お気楽風見どり

定年後の第2のライフスタイル。大病以来、一念発起 一眼レフの世界へ

紅葉狩りin帝釈峡(3)から大山へ

2016-11-12 10:34:27 | Weblog


 前回、前々回のブログは休暇村帝釈峡近辺を載せました。休暇村帝釈峡は連泊をしましたので、間の4日は大山まで足を延ばしました。目当ては大山の紅葉です。もう一つの目当ては休暇村奥大山の下見です。実は、お正月に家族で休暇村奥大山で宿泊をし、スキーや雪遊びをするために予約をしていました。その計画は孫のSoちゃんの骨折や長男の仕事などが入りキャンセルになりました。それでも、今後行くかもしれないのでフクロウさんが一度行ってみたいということになり、遠路のドライブになりました。

 大山までは高速では遠回りなので下道を走りました。道中の紅葉した山を見ることができました。



 奥大山スキー場では広々とした草原が広がっていました。この日は天気はまずますで散歩をしていた人や紅葉を愛でる人たちがいました。左側にはリフトが見えます。



 このスキー場の近くに木谷沢渓流という名所があります。車を止めて所から数分歩くだけで渓流がありました。

       



       

 大山では鍵掛峠の展望台からの見晴らしが一番の見どころです。この日は紅葉のシーズン到来というニュースが流れていたのでしょうか、どんどん車が上がっていきます。鍵掛峠の手前にある駐車スペースも満員です。かろうじて1台が空きました。まずはそこからの景色を写し、その後その奥の鍵掛峠の駐車場に向かいました。



 鍵掛峠は車がいっぱいでなかなか駐車することができません。もともと展望台の駐車場のため十数台ほどしかスペースがありません。運よく空いたスペースに駐車することができました。反対の溝口IC(米子からくる車が通る)からの車線は車が数珠つなぎになっていました。
 


 何時間も待っているカメラマンの話を聞きますと、今日は上も紅葉している部分も光が当たる時が少ないとのこと。当方が行った時は影はできたものの上の雲が流れて晴れ間が見えた瞬間でした。とてもラッキーな瞬間です。



 これほどの景色はなかなか見ることができないと思いました。帝釈峡から奥大山までは120㎞~130㎞あります。そこを往復したわけですから、一日で自宅から山の家を往復した距離より長いことになります。でも、この景色はその疲れを吹き飛ばすほど見事でした。1週間後には撮影ツアーでここも訪れる予定です。これほどの景色は望めないかもしれません。

 奥大山から大山寺や高速の溝口ICの方に向かいました。三の沢では大規模な砂防ダムがいくつも連なっています。数年前の台風で多くの沢で土石流が発生したのでしょうか。工事はようやく終わったようで通行止めはありませんでした。

       

 次回は撮影ツアーの写真を載せる予定です。蒜山(ひるせん)、大山、宍道湖を巡りました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紅葉狩りin帝釈峡(2) | トップ | 撮影ツアー(大山、蒜山、宍... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大山 (岡山山岡)
2016-11-12 19:02:41
 大山の「偉容」すばらしい!米子の側から見ると,富士山のようなまっとうな姿ですが,鍵掛峠からだとまるで壁のようです。近くにある針葉樹の緑と遠くの広葉樹との対比もいいですね。私もかっては岡山市内から何度も大山へ行きました。当時は鍵掛峠がカメラマンでごったがえすというようなことはなかったです。それにしても,太陽が山肌を照らしてくれたのはラッキーでしたね。曇って黒ずんでいると美観は半減してしまいますから。
 岡山の平地では,今年も紅葉は芳しくなさそうです。明日11月13日は第2回目の岡山マラソンの日。私は図書館で過ごす予定。撮影ツアーでの作品期待しています。
 
岡山山岡さんへ (風見鶏)
2016-11-13 15:19:18
 大山は鍵掛峠から見るのが一番いいですね。米子側からはバスの中から雪のかぶった富士山のように見えました。この日は平日でしたが、週末は車が大渋滞することでしょう。おそらく今日あたりも渋滞だと思います。三脚を据えてのカメラマンは思ったほどは多くはなく、ほとんどはスマホで写真を撮っていた人でした。今どきです。
 次回のブログではこの日の1週間後の鍵掛峠からの写真をアップします。
 関西でも平地の紅葉はあまり期待ができません。それに京都は人が多すぎて撮影には向きません。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事