お気楽風見どり

定年後の第2のライフスタイル。大病以来、一念発起 一眼レフの世界へ

4月あれこれ

2022-05-02 16:16:31 | Weblog
 今年は3月末から4月に入って関西近辺の桜が満開となった。開花からしばらく気温が低かったのでやや長い期間桜の花を愛でることができた。久しぶりの桜の当たり年となった。

 まずは浜大津から三井寺の桜。



      



 三井寺の八角輪蔵のある一切経蔵の格子窓



 続いては吉野の千本桜。満開の吉野はタイミングはとても難しいが今年は幸運でした。








 桜の合間ー加太の夕景。





 関西で一番遅く満開になる宇陀屏風岩の桜。



    



    

    

    

 屏風岩の帰りに寄った室生寺。シャクナゲはまだ咲きかけだった。

     

     

 桜と追いかけっこをしていたらチューリップの見頃の時期が過ぎていた。
 馬見丘陵公園のチューリップやライラック。





     



 4月の最後は雨の嵐山。







    嵐山羅漢。



 モッコバラを見ていた時。



 写真が多くなりました。最後までご覧いただき有難うございました。

 



コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3月あれこれ

2022-04-03 16:57:04 | Weblog
 今回は梅、彼岸桜、桜の景色をアップします。
 今年は梅の開花は遅れ3月になって見頃になったところも多かった。

 まずは大阪城の梅林。





     

     



 次は城南宮。去年は雨の撮影でしたが、今年は雨に会いませんでした。



     

     

     

 梅の影に花を咲かせてみました。



    

 三番目は月ヶ瀬梅渓。
 初めてこの場所から撮影できました。

    

    

     



 河津桜が満開になった馬見丘陵公園。







 ここでりんくう公園の太鼓橋からの夕景です。



  




 桜の最初は桜の宮公園。この日は小雨でした。

      







      

 京都は大覚寺の大沢池。



     



 帰りに寄った神社。京都の人の多くは桜が咲くとこの神社によく行くそうだ。行ってみると庭園に紅白の幕が張ってありました。有料なのでそこは遠慮して社殿の前で花見をしました。

 

    

    

 桜の後編は次回のアップとなります。最後まで閲覧していただいて有難うございました。       


コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2月あれこれ

2022-03-01 09:27:54 | Weblog
 今年の2月は気温の低い日が多かった。そのために例年の2月は週に1度は観梅に行っていたが今年は寒さのせいでその気分にならなかった。気温が低かったので梅の開花も例年より10日~2週間程度遅れた所が多かったようだ。

 今回の最初は1月最後に撮ったカワセミとハクセキレイとのツーショットから。



 次も1月にアップできなかった写真。香住から柴山の間にある佐津海岸近くにあるはさかり岩。

      

 何年振りかに行った玄武洞。玄武洞ミュージアムができていたり付近の道路の拡張工事をしていたり以前と随分変わっていた。

      

 玄武洞から後ろを振り返ると丸山川の対岸に山陰本線の電車が走っていた。



 玄武洞の横にある青龍洞。ここは柱状節理とその映り込みが見事だ。

     

 青龍洞の岩影に1羽の小鳥がいた。あまり見慣れない鳥だった。家に帰って調べてみるとカヤクグリという名前だった。





 
 次は住吉大社から。住之江公園とともに住吉公園も散歩のコース。住吉大社は住吉公園のそばにあるので少し足を延ばすことがある。
 久しぶりに阪堺電車の流し撮りに挑戦。

 



 太鼓橋とカモ。



 住吉大社で1本ずつ植えられている紅梅と白梅。





 少し違った方向から見た太鼓橋。

    

 住吉大社で結婚式が行われている。この日は芸能人の結婚式かと思うような花嫁行列を見ることができた。2月にしては比較的暖かく天気が良かったのも幸いした。



 2月28日今年初めての観梅。道明寺天満宮に行った。写真の整理はまだだが雰囲気だけは記録にとどめておこう。







 最後は我が家のしだれ梅。2年前に月ヶ瀬梅林で購入した梅。昨年も今年も見事にさいた。

     

 今年はこれからが梅のシーズン。コロナ禍がはやく収まってくれるの願っている。



     

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1月あれこれ

2022-01-31 08:34:49 | Weblog
 1月のあれこれの投稿の前に昨年末の未投稿から始めます。

 昨年末は近畿地方の北部では大雪がふった。その情報を受けて急遽彦根に向かう。彦根と言えば亡き母親の実家があった所。当時は快速もなく大阪駅から2時間以上かかって行ったことを覚えている。今では新快速に乗れば半分程度の時間で行くことができる。それはさておき、彦根に着いてみると街中は大雪。歩道も雪が積もり歩くのもおぼつかない。彦根城に着くとなんと、大雪で木の倒木があり、閉城となっていた(この雪で年末、年始と閉城となる)。城内の玄宮園にも行きたかったが残念。





