ボンクリのカトリック徒然草

ボンクリ(ボーンクリスチャン:幼児洗礼)が
信仰の物思いにふけってみました。
「最も小さい霊魂の会」で祈りませんか?

最も小さい霊魂の会~ 聖母マリアの出現について考える

2022-05-26 22:11:27 | 日記

 

      ルルドの聖母の御出現

 

前回までシスター・ジュスティーヌ・ビスケイブリュの生い立ちをお話してきました。彼女はこのあと聖母マリアの出現を受けることになります。

しかしながら、このはなしの前に「聖母マリアの出現」とはどういうことを言っているのか、カトリック教会の考え方を知っておく必要があります。「出現」は、ともするとセンセーショナルな扱いを受けやすい話題であるからです。できる範囲で、できるだけ正確に説明できたらと思います。

今までの歴史のなかで、聖母マリアの出現は世界各地で報告され、紀元40年から現在までで約2000件に及んでいます。カトリック教会は16世紀以降、各地区の司教やローマ教皇庁(バチカン)の担当部門でこれらの出現を厳格に審査してきました。この審査には必要であれば医師や科学者のチームが編成され厳正な審査に努めることになります。さらにその後、神学者が事例の「神学的意味」を探ります。時間的にも何年もかかります。その結果信頼性が高く、教義に沿っていて、好ましい影響も考慮されたものでなければ、教会は出現が「超自然的なものに由来する奇跡」とは認めません。

このような厳格な審査のため2000件もの出現が報告されていますが、そのうち地元の司教が信ぴょう性を認めたものはわずか28件、バチカンの承認が得られたのは20件を超えた程度しかありません。

参考までにウィキペディアの「聖母の出現」の項目のURLを下記に示します。カトリック教会・教皇庁公認の出現で、不思議のメダイは9番目、緑のスカプラリオは10番目にあげられています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E6%AF%8D%E3%81%AE%E5%87%BA%E7%8F%BE

 

ここで少し「出現」の意味を調べておくことにしましょう。

出現: 超自然的幻視。肉体的体験であって、それによって通常の人間の能力では近づくことができない人物または対象が見える。声が聞こえるのがふつうである。出現があったと言われるとき、教会はその事実の証拠を要求する。幻想や幻覚であることが多いし、悪霊の影響によることも考慮しなければならないからである。しかし聖書の時代から今日に至るまで、はっきりと神からのものである(超自然的)と証明されている出現が多くあった。  (ーカトリック小事典ー)」

 

また、さらに聖母マリアの出現において、神学的な根拠がどこにあるかということも知っておく必要があります。信仰上の問題として「出現」があり得るという理由の説明です。

カトリック教会には「聖母の被昇天の教義」というものがありますこれはマリアが霊魂と肉体とともに天国に入ったという教義(神から啓示された宗教的真理で、カトリック教会から信ずべき箇条として教えられるもの)です。この教義は教皇ピオ12世によって明確に定められたもので1950年11月1日に教皇は、全世界に向かって、処女聖マリアの被昇天の信仰箇条を荘厳に宣言しこれを公布しました。(教皇令3900~3904 「カトリック教会文書資料集」より)

    聖マリアの被昇天

その内容は「終生、処女である神の母無原罪のマリアは、地上での生活を終えたのち、肉体と霊魂と共に天国の栄光に入った」というものです。被昇天は無原罪の宿り(マリアがその存在の最初の瞬間から、神からの恩恵によって罪のない状態にあったこと)の論理的な結論といえます。それで神の母と定められているので原罪をまぬがれ、無原罪であるゆえに、原罪の結果である死の腐敗からもまぬがれ、天にあげられて今もキリストと共にいるということになります

以上の説明により「聖母の出現」は神学的にも根拠をもって考えられることであるということが理解できます。これらの知識をふまえて、次回はシスター・ジュスティーヌ・ビスケイブリュにどのように聖母の御出現があったのか、そして周囲の人々の反応はどうだったかなどお話してゆきたいと思います。

(つづく) よろしければ下記もご参考にしてください。

-------------------------------------------------------------------------------------

