ヨーロッパモビリティウィーク&カーフリーデ-2010 東北地区説明会(6/7)

カーフリーデージャパンは、この度、「モビリティウィーク&カーフリーデー2010」にむけて、説明会を全国4箇所(仙台、東京、大阪(予定)、北九州市(予定))にて開催することになりました。

第2弾として、東北地区を対象とした説明会を6月7日(月)14:00~より開催致します。

当日は、MW&CFDの参加を希望/検討している団体、個人の方を対象に、モビリティウィーク&カーフリーデーの概要、国内・海外の事例の紹介を行い、今年度の参加方法についてご説明します。

皆様、ふるってご参加下さい。(※要申込)



■「モビリティウィーク&カーフリーデー2010」東北地区説明会
  説明会チラシ(PDF)
  
・日時  :2010/6/7(月)14:00~16:00 (受付 13:45~)
・場所  :せんだいメディアテーク 7階会議室a・b(仙台市青葉区春日町2-1) 
       仙台駅から泉中央行きで3分、勾当台公園駅下車。「公園2」出口から徒歩6分
      地図はコチラ
      
・参加方法:メールにてお申し込みください。
      お申し込み先:carfreedayjapan@cfdjapan.org
     (お名前、ご所属、メールアドレスを記入願います)
・参加費 :無料   

●プログラム(予定)

 14:00~14:30 モビリティウィーク&カーフリーデーとは?
 14:30~15:00 海外・日本の取組事例の紹介(ビデオ上映等含む)
 15:10~15:30「モビリティウィーク&カーフリーデー2010」実施にあたって
 15:30~16:00 質疑応答

 


この説明会は、2010年度一般財団法人セブン-イレブン記念財団の公募助成を受けて、開催されます。
コメント?(?0?)?|?Trackback?(?0?)

ヨーロッパモビリティウィーク&カーフリーデ-2010 東京説明会(6/3)

カーフリーデージャパンは、この度、「モビリティウィーク&カーフリーデー2010」にむけて、説明会を全国4箇所(仙台、東京、大阪(予定)、北九州市(予定))にて開催することになりました。

第1弾として、関東地区を対象とした東京説明会を6月3日(木)18:30~より開催致します。

当日のプログラムは、2部構成となっており、第1部では、MW&CFDの参加を希望/検討している団体、個人の方を対象に、モビリティウィーク&カーフリーデーの概要、国内・海外の事例の紹介を行います。第2部では、昨年のモビリティウィークの報告や、「モビリティウィーク&カーフリーデー日本アワード2009」の授賞式を行います。参加団体の皆様の紹介もあります。

皆様、ふるってご参加下さい。(※要申込)

■「モビリティウィーク&カーフリーデー2009報告会&2010説明会」東京説明会
  説明会チラシ(PDF)
  
・日時  :2010/6/3(木)18:30~20:30 (受付 18:20~)
・場所  :東京ボランティア・市民活動センター 
      飯田橋駅 徒歩2分 セントラルプラザ10階
      地図はコチラ
      
・参加方法:メールにてお申し込みください。
      お申し込み先:carfreedayjapan@cfdjapan.org
     (お名前、ご所属、メールアドレス、第1部/第2部/両方、
      どちらに参加されるか記入願います)
・参加費 :無料   

●プログラム(予定)

第1部 MW&CFDとは?(※初めての参加団体向け)
 
 18:30~18:50 モビリティウィーク&カーフリーデーとは?
 18:50~19:20 海外・日本の取組事例の紹介(ビデオ上映等含む)

第2部 MW&CFD日本アワード2009授賞式・報告、今年度にむけて

 19:30~19:45「モビリティウィーク&カーフリーデー日本アワード2009」
          授賞式
 19:45~19:15「モビリティウィーク&カーフリーデー2009」報告
 20:15~20:30「モビリティウィーク&カーフリーデー2010」実施にあたって

 
※説明会終了後、会場近くにて、懇親会も予定しております。




この説明会は、2010年度一般財団法人セブン-イレブン記念財団の公募助成を受けて、開催されます。
コメント?(?0?)?|?Trackback?(?0?)