 年が明けると恒例のカニ旅行。昨年は緊急事態が出ていたので中止となったが、今年は何とか間に合いました。行先は香住や柴山漁港に近い佐津海岸。道中、湯村温泉に寄るために途中から9号線に入る。湯村温泉に行く途中に日本滝百選の一つ「猿尾滝」がある。数年前に撮影会で訪ずれた所である。冬は雪が多くて近くまでは行けない、とうかがっていた。案の定入口から20mほどしか近づくことができなかった。

     

     

 家族的な民宿の庭に早くも雪をバックにスイセンの花が咲いていた。

    

 カニの写真は目に毒なのカットする。

 大阪城のロウバイが気になっていたので出向く。スイセンは満開だったが、ロウバイはほんの少し早すぎたのかな?



 早咲きの梅(冬至)は一、二分咲か?
     

 中旬を過ぎるとオミクロンが爆発的に広がり、もっぱら近所の公園への散歩が日課となった。

 まずは住吉公園の鳥たち。

 夕方のカモの井戸端会議。



 何かを狙う眼光鋭いアオサギ。



 スズメも仲間入り。



 「超濃厚接触」の二匹。



 今度は住之江公園

 まずはユリカモメ。





 公園の池にある小島に数本の木がある。多くはアオサギが占領しているが、一番高い所を定位置としているカワウ。



 今年になって見るようになったカワセミ。





 小魚を口にくわえている。



 小魚をみつけたらダイビング。





 カワセミや小鳥を写真に撮るのはもっと長い望遠レンズと秒間10枚以上のカメラが必要なことを実感する。でも、その誘惑にはのらないことにしよう。




                 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年末~2022年頭

2022-01-11 11:13:02 | Weblog
 前回の投稿は12月あれこれ(1)としましたが、今回はその続きと2022年初頭の写真をアップします。

 まず初めは難波パークスのライトアップです。





     



 続いては中の島のライトアップです。







 最後は天保山の夕景です。



 遠くにに見えるのは南港です。一番高いビルが咲州庁舎です。



 海遊館前のイルミネーション

    

 次は年が明けてお正月の住吉大社の様子です。





 一日は参拝者が多かったようですが、二日はそれほど多くはありません。露店(屋台)がまったくなかったことや神社の閉門時刻が早かった(この日は午後6時)からでしょう。



 最後は今宮戎(9日の宵戎)です。ここも付近の露店は皆無でした。



 この後の1月分は2月の初めに投稿します。
 今年もよろしくお願いいたします。

     


コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12月あれこれ(1)

2021-12-31 16:48:54 | Weblog
 今回も11月に引き続き紅葉の景色から。
 最初は1年半ぶりに再開した当方の所属する会のバスツアーから。バスツアーといっても日帰りです。午前中に行ったのは湖南三山の長寿寺と常楽寺。

 長寿寺




 常楽寺
       
       



 午後は滋賀県の中で紅葉で有名な永源寺。ここは見物客が多かった。



     

     

 12月に入り、近くの住之江公園のイチョウの黄葉も進んでいた。



 公園の北側にある住吉川ではサクラの紅葉も。



 この住吉川では年に何度か川ざらいの為に水が抜かれる。

      

 天王寺動物園での撮影会。生憎の雨で動物たちは雨宿りが多かった。

     

      



 さながら恐竜!?


 今年で最後となった嵐山の花灯路。もうこの景色は当分見ることができなくなると思うと寂しくなる。



 欄干の上に伸びる赤い線はバスのテールランプ。



     





 12月の夕景、イルミネーションは次回に続く。
 


                  
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

11月あれこれ

2021-12-02 09:57:25 | Weblog
 今秋はコロナの感染が収まり、人の流れはコロナ禍の前に戻っていた。それもつかの間、デルタ株に代るのかオミクロン株という変異種が出現した。コロナは一筋縄ではとてもいきそうもない。コロナが日常化しているのなら、ワクチン、感染予防対策、日常の健康保持に努めて日常生活を送るしかない。

 さて、10月の裏磐梯の紅葉の写真を見直したが、紅葉が遅れていため紅葉の写真は少なかった。



     

    

    

 宿舎の近くの小さな沼
    

 12月の初めは建築写真からー兵庫県立美術館





   

    

    

    

 11月中旬、住之江公園の皇帝ダリアが満開に咲き出す。



 毎年訪れる長谷寺。今年の紅葉は例年になく不調だった。

    



    

 天気が良かったスカイタワー(空中庭園)

