シュガーブログ

増田カイロプラクティックセンター勤務のカイロプラクター、NAET施術者、名ばかり鍼灸師、時々ランナーによる様々な情報発信

明日は静岡マラソン

2019-02-23 12:46:52 | ランニング
明日は静岡マラソンです。
市内の方は交通規制にご注意ください。

今年は「公務員ランナー」の川内優輝選手が招待選手ですので、お近くの方は是非沿道へ。
3月末で公務員を退職してプロランナーに転身するので、公務員ランナーという肩書きもあとわずか。
環境は随分変わるでしょうけど、一度きりの人生、悔いの無いようプロでも全力で挑み続けてほしいですね。
と言いつつ彼は真面目すぎるので、走ることが仕事になってしまうと集中しすぎて故障が増えるなどのマイナス面の方が心配です。
公務員として働きつつ、隙間時間に集中して練習するほうが合っている気がします。

他にも昨年優勝の坂本智史選手、伊藤太賀選手も招待選手で出場予定ですね。
3人とも箱根駅伝の同世代ですので、仲間であり良きライバルたち。
面白いレース展開を期待します。

今さらマラソン完走に向けてのアドバイスをするのは手遅れですので、今日は効率の良いリカバリーについて。
普段からしっかりと走り込んでいるランナーさん達は問題ないかもしれませんが、
私のようにたまーにだけ激しく運動をする人にとって、翌日の筋肉痛は脅威です、
そこまで痛みがなくても疲労物質は溜まりまくりでしょう。

激しい運動後の筋肉痛の時は、筋肉の線維に微細な損傷が起きて炎症を起こしている状態で、その後身体は修復作業に入ります。
その修復作業を助けるためにも、走り終えたら早めに、もしくは途中の給水(エイド)の時点で、
アミノ酸やクエン酸を補給することをおすすめします。
疲労を溜めにくく、筋線維の補修にはこの2点がよいでしょう。

市販の顆粒・ゼリータイプのアミノ酸やクエン酸飲料などは、
添加物が入っていたり、人工甘味料(スクラロースやアスパルテームなど)が入っていますのでお勧めしません。
このような物質は身体を酸性にします。
酸性の身体では、筋肉はかたーくなってしまいます。
酸性に傾くことで疲労回復・筋肉が修復されにくいだけでなく、もしかしたら走っている最中の脚の攣りにも影響しているかもしれません。

そんな時はこんな↓カプセル・粒タイプが便利です、持ち運びも軽いですし。

アミノ酸Max Amino Caps
ニチガ クエン酸粒

早め早めにとることで、翌日の筋肉(痛)の状態は、かなり変わってきます。
打ち上げの「かんぱ~い」はその後で。おつまみはタンパク質もしっかりと。

帰宅したらゆっくり重曹+クエン酸水を補給しましょう(こちら参照)。
レモン果汁などをいれると、ビタミンCも加わり、スッキリさっぱり味で最高ですね。

あとは、筋線維に損傷が起きていますので、強いマッサージや全力でのストレッチは避けて、温泉・お風呂で身体を温めましょう。
近場ですと、焼津の黒潮温泉なんかもいいですが、流石にそこまで行けない場合は、
自宅のお風呂にたっぷりのお塩をいれると、なんちゃって黒潮温泉に。
浴槽に重曹とクエン酸を入れると、なんちゃって炭酸泉に。シュワーっと疲れとれますよ。
重曹だけでも、お湯が滑らかになり保温効果も高まり気持ち良いです。

他にも様々な方法がありますが、自分にあったリカバリー方法を探ってみてください。

明日はランナーにとっては気温が高い方でしょうから、水分と塩分やクエン酸をこまめに補給して、脱水や脚ツッタ~に気をつけて下さいね。

この方法で私はたまーにの激しい運動を乗り切っています(うっかりさぼると翌日大変です)。
この記事についてブログを書く
« ブログ始めます | トップ | 休診日のお知らせ »
最近の画像もっと見る

ランニング」カテゴリの最新記事