ツキチョウチョウウオ移送 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

銭湯・温泉」カテゴリの最新記事