*お知らせ

「緑のスカプラリオ」がまだ若干、手もとにございます。お祈りに役立ててくださる方がおられましたら、お分けいたします。下記のメールアドレスに住所とお名前をお知らせくだされば「緑のスカプラリオ+お祈り用リーフレットセット」を無償で郵送いたします。なお品切れになりましたらご容赦ください。

cha6ku6@gmail.com

なお、いただいた住所などの個人情報の秘密は厳守いたしますのでご安心ください。なお、お送りする「緑のスカプラリオ」はカトリックの司祭の祈りにより、すでに祝別されておりますので、大切にお使いください。

 

緑のスカプラリオの入手(購入)方法
「いつくしみセンターのWebショップ」を検索して注文できます。
http://mercy.cart.fc2.com/

一枚(108円)から購入できます。
なお、これにはリーフレットのような説明文は付いていませんので
下記の*インフォメーションに掲載した説明文(緑のスカプラリオ説明用リーフレットをご利用ください。

なお購入時には、まだ司祭により祝福されていませんので、ぜひカトリックの神父様に
「祝福の祈りをお願いします」といってお願いしてください。(時間はかかりません)

また何かご質問がございましたらコメントかメール(cha6ku6@gmail.com)していただければ幸いです。

 

*インフォメーション

「最も小さい霊魂の会」の趣旨に賛同いただけて入会を希望される方は

使徒ヨハネさんの john note 最も小さい霊魂の会 入会案内

https://blog.goo.ne.jp/johntherese7365/e/bd406a198c8f5684273085da5887d972

をご覧になりコメントでハンドルネームとお住まいの都道府県名だけで結構ですので

ご連絡なさってください。共に三つの祈りを唱えましょう。おまちしています。

 

十 最も小さい霊魂の会で唱える

「(永遠の命に至る)小さな三つの祈り」をここに再掲します。

 

 小さな三つの祈り

①コンソラータの祈り (主イエズス・キリストより伝えられたもの)

「イエズス、マリア、あなたを愛します。霊魂を救ってく ださい。」

 (イエズス、マリア、あなたを あいします。れいこんを すくってください。)

 

②緑のスカプラリオの祈り(聖母マリアより伝えられたもの)

「聖マリアの汚れなき御心よ、今も臨終の時も我等の為に祈り給え。」

(せいマリアの けがれなき みこころよ、いまも りんじゅうのときもわ れらのために いのりた  まえ。)

 

③不思議のメダイの祈り(聖母マリアより伝えられたもの)

原罪なくして宿りたまいし聖マリア、御身によりたのみ奉る

 我らの為に祈りたまえ。」

(げんざいなくして やどりたまいし せいマリア、おんみに よりたのみたてまつる

 われらのために いのりたまえ。)

---------------------------------------------------------------------------------

以下の「兄弟ブログ」もぜひごらんください。

(お互いの知識を補うような関係となっています)

 

(1)「緑のスカプラリオ」の説明用リーフレットが公開されています

          https://blog.goo.ne.jp/nyaako28

祈り方の説明・歴史、由来、その意味・効果・特長などが簡潔に

記されています。「緑のスカプラリオ」を購入されたときに

これをみれば、使い方がすぐにわかり祈れるようになります

 

(2)「最も小さい霊魂」の会を知っていますか?

         https://blog.goo.ne.jp/hanaku6

イエズス・キリストご自身がシスター・コンソラータに啓示して

創設させた「祈りの会」のことが詳しく書かれています。

また、永遠の命にいたる「三つの祈り」についても説明されています。

 

(3)

『尾崎明夫神父のカトリックの教え(公教要理詳説)
   第1版(2021年)』
入門者や求道者からベテランの方にまでわかりやすいと好評な
現代版カトリック要理、自分で読んで納得し、さらに他の人々の
救霊のために、説明できるようになります。ぜひご覧ください。
 
第1部 信経
 
第2部 秘跡

少しでもカトリックの教えに関心のある方々が、この要理を読んでカトリックの信仰が決して子供だましのような教えではなく、論理的に堅固であり、十分に説得的であることを理解してもらえば本望です。

 

   ー以上ー


コメント (1)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 最も小さい霊魂の会~ 聖母... | トップ | 最も小さい霊魂の会~ 聖母... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ミカエル)
2019-02-16 04:31:28
訪問させていただきました
興味深く 記事を読みました
これからもよろしくお願いいたします🌸

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事