お茶の里便り ◆掛川深蒸し茶で健康長寿の町◆

お茶屋に勤めている筆者の日常や感じた事を勝手気ままに綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

補修工事その2

2012年01月25日 | お仕事

関東方面は雪が降り寒い日が続いているようですね。

茶処掛川は晴天ですが、西風が強く吹き続けている為、

こちらでも体感温度はかなり低く感じます。

 

先日の農道の補修もコンクリートが入りました。

 

冬の茶園管理が一段落している時に普段できない作業を進めていきます。

春先の茶園管理が忙しくなる前に各茶園の道路整備も大事な仕事です。

自分達で出来る事は何でもやります。

 


補修工事

2012年01月23日 | お仕事

先週は雨や雪が降り、寒い日が続いた茶処掛川ですが、

今日は良い天気になりました。

雨のおかげで茶園も十分潤ったと思います。

 

こちらは新茶時期には早く芽が出て手摘みをする茶園です。

まだ時期が早い為、新芽は出ていません。

さくらぎ農園のみなさんが、茶園に続く道の補修をしていました。

坂道を下った場所にある為、道が痛みやすく、新たにコンクリートを入れます。

今日はその準備の為、道路の整備をしていました。

少しづつ新茶時期に向けての準備をしていきます。

 


雪景色

2012年01月17日 | お仕事

温暖な気候で、普段は雪などに縁が無い茶処掛川ですが、

昨日の夜に降りだした雨は雪に変わっていました。

 

この地域は冬の時期、風が強く吹きますが、暖かな気候で、年に1、2度程しか雪は降りません。

降ると言っても、数時間で雨に変わってしまう為、積もる事もありません。

が・・・

今日の朝は風も無く、家の周りには雪が積もっていました。

普段、雪など見ない環境の為、【雪が積もっている】と言うだけで大騒ぎです!!

幸い道路には雪は無く、通勤などに支障はありませんでしたが、見慣れた風景が

雪景色になっている為、おかしな感じでした。

 

雪の降る地方の人には普通ですが、掛川では大変、珍しい事です。

会社の周りも雪です。

掛川城にも、うっすらと積もっています。

粟ヶ岳の茶文字も今日は白色でした。

普段は緑一面の東山地区の茶園も一面雪景色。

茶の樹は冬眠中の為、雪による被害などは無いそうです。


午後には天気は回復して青空が広がりました。

雪景色も1日で終わりです。

 


整地作業

2012年01月16日 | お仕事

深蒸し茶の産地掛川の今日は曇り空です。

太陽が出ていない為、朝から暗く気温も低いです。

 

今日はさくらぎ農園の二人が茶園整備の作業をしていました。

この時期の外での作業は寒さに耐えながらの作業です。

二人共に冬の作業の定番着「ヤッケ」を着込んでいます。

春になったら茶の苗を植える為、畝の場所を決める作業をしていました。

巻尺で距離を計って畝の位置を決めていきます。

当初、抜く予定だった柿の木は、抜かれずに済みました。

手前の場所は自主さんが農園を作るようです。

 

茶園の横には古い井戸があったのですが、新しい手押しのポンプが付いていました。

これで、水やりなどの管理が楽になりますね。

 


仕上げ審査

2012年01月13日 | お仕事

深蒸し茶で人気の茶処掛川は気温は低いですが本日も晴天です。

最近は雨があまり降っていません。

冬眠中の茶園ですが、少し雨がほしい感じです。

 

仕上げ工場では、火入れ(乾燥)作業をしていました。

お茶の旨味を最大限に引き出す作業が火入れ作業です。

火入れ具合は毎日同じではなく、荒茶の状態や毎日の湿度や気温、天気で変わります。

乾燥機から出たばかりの茎茶です。

審査茶椀で味や香り、色などを確認して、乾燥具合を調整していきます。