カーフリーデ-ジャパンの2010年度の活動について

カーフリーデ-ジャパンは、この度、2010年度の以下の活動につきまして、一般財団法人セブン-イレブン記念財団より、助成をいただきましたことをここにご報告致します。

これにより、今年6月、7月に全国4箇所で、説明会を開催いたします。
詳細は、決まり次第、随時こちらでお知らせ致します。
いましばらくお待ち下さい。


■助成事業名

「ヨーロッパモビリティウィーク&カーフリーデ-説明会開催・フォーラム参加活動」




コメント?(?0?)?|?Trackback?(?0?)

ヨーロッパモビリティウィークアワード2009海外の報告 

先日お知らせした、リニューアルされたヨーロッパモビリティウィーク公式HPでは、世界各都市のヨーロッパモビリティウィークの様子を知ることができます。

日本では、昨年より実施している「モビリティウィーク&カーフリーデ-日本アワード」ですが、ヨーロッパモビリティウィーク本部においては、「European Mobility Week Award (ヨーロッパモビリティウィークアワード)」が毎年、開催されています。

今年は、スウェーデンのイェーヴラ市(Gävle)が受賞しました。

イェーヴラ市は、伝統的な活動とソーシャルメディアを統合したモビリティウィークの実施が高く評価されました。

たとえば、その活動の一部には、持続可能な移動を促進する職場セミナー、中央駅での通勤者へチョコレートの無料配布やカーフリーデ-当日の「Gästrikeloppet自転車レース」の実施などがありました。

また、イェーヴラ市には、自身の冒険をレポートしながら、公共交通で国内を旅行している20歳の Ingrid Bergström Nilssonさんというブロガーがいたり、プロモーションツールとして活用されましたが、地元の学生が、モビリティウィークのイベントのビデオ日記を製作したりしました。

イェーヴラ市は、また、充電施設をもった電気自動車向けの駐車場を設置したり、より体を動かす移動を推奨するために、バス停に自転車駐輪場を設置したりなど、整備にも意欲的に取り組みました。

その他、最終選考にあがった都市についての様子などは、ヨーロッパモビリティウィーク公式HPより、ご覧下さい。


ヨーロッパモビリティウィークアワード報告記事はこちらから
European Mobility Week Award 2010 winner!


■ヨーロッパモビリティウィークアワード■

1.受賞者:イェーヴラ Gävle (Sweden)

2.最終選考(3都市)

・イェーヴラ Gävle (Sweden)
・イヴァニックーグラッド Ivanic-Grad (Croatia)
・レオン Léon (Spain)

3.ノミネート10都市

・アレーナス・デ・サンペドロ Arenas de San Pedro (Spain)
・ボローニャ Bologna (Italy)
・ロンドン市 City of London (UK)
・イェーヴラ Gävle (Sweden)
・ハンブルグ Hamburg (Germany)
・イヴァニックーグラッド Ivanic-Grad (Croatia)
・レオン Léon (Spain)
・ムルシア Murcia (Spain)
・エステルスンド Östersund (Sweden)
・パニャヴェジェイス Panevėžys (Lithuania)
・ザグレブ Zagreb (Croatia)

コメント?(?0?)?|?Trackback?(?0?)

EMW初期の貴重なCFDの映像が見られます! 

先日お知らせした、リニューアルされたヨーロッパモビリティウィーク公式HPですが、こちらから、各都市のヨーロッパモビリティウィークについての映像が見られます。(youtubeへリンクされます)

その中には、ヨーロッパモビリティウィークナショナルコーディネーター日本担当である望月真一が、カーフリーデ-が始まった1997年初期に撮影した貴重なCFDの映像が入っています。

その映像は、世界中で見ていただけているようです。
ぜひ、ご覧下さい。

なお、ヨーロッパモビリティウィークアワードを受賞した都市のモビリティウィークの映像もこちらから、見られます。


ヨーロッパモビリティウィーク映像(youtube)

収録映像作品

■ ラロッシェルのカーフリーデ-(1997年)
  製作:カーフリーデ-ジャパン

Car Free Day in La Rochelle, France
"In town, without my car!" in La Rochelle, France in 1997. Author: Shinichi Mochizuki (www.cfdjapan.org).


