乱反射

2018年9月29日
乱反射。登場人物のほとんどが自分勝手なクソで見ていて気分が悪かった。悪人というほどではないけど自分のことしか考えていなくて、ルールなんか守らなくて、他人がどうなろうと知ったこっちゃなくて、想像力の射程がすごく短いひとたちばかり。主人公を含めて。それでも最後にほんのすこし変わってくれれば救われたんだけど、最後の最後まで誰も変わらず。せめて主人公だけでも家庭ゴミを捨てるのを思いとどまってほしかった。これが現実かもしれないけど、フィクションなんだからわずかでいいので希望がほしかったです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・ラウル

ラウル。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

名探偵コナン「JK探偵鈴木園子」

JK探偵園子が眠らずに推理する話。

知っていることは言わないと気がすまないコナン。言ってからあとでごまかすくらいなら言わなきゃいいのにね。それかいっそ物知りな小学生として堂々としているか。毎度毎度あたふたと言い訳しているのを見ると、若干イラッとする(笑)。

園子のすべり台からの落ち方がヤバい。頭を打ってなければいいんだけど…。

張り切って推理するのはいいけど、何の証拠もない段階でななえが死んだと決めつけるのは、ななえと親しい佐々木からすればやっぱり気分が悪いよ。それも遺体と連呼してたしねぇ。せめて関係者には聞かれないよう配慮しようぜ。

遠くから双眼鏡で腕を見ただけで生きてるか死んでるかわかるの? マネキンか人間かならともかく。園子がすごいのか、園子の思い込みがたまたま当たっただけなのか…。

死ぬかもしれない恐ろしい目に遭って懲りたかな? と思ったけど、褒められるとすぐに調子に乗っちゃうね。それでこそ園子だけど。この調子ならコナンはこれからも遠慮なく園子を探偵役にできますな。


▼名探偵コナン アニメ感想等
名探偵コナン@SKY BLUE


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

25ans (ヴァンサンカン) 2018年 11月号 宇野昌磨 特別版

2018年9月28日
ヴァンサンカン 2018年 11月号 宇野昌磨 特別版 (2018/09/28)。届きました。さすがに通常版のほうは自重しましたが、先日公開された中でわたしがいちばん気に入った写真(スーツを着て片膝を立てて座っている)はどうやら通常版のほうだったらしい…まあいいか…。女性誌なんて生まれて初めて買ったでござる。いい紙を使っているせいかめちゃくちゃ重い…びっくりするほど重い…。特集ページはもうちょっとあるかと思ったら意外と少なかった。10ページあるけど写真が大きくデーンとあったりするので、すぐ見終わってしまった。せめて20ページくらいほしかったなぁ。インタビュー内容もそんなに目新しいものはなく。でもスケート靴交換の対策は初めて聞いた話です。ちゃんと対策を始めていたようでよかった。写真は私服のものもありました。カジュアル系だけど多分それなりにいいものではないかと。宇野くんはいつも何気にお高い服を着てるみたいなんだよね。靴や鞄も。本人は無頓着らしいので親が買ってるんだと思うけど。私服の笑顔の写真はめちゃくちゃかわいかったです。

アスリートはジャージやユニフォームが一番だとわたしは思ってて、かっこつけた写真には手を出さないと決めてるんだけど、フィギュアスケートは魅せる競技だからちょっと別というか。競技においても衣装を着て演じたりアピールしたりする部分もあるし、こういう撮影も本人の糧になるんじゃないかと思ったりもして。…まあ言い訳ですが(笑)。

せっかくなので他のページも見ようとは思っています。とりあえずざっくり見てみたら、服やらバッグやらたくさん載ってて値段も書いてあるんだけど、その値段がびっくりするくらい高くて、本来わたしのような貧乏人が読む雑誌じゃなかったんだなと(笑)。世の中の女性はこんなお高いコートとか鞄とか買ってるんでしょうか…。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五エ門 前篇・後篇

2018年9月28日
LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五エ門 前篇・後篇。石川五ェ門の挫折と覚醒の物語かな。時系列的には次元大介の墓標のあと。銭形は公安所属。敵のホークが規格外でとんでもなかった。どうやったらこんな人間ができあがるんだろう。後篇の五ェ門とホークの戦いは思わず「ヒィッ!」と目をそらしそうになりました…五ェ門の腕が削がれたシーンが特に…。腕を切り落とすのも怖いけど、それ以上に削がれるほうが怖かった。何かリアルに感じてしまって。気付いたら自分の腕を押さえてました(笑)。でもあれだけ削がれてるのになぜ五ェ門は普通に動かせるんだ…痛いとか痛くないとかじゃなくて、骨も腱もだいぶなくなってるし物理的に無理なんじゃないかと思ったんだけど。ラストの銭形、あのあと腕とか切り落とされてないか心配になるけど、大丈夫だったんだよね…?
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・メルローズ