    

 赤い筒から上を覗くと

     

 展望台付近





 2年前は夕景を撮りに行っている。その時の写真。



 和歌山県かつらぎ町 串柿の里





    

    

    

 最後は大阪府池田市 久安寺


 モデルはフクロウさん













 コロナが収束気味になり紅葉の時期と重なり、アップする写真が多くなった。まだまだ写真の整理が追い付かない。Facebookには毎週のようにアップしている。しかし、ブログは写真の選択の後、ファイルサイズを小さくする作業が必要なためにまとめてのアップになる。
 最後までご覧いただき、ありがとうございました。
 紅葉の写真は次回も続きます。

    


コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

10月あれこれ

2021-11-01 16:18:32 | Weblog
 10月半ばまで夏が続いているような気温が続き、20日を過ぎた頃に急に気温が低くなった。その時は風も強く吹いた。寒暖差の大きいのは身体にこたえた。下旬になって、ようやくこの時期ならではの気温になった。ただ、短い秋のような気配がする。

 最初は9月の終わりにアップした東大寺二月堂の続き。撮影会の時は天気が良くなっかたので、フクロウさんを誘って天気の良い日に出直した。



     

 二月堂からの裏参道。フクロウさんの写真 ↓



 次は京都の大原野のフジバカマ園。アサギマダラが舞っていた。アサギマダラといえば、津市美杉町のフジバカマ園を思い出す。







 アサギマダラを撮っていると色々なチョウがフジバカマに飛んできた。





 三番目は奈良の法起寺。



     



     

 四番目は同じく奈良の馬見丘陵公園。コキア、コスモス、ダリアなどが見ごろだった。

    



    

 五番目は和歌山の生石(おいし)高原のススキ。



     



 お月さんとススキ。



 最後は福島県の裏磐梯。133年前の大噴火後に自然が作り出した景観には驚くばかりだった。

 行きの飛行機からは雪をかぶった富士山が見えた。やはり富士山は存在感がある。



    

 磐梯山。束の間、晴れ間がのぞいた。



 五色沼湖沼群。







 今年は9月、10月中旬の気温が高く紅葉は遅れている。紅葉している場所も僅か。

    

    

 裏磐梯の写真はまだまだ整理できていない。次回のトップにアップする予定。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

9月 あれこれ

2021-10-02 08:36:59 | Weblog
 10月1日になりやっと緊急事態宣言が解除となった。コロナ禍は第5波だったが、緊急事態宣言が4目だっただろうか。

 10月に入っても昼は夏を思わすような天気が続きそうだ。

 9月の最初は同区内にあるウォールストリート。北加賀屋駅の周辺に壁画やアートなスポットが点在する。
 クリエィティブセンター大阪(名村造船所大阪工場跡地)の壁



 その横にある壁画

     

 現在は工事中で布に覆われているメーテル



 室外機もアート



 今年は昨年より彼岸花が早く咲いていた。今年が例年なみで去年が遅かったのかもしれない。

 明日香(橘寺から飛鳥寺まで)



    



    

 散歩に行く住之江公園の彼岸花も見ごろを迎えていた。



 次は奈良市界隈。まずは「奈良町」

    
 タイトルは「close」

 浮御堂に行く途中の池の前から見た興福寺の五重の塔



 浮御堂に着いた頃には日が沈む。



 南大門からライトアップされていた大仏殿を見る。

     

    

 夕日は見えなかったのが残念だった二月堂。

     

 裏参道。  

 



コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

8月あれこれ

2021-09-01 12:59:45 | Weblog
 立秋が過ぎましたが、まだまだ残暑が厳しいです。
 コロナは衰えるどころか大阪では感染者が増えたままです。
 ワクチン接種は終えていますが、撮影はもっぱら車で人が少ない場所を選ばざるを得ません。

 最初は8月初めの馬見丘陵公園です。

 「真夏日に ハチと遊んで 汗をかく」

 前回の投稿で虫が前を向いている所がなかったので、今回はキムネクマバチの正面をゲットできました。







 8月初旬に住之江公園でセミの交尾や産卵をターゲットにしましたが、慣れていないので断念しました。でも、セミやセミの抜け殻はたくさん観察できました。

    



      

      

 8月中旬、土砂降りの箕面市勝尾寺です。こんな日にお寺に来る人はまばらでした。


     「どえらい降り方ですなぁー」

     

     
    「雨宿り! 雨宿り!」


     「止みそうにおまへんなぁ」


     「そろそろ帰りまひょか?」

8月中旬 水無瀬神宮 お盆のライトアップなどのイベントは中止。以後の週末には最低限のライトが点灯されていた。



     



     



 最後までご覧頂いて有難うございました。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする