EMW&CFD2019 参加申込第5号 自転車文化タウンづくりの会(大阪市)!

毎年9/16から9/22に世界的に行なわれている
「ヨーロッパモビリティウィーク&カーフリーデー(EMW&CFD)」

現在、一般社団法人カーフリーデージャパンでは、2019年度の申込を受付中です!

6/24、自転車文化タウンづくりの会から正式参加申込がありました!
自転車文化タウンづくりの会は今年で8年目を迎えます。

自転車文化タウンづくりの会は“歩行者も自転車も安心して通行できる環境づくり”を求め、団体の趣旨に賛同するたくさんの方々を集めて、自転車で走行アピールを行っています。

昨年の「大阪モビリティウィーク&カーフリーデー2018(御堂筋サイクルピクニック第13回)」では、たくさんの賛同者たちが、中之島→御堂筋→本町通→上町筋→中之島を自転車でアピール走行しました。(約6.2km)

会場では、自転車に乗る楽しさとルールを知ってもらうために、自転車マーケット&ランチカフェ、大型バスの死角体験、自転車試乗会、サイクルサッカー、などが行われました。

特に、昨年は、大阪府警察の協力を得て、交通安全トークショーや白バイ・パトカー乗車体験ができたり、あまりなじみのないサイクルサッカーを日本代表選手に実技してもらったりと、参加したみなさんが、楽しみながら自転車・まちのことを考える機会となりました。


自転車レーンのネットワーク化を目指し、今年も楽しいイベント開催を楽しみにしております!

御堂筋サイクルピクニックウェブサイト

<カーフリーデー当日の様子>


自転車アピール走行

交通安全トークショー


写真提供:自転車文化タウンづくりの会
コメント?(?0?)?|?Trackback?(?0?)

EMW&CFD2019 参加申込第4号 金沢市!

毎年9/16から9/22に世界的に行なわれている
「ヨーロッパモビリティウィーク&カーフリーデー(EMW&CFD)」

現在、一般社団法人カーフリーデージャパンでは、2019年度の申込を受付中です!

6/24、金沢市から正式参加申込がありました!金沢市は今年で3年目を迎えます。

金沢市では、第二次金沢交通戦略の目指す「公共交通優先のまちづくり」、「ネットワークでつなぐまちづくり」を市民に広く発信するとりくみの一つとして、カーフリーデーを実施しています。

カーフリーデー当日は、市庁舎前広場にて、市の交通政策の紹介や交通事業者等PRのほか、親子交通ツアーの実施、バス・タクシー展示・試乗、公共レンタサイクル「まちのり」試乗等が行われ、たくさんの市民が参加しました。

また、カーフリーデーを含むモビリティウィーク期間中には、都心軸における公共交通の走行環境を向上するため、バス専用レーン時間帯拡大実験が実施され、所要時間の短縮が図られました。そのほか、市職員のマイカーへのマイカー移動自粛も実施されました。


交通政策に積極的に取り組んでいる金沢市でのモビリティウィーク&カーフリーデー。
今年も、市民のみなさんだけでなく、訪れる観光客の方にも、ぜひ、たくさん、参加していただきたいです。


金沢市HP


<カーフリーデー当日の様子>




写真提供:金沢市
コメント?(?0?)?|?Trackback?(?0?)

EMW&CFD2019 参加申込第3号 NPO法人横浜カーフリーデー実行委員会(横浜市)!

毎年9/16から9/22に世界的に行なわれている
「ヨーロッパモビリティウィーク&カーフリーデー(EMW&CFD)」

現在、一般社団法人カーフリーデージャパンでは、2019年度の申込を受付中です!

6/12、NPO法人横浜カーフリーデー実行委員会から正式参加申込がありました!NPO法人横浜カーフリーデー実行委員会は今年で16年目を迎えます。

毎年、横浜のシンボルである日本大通りを車両交通止めとし、多くの市民の皆さんがクルマのない道路空間、都市空間を一日楽しむことで、クルマの賢い使い方、地球環境問題、まちのあり方などについて考える機会となっています。

また、会では、幼いころから環境問題や交通に関する知識・理解を深めることが重要と考え、こどもたちへの普及啓発に力を入れ、近隣6 区の小学校へチラシを4万枚配布しています。

昨年は、市の歴史資産である三渓園150周年を機に連携企画が実現し、三渓園の当日入場無料(小学生)やサイクリング企画、横浜市電保存館でのパネル展示など地域との連携が図られました。

こどもから大人まで多くの市民が参加し、持続可能な社会について考える機会となりました。今年は、どんな企画となるか楽しみです!


NPO法人横浜カーフリーデー実行委員会ウェブサイト



<カーフリーデー当日の様子>

ミニ市営バス試乗(市交通局)


幼児向け自転車事故防止寸劇(市道路局)



写真提供:NPO法人横浜カーフリーデー実行委員会
コメント?(?0?)?|?Trackback?(?0?)

ワーキングスペース開設(ハノイ市)のお知らせ

一般社団法人カーフリーデージャパンでは、この度、ベトナム・ハノイ市において、ワーキングスペースを開設しました。

現地パートナー(各方面の専門家)と一緒に、主に、ベトナムの地方自治体に対し、都市計画行政の助言・診断サービスを提供する予定です。

ベトナムワーキングスペース
住所:Floor 4, No.8 Trang Thi Str, Hanoi VIETNAM


CarFreeDayJAPAN set up working space at Hanoi City(Vietnam) in June 2019.

It is located in downtown near Hoan Kiem Lake.

With this merit of good location and team of Vietnamese experts, we hope we can expand our business.

Mainly we offer advisory service to local government in urban planning.

Thank you for your all help and we need further support of you.


Address
Floor 4, No.8 Trang Thi Str, Hanoi VIETNAM






コメント?(?0?)?|?Trackback?(?0?)

EMW&CFD2019 参加申込第2号 さいたまカーフリーデー実行委員会(さいたま市)!

毎年9/16から9/22に世界的に行なわれている
「ヨーロッパモビリティウィーク&カーフリーデー(EMW&CFD)」

現在、一般社団法人カーフリーデージャパンでは、2019年度の申込を受付中です!

6/12、さいたま実行委員会から正式参加申込がありました!
さいたまカーフリーデー実行委員会は今年で13年目になります。


さいたまカーフリーデー実行委員会は、さいたま市を事務局として、官民学で構成され、市の目指す“自動車に過度に依存しない交通体系の実現”にむけ、「車の使い方」を市民と行政が一緒に考えるための周知啓発と、快適で賑わいのある歩行空間を創出することを目的としています。

昨年のカーフリーデーは、「ひとつじゃない!快適な移動手段で“さぁでかけよう”」のテーマの下、例年通り2日間イベントが行われ、過去最多の約3.5 万人の来場となりました。

交通や環境、まちづくりに関する取組紹介、カーフリーデーの取組みや交通施策のPR、福祉車両などの展示に加え、交通規制した道路空間でのオープンカフェが設置されました。

また、スタンプラリーや小学生の職場体験教室、ノーマライゼーション・アート・コミュニティーによる道路上でのお絵かきや民族楽器の演奏体験など、たくさんの子どもたちが楽しんでいる様子がうかがえ、家族連れを中心に、「街中における車の使い方」を見直すきっかけを提供しました。

モビリティウィーク期間中には、例年通り、「ノーマイカーデー」や「バスの日」が実施されました。

今年は「街中における車の使い方」を見直すきっかけを提供するどんな企画が出てくるのか大変楽しみです。

さいたまカーフリーデー(さいたま市交通政策課内サイト)

さいたまカーフリーデー実行委員会フェイスブック



カーフリーエリア(オープンカフェの様子)

ノーマライゼーション・アート・コミュニティーによる道路上でのお絵かき


写真提供:さいたまカーフリーデー実行委員会


コメント?(?0?)?|?Trackback?(?0?)

EMW&CFD2019 参加申込第1号 モビリティウィーク&カーフリーデーなら実行委員会(奈良市)!

毎年9/16から9/22に世界的に行なわれている
「ヨーロッパモビリティウィーク&カーフリーデー(EMW&CFD)」

現在、一般社団法人カーフリーデージャパンでは、2019年度の申込を受付中です!

先日、今年度の説明会が終了したばかりですが、早くも4月に、モビリティウィーク&カーフリーデーなら実行委員会から正式参加申込がありました!

モビリティウィーク&カーフリーデーなら実行委員会は、今年で2回目の参加です。

モビリティウィーク&カーフリーデーなら実行委員会は、奈良市(環境政策課)を事務局とし、交通事業者、環境系の外郭団体等で構成されています。「奈良は車で来ない方が楽しい」「車に乗らない方が暮らしやすい」を体感してもらうことを目的に、モビリティウィーク(カーフリーデー)に参加しています。

昨年のカーフリーデーでは、市長のあいさつ、交通規制宣言によって、駅前の三条通りの一部がカーフリー化されました。多くの市民や観光客が、快適な歩行や買い物を楽しみ、まちを楽しむための移動手段や普段の交通行動等を問うアンケートも実施されました。

また、会場(JR奈良駅東口駅前広場)では、「COOL CHOICE」の普及啓発、地域資産のPR(地産地消の農産物等や史跡巡りのウォーキング、サイクリング)、シェアバイクの試乗など、環境、交通、まちづくりの啓発が実践されました。特に、オープンワークショップ「~あなたの住みたい"奈良"を描いてください~」では、奈良のまちを交通の視点でどのようなカタチにしていきたいかをビジュアル化し、行政と市民が共有する機会となりました。また、当日のパンフレットは4カ国語対応となっていて、たくさんの外国人観光客にPR、また、参加してもらうことができました。

今年は、あらたな企画が予定されているということで、楽しみです。(詳細は8月頃発表)

奈良市民のみなさん、また、近隣、観光客のみなさんにも、この機会に参加していただき、移動をきっかけに、暮らし、まちづくり、環境を見直す機会となっていただきたいです。


モビリティウィーク&カーフリーデーなら実行委員会 公式サイト




カーフリーとなった三条通り(一部)

市長によるアンケートよびかけ


写真提供:モビリティウィーク&カーフリーデーなら実行委員会
コメント?(?0?)?|?Trackback?(?0?)

「ヨーロッパモビリティウィーク&カーフリーデー説明会2019&報告会2018」終了

一般社団法人カーフリーデージャパンは、6月12日(水)東京にて「モビリティウィーク&カーフリーデー2018報告会&2019説明会」を行いました。

ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

今年は、実施団体のほとんどが参加となりました。
例年、地方の市民団体については、東京までお越しいただくのが難しいのですが、今年は、当日に、あおぞら絵本図書館inカーフリーデーの準備会(全国4都市実施。後日紹介)も兼ねたので、みなさんとひさしぶりにお会いすることとなりました。

説明会では、例年通り、「モビリティウィーク&カーフリーデー(MW&CFD)」の紹介(日本や欧州での取り組み)のほか、モビリティウィーク&カーフリーデー日本アワードの受賞式等を行いました。

各都市、主催の形式(行政/市民団体)や参加年数、地域性などから、抱える課題の違いはあるのですが、今年も、CFDの実施における創意工夫や活用等について、共有できたのではないかと感じています。
事務局としても、この説明会・報告会は、全国の主催者が交流、意見交換できる機会として大変有意義に感じております。

年々、各都市にて、新しいとりくみや広がりがみられますが、今年も、持続可能な交通まちづくりにむけた新たな展開が期待されます。

今年の参加都市は、現時点で12都市です。正式発表は、当ブログにて順次行います。


【問い合わせ先】一般社団法人カーフリーデージャパン(担当:谷本)

電話: 03-6914-3404
FAX: 03-5953-0576
E-mail:tanimoto@atelierudi.com

※説明会は終了しましたが、ご関心のある団体・方は、ぜひ、お電話やメールなどでお問い合わせ下さい。



↑全体の様子




↑モビリティウィーク&カーフリーデー日本アワード2018受賞団体

※写真左から
カーフリーデージャパン代表/望月、NPO法人横浜カーフリーデー実行委員会、さいたまカーフリーデー実行委員会、モビリティウィーク&カーフリーデーなら実行委員会
コメント?(?0?)?|?Trackback?(?0?)
     
?
?