メルローズ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

シュタインズ・ゲート ゼロ 第23話

2018年9月27日
シュタインズ・ゲート ゼロ 第23話。最終話でした。無印に繋がったところで胸が熱くなった。挿入歌のタイミングも神がかってる。改変版→ゼロ→無印第23話なのね。これはもう無印のラストもう一度見るしかない。何度も見たけど。ただ、その後の未来部分に混乱してしまってラストの余韻に浸る余裕がなく…オカリンがシュタインズゲートに到達したなら、あの未来はなくなるのかなと思ったんだけど、そういうわけでもないみたいで…タイムマシンに乗ったまゆりと鈴羽も存在し続けているし…世界線と過去と未来の関係がわからなくなった。いや、前からあやふやではあったんだけど。世界線が変わっても、変わる前の世界線は相変わらず存在し続けるってこと? だったらリーディングシュタイナーを持っているオカリン以外は、いくら頑張っても世界を変えられないってこと? オカリンが世界線を移動すると、もとの世界線ではオカリンはどうなっているの? うう、考えれば考えるほどこんがらかってくる。だれか頭のいいひとわかりやすく解説してください。無印は紅莉栖がヒロインで、ゼロはまゆりがヒロインになるのかな。正直、まゆりがこんなに人間味のあるキャラとして描かれるとは思わなかった。声まで変わっちゃってるし。無印では人質として一歩引いたところにいるという印象だったけど、ゼロでは感情を吐露して能動的に動き出して、すごく魅力的になったなと感じました。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

Free! -Dive to the Future- 第12話

2018年9月27日
Free! -Dive to the Future- 第12話。最終話でした。ちょっ、遙の決勝直前に何を言っちゃってんの龍司! アホか! って思ったよね…。コーチが選手の心を乱してどうするのさ。遙が負けたのは半分くらい龍司のせいじゃないかな。これくらいで乱れる遙が繊細すぎるというのもあるけども。でも笑い飛ばしてくれる仲間がいてくれてよかった。遙もきちんと受け止められたみたいでよかった。遙があれほどの絶叫をしたのにはびっくりしたけど、何かひとつ殻を破った感じがするね。フリー100は勝ったかな? 大会新が出たかな? 世界でアルベルトと対決してほしい! See you in 2020ってのはどういうこと? 東京オリンピックに出るよという意味なのか、2020年に Free! の新展開があるという意味なのか…。まあアルベルトなんていいライバルになりそうなキャラを出しておいて、たいして出番もなくこれきりってことはないよね。2020年に第4期でオリンピックとかそういうのを期待してもいいのかな?? この第3期は今までと違ってそんなに大きなドラマがあるわけではなく、みんなの成長を描いていく、といったわりかしファンサービス的な部分が大きかった気がします。ドラマとしては郁弥まわりが大きかったけど中盤でもう和解したしね。振り返ってみれば物足りないような気がしないでもないけど、これまでテレビシリーズも映画も見てきたひとには満足度が高かったんじゃないかと。逆に映画を見ていないひとにはついて行けなかったかもしれない。しかし、あれだけ膨大なキャラがいると出すだけでも大変だったと思う。そのうえ新キャラもバンバン出していくとか…。個人的には、第4期をやるならあっちこっち広げすぎないで、遙たちが世界で戦うところを深く掘り下げていってほしいかな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・アンジェリカ

アンジェリカ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Aではない君と

2018年9月26日
Aではない君と。うーん…もやもやする…。何があっても殺したほうが悪いというのはそうなんだけどさ。そもそも被害者が追いつめなければこんなことにはならなかった。加害者はここから抜け出すには殺すしかないと思いつめても仕方がない。実際、殺さなければもっとエスカレートしていったんじゃないかと思う。なのに被害者の父親がひたすら被害者ぶるだけってのはどうなんだろう。息子のことを何も知らなかったくせに。事件の原因となった所行を公開しないよう求めたのも、息子の名誉を守るためというより自分を守りたかったんじゃないかなぁ。息子は殺されるほど悪いことはしていないとか言ってたけど、殺されるほどではないにしても相当なことをやったんだぞ。脅迫、強要、動物虐待など大人も真っ青なくらいの陰湿で狡猾なやり方で。特にペットには家族にも似た愛情を持っているひとも多いのに、そのペットを殺させたというね。鬼畜にもほどがある。生きていたら将来とんでもない事件を起こしてたかもしれない…と思ってしまった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・沙耶

沙耶。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

京都寺町三条のホームズ 第12話

2018年9月25日
京都寺町三条のホームズ 第12話。最終話でした。最後はやっぱり円生との対決になるだろうと思ってましたが、対決というには地味な感じに…。これからもいがみ合いながら度々対決することになるのかな。というか、葵がここまで鑑定の実力をつけているとは思わなかった。ホームズさんに教えてもらった…ってちょっと教えたからできるようになるものでもないと思う。もともといい目をもっていたにしても、知識として覚えることはたくさんあるだろうし。葵とホームズさんの関係はあまり変わらず。まあ原作も続いているのでこんな感じだろうと予想はしてました。第2期があったらいいな。最初はあんまり自分の好みじゃなさそうと思いつつ見始めたけど、何だかんだ楽しめました。いまどきめずらしいくらいわかりやすい話で、物足りないと言えばそうなのかもしれないけど、ゆるく楽しむにはちょうどいい。鑑定や推理は雰囲気で、キャラクターやその関係性を楽しむという感じかな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・アンジェリカ

アンジェリカ。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

進撃の巨人 Season3 第47話

2018年9月24日
進撃の巨人 Season3 第47話。女王に即位したヒストリアがリヴァイを殴りに行くシーンが好きなので、なくならなくてよかったと思ったんだけど、アニメだといまいちリヴァイを殴る必然性が薄いんだよなぁ。原作だと一発くらい殴って当然な感じだったし、リーブスが殴れって言ったのも良かったんだけど。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・アルティナ

アルティナ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