ういーくえんど・なちゅらりすと

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

コオイムシ

2018-04-17 13:34:59 | カメムシ
この春は天気がいい。
天気がいいということは雨が少ない。
ということは、水たまりが干上がる。
異臭を放っているオタマジャクシの残骸の近くで石をめくるとコオイムシ。



ここは三浦半島では数少ない確実にコオイムシが見られる場所。
ただ・・・こいつら、飛べるくせに意外に水がなくなったときに飛んで逃げるという選択肢を持たないらしい。
いつもこの水たまり、干上がると、石の下にこの姿がいる気がしてならない。
コメント

サトアリツカコオロギとトビイロシワアリ

2018-04-17 13:33:59 | バッタ
最近、アリの巣になっている石をひっくり返すのが若干のマイブーム。
何を探すのかというと、アリツカコオロギ類。
こいつはフタフシアリ科のトビイロシワアリ?の巣にいたから、サトアリツカコオロギで良かろう。




正直、肉眼的に同定するのは無理。
唯一可能性があるのは、アリの種類から。
なのでこの場合、サトかな、と。
体表の鱗片の形態で同定できるそうなのだが・・・なんとか手持ちの顕微鏡でできないものかと思案中。
職場のSEMを使わないと無理なのかなぁ。
コメント

キリギリス幼虫とコバネヒメギス?幼虫

2018-04-17 13:33:00 | バッタ
今、どこの林に行ってもヤブキリの幼虫が多数だが、草むらだとちょっと違う。
ヒガシキリギリスの幼虫に




こっちはコバネヒメギス?の幼虫。



何故そう思うかって?
去年、この場所ではコバネヒメギスだけが見つかった場所なのだ。
だから何の確証もないが、たぶん・・・
コメント

ジャコウアゲハ

2018-04-17 13:32:21 | チョウ
一気にチョウの種類が増えてきた。
大形の黒いアゲハでなんと言っても写しやすいのはジャコウアゲハ。




飛び方がゆっくりだし、すぐに静止する。
やっぱり毒蝶だから?
コメント

ハラヒシバッタ・・・

2018-04-17 13:31:29 | バッタ
むむむっ。
やや小さな、エッジの効いたヒシバッタ。




これはもしや?
そう色めき立ったのだが、産卵管は、いつもの感じ。
これもやっぱりハラヒシバッタの範疇なんだろうな。
というか、どこかで確実にヤセヒシバッタです、という奴を見てこないとこれは何とも確証が持てないぞ。
困ったもんだ・・・
コメント