碧泉流

Hekisen-ryu 中国山東省青島発祥の中国茶道の流派です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ティーチャプターfromシンガポール( no.2)

2017-11-27 12:44:07 | 青島本部


お兄さんがお茶道具を運んで来て、お茶の種類や歴史、お茶の製造工程などを教えてくれます。
中国茶で1番飲まれるのは緑茶だけど、シンガポール人は緑茶は飲まないよ。
飲むとしたら、ポッカのペットボトルだね!なんて言う話もしてくれました。
ただ説明が英語なので、残念ながらあまり理解できませんでした。
次回は中国語で聞いてみたいです。



説明が終わるといよいよ茶藝の実演です。
お茶はエリザベス女王が飲んだ御用黄金桂と、茉莉珍珠です。
まずは御用黄金桂です。
台式の聞香杯を使い、香りを楽しんでからお茶を味わってとの事。
甘い香りが漂い、とてもまろやかでした。
次は茉莉茶。こちらも聞香杯を使って淹れてくれます。
ジャスミンの清々しい匂い!久しぶりです。
聞香杯を使うと、何時までも香りを楽しむ事ができ、また、中国茶を飲んでいると言う事が実感できました。

自宅で中国茶を飲む時は聞香杯は使いませんが、普段から使ってみるのも良いなと思える新しい発見がありました。



2煎目以降は自分達でお茶を淹れ、何時間でも滞在可能だそうです!
初めて茶藝をするお友達が「緊張する〜」と言いながらお茶を淹れてくれました。
人が淹れるお茶って、本当に美味しいですよね‼
お湯は何度も追加できるので、おやつを食べながら2時間程滞在しました。
その間、欧米人の観光客が何人も来ていました。
観光客にも大人気のティーチャプター。
シンガポール旅行に来る時はぜひ、行ってみてくださいね!


泉香
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« うつわギャラリー陶和 | トップ | ティーチャプターfromシンガ... »

コメントを投稿