■ ストラスブールのカーフリーデ-(1998年)
  製作:カーフリーデ-ジャパン

Car Free Day in Strasbourg, France
"In town, without my car!" in Strasbourg, France in 1998. Author: Shinichi Mochizuki (www.cfdjapan.org).


■ リヨンのカーフリーデ-(2002年)
  製作:カーフリーデ-ジャパン

Car Free Day in Lyon, France
"In town, without my car!" in Lyon, France in 2002. Author: Shinichi Mochizuki (www.cfdjapan.org).


コメント?(?0?)?|?Trackback?(?0?)

「Travel Smarter,Live Better」ー EMW&CFD2010テーマ

先日、ヨーロッパモビリティウィーク&カーフリーデー2010年のテーマが決定されました。
また、ヨーロッパモビリティウィーク公式HPがリニューアルされましたので、ここにお知らせ致します。

今年も、自動車優先社会を見直す契機として、ヨーロッパモビリティウィーク&カーフリーデ-が、日本の多くの都市で、活用・実施されることを期待しています。

以下は、2010のテーマについての概要です。(ヨーロッパモビリティウィーク公式HPより抜粋)

★★★

ーTravel Smarter,Live Better(より賢く移動し、より快適に暮らそう)ー


 ヨーロッパモビリティウィーク 2010では、健康とモビリティ(移動)が全体のトピックで、 「Travel Smarter,Live Better(より賢く移動し、より快適に暮らそう)」がテーマとなっています。

 特に、都市においては、近年の自動車交通の大幅な増加は、それがもたらす騒音や大気汚染、渋滞に対する人々の強い反動を引き起こしました。子供やお年寄りなどの交通弱者は、最悪の影響を受けます。交通事故による負傷は、直接的には、EUにおいて、何十万人もの人々に影響を及ぼし、何万人もの死者を出しています。間接的には、自動車交通は、呼吸や心血管システムに影響を及ぼし、ストレスを引き起こし、我々の健康に影響します。

 しかしながら、我々の健康については、はるかに沢山の要素があります。
定期的に体を動かすことは、健康への鍵であり、ストレスを軽減してくれることは、科学的研究により明らかになっています。それにもかかわらず、体をつかわないことは、ヨーロッパで、ますます広範囲にみられるようになっています。自動車利用の増加や、体をつかわないというよくない状況は、体を動かさない、座りっぱなしの生活スタイルの主な原因として考えられ、肥満にも関連しています。車にたよらない移動は、お金をかけずに、簡単に、日課になりうる定期的な運動が考慮されています。よって、持続可能な交通手段として、歩いたり、自転車にのることは、毎日の運動を促進させるのに重要な役割を果たします。

 健康に対する環境の影響は、ヨーロッパの市民にとって、大きな問題です。最近の研究では、約9割近くの人が、「環境は、健康への潜在的影響について関係している」と主張しました。加えて、新しい技術や、ライフスタイル、仕事、生活パターンの変化は、時折、環境へ、新しい予想外の影響を及ぼし、さらには、健康へと影響を及ぼすのです。

 ヨーロッパモビリティウィークに参加する都市や町は、「Travel Smarter,Live Better(より賢く移動し、より快適に暮らそう)」というテーマの下、体をうごかさないことや肥満の問題に取り組むと同時に、市民の身体的、精神的な健康を改善するために、体を動かす移動を奨励するべきです。さらにまた、健康と持続可能なモビリティ(移動)は、都市の生活の質の明らかに高める組合せとして強調されなければなりません。それは、空気と騒音汚染、事故や渋滞を減らしやすくし、車を運転するためではなくむしろ、生活するために、より多くの空間をとり戻すのに役立っています。

 ヨーロッパモビリティウィークは、持続可能なモビリティ(移動)の中心的な役割を伝えるための理想的なプラットホームを提供しています。市民ひとりひとりが、仲間と彼ら自身の健康のために何ができるかを示す一方で、より緑があって健康的な将来について、行政が行なっている対策を、市民へ知らしめています。

★★★


ヨーロッパモビリティウィーク公式HP(リニューアル)
コメント?(?0?)?|?Trackback?(?0?)
     
?
?