シュガーブログ

増田カイロプラクティックセンター勤務のカイロプラクター、NAET施術者、名ばかり鍼灸師、時々ランナーによる様々な情報発信

大学入学共通テストと言えば

2021-01-19 15:47:36 | 健康ネタ
ちょっとピンときませんが、今年から大学入試センター試験の名称が変わったようですね。

センター試験と言えば、偏頭痛!
私はセンター試験1日目終了後の帰宅途中に超激しい偏頭痛に襲われた思い出しか残っていません。
帰宅後は夕飯も食べずに布団に入ったので、母親が心配していました。「あの食いしん坊がご飯を食べないなんて、かなり重症だ」と。
以前の私は偏頭痛もちでしたが、しっかりと布団に入って眠れば数時間後には治るタイプでしたので、2日目の試験は問題なく受けられました。

偏頭痛は、その発作の引き金となる物事があると言われています。
私の場合は、仕事の終盤(夕方)、人混み、美術館・博物館、映画館、アウトレットモールでよく偏頭痛を起こしていました。
他にも光刺激やにおい刺激、食物(チョコやチーズ、ワイン)、月経周期などが引き金となり発症する人もいます。

今思えば、私は副交感神経優位の時、そして化学物質やホコリの多い密閉空間の条件下で発症していたのでしょう。
仕事帰りに駅の階段を上ると(当時使用していた駅にはエレベーターもエスカレーターもなかった)、頭がズキズキして割れそうなくらいでした。

そこで当時はまだ発売されたばかりだった偏頭痛薬イミグランを処方してもらったのです。
まだ取り扱っている病院も少なく、あまりメジャーな薬でもありませんでした。
今は分かりませんが、当時は1錠900円しましたので、もったいなくて中々使えず、結局痛くても「家まで我慢しよう」みたいな感じで・・・。
最終的には使わずに残ってしまい、そしてありがたいことに今となっては使う機会もなくなってしまいましたが、、、私のカバンの常備薬セットには15年以上入りっぱなしのような気がします。
これを機にさすがにもう処分しなきゃですね。

ちなみに今は偏頭痛から解放されています。
増田カイロに来て、NAET施術を色々と進めているうちにいつの間にかなくなりました。
原因物質に対するアレルギー除去も重要ですし、全体的な体質改善により、ちょっとした悪条件にも影響を受けなくなってきたのです。
本当にありがたい。

私の中で、センター試験と言えば偏頭痛、それくらい強烈に頭が割れそうに痛かった記憶です。
ちなみに中学受験の時は、数日前に風邪をひいて、当日は37.8℃の熱があるまま試験を受けました。
試験前はもちろんのこと、日ごろからの体調管理は大切ですね、大人になってしみじみと感じます。

ということで、難しいことは考えずに、まずは身体を温めて早く布団に入りましょう!
この記事についてブログを書く
« 免疫力を落とさない! | トップ | 住みやすい街 »
最新の画像もっと見る

健康ネタ」カテゴリの最新記事