食戟のソーマ 餐ノ皿

2017年12月31日
食戟のソーマ 餐ノ皿。第12話まで見ました。アニメは第1期の最初のほうだけ、原作はアニメ第2期の第1話にあたるところまでしか読んでないので、秋の選抜とか小次郎のあたりとかわからない部分もあるんだけど、十分楽しめました。大変面白かったです。こういう陰謀的なものとか親世代の因縁的なものとか大好物です…! 薊の野望の理由がまさか城一郎だったとはねぇ。普通だったら城一郎に失望して終わりだと思うんだけど、城一郎を堕落させた大衆食堂とかを全部つぶすという方向に行くのが異常。あそこまで城一郎に執着しているとなるともう恋といってもいいくらいな。ほんと城一郎は罪作りな男…。えりなも城一郎に憧れてるみたいだし。創真がその憧れの料理人の息子だと知って、えりながどういう反応をするのかも気になります。続きは4月か…待ちきれない…!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・七海

七海。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・澪

澪。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・七海

七海。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

死刑台のエレベーター

2017年12月28日
死刑台のエレベーター。大昔のフランス映画のリメイク。オリジナル作品は知りません。うーん、登場人物がどいつもこいつもという感じでもやもやする。別にいいひとじゃなくてもいいんだけど魅力がなくてさ。描き方によってはもうちょっと面白くできたんじゃないかなぁ。オリジナルを尊重したからかフランス映画っぽい雰囲気で、私はちょっと苦手。最初、阿部ちゃんが主人公かと思ってたけど、ほとんどエレベーターに閉じ込められてるだけだった(笑)。吉瀬美智子のほうが主人公だったようです。しかし、いまどき守衛が電源を落として帰るビルなんてあるの? 人がいなくても電気を必要とするものなんていっぱいあるんじゃ。防犯カメラとかセコムとか火災報知器とか冷蔵庫とかさ。そもそも夜にビルにいたらいけないの? どういう契約になってるんだ?? エレベーターもめっちゃレトロで安全対策も何もあったもんじゃない。でもこれ21世紀設定なんだよなぁ…。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・澪

澪。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・七海

七海。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・梨子

梨子。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・澪

澪。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・七海

七海。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

黒子のバスケ ウィンターカップ総集編

2017年12月21日
黒子のバスケ ウィンターカップ総集編。全3本すべて見ました。新規カットがあるとか聞いた気がするんだけど、オープニングの映像とラストのイラストだけ? 本編中にもあったのかはわからなかったです。オープニングはよく動いていてすごくかっこよかった。本編は黒子火神メインで構成してある感じ。サブキャラに焦点を当てた部分はだいたい削除。まあ、そうでもしないと収まらないからね。仕方ないよね。降旗くんが好きなのでライオンとチワワを見たかったけど、削られて当然だとも思ってる(笑)。ただ、氷室と火神の過去の確執については大事なところを端折ってたような…。これでは和解のところでどうして火神が謝っているのかわからない。もし私が見落としていただけなら申し訳ないけど。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

2017年12月17日
スター・ウォーズ/フォースの覚醒。録画してあったのを見ました。わたしスター・ウォーズは1~6まで一通り見ていますが、そこまでファンというわけでもなく、ストーリーもおおまかにしか覚えていません(特に旧3部作はうろ覚え)。それでもフォースの覚醒はなかなか楽しめました。やっぱり軸としてあるのは親子の物語なんですね。えーと、カイロ・レンはハン・ソロとレイアの子供ってことは確かで、レイははっきりしないけどルークの子供なのかなー…という気がする。ライトセーバーがカイロ・レンじゃなくてレイを選んだあたりからしても。ルークとレイアの子供だったら最強だと思ったけどさすがにそれはないか(笑)。カイロ・レンはルークのところで修行をしていたことがあるので、レイのことを知ってる? どうもそんな感じに見えたんだけど。ハン・ソロは亡くなったの? はっきりとした描写がないのでまだ信じないぞっ。フィンは死んでないんじゃ、息を吹き返すんじゃ、と思って見守ってたけど、やっぱりダメだったのかなぁ。なんかものすごく意味ありげなキャラだったのに。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

DVD付き 進撃の巨人(24)限定版

2017年12月13日
DVD付き 進撃の巨人(24)限定版 (2017/12/08)。引き続きライナー側の話。ライナーは自分でおっさんとか言ってるけど、おっさんという年齢じゃないよね…。アニ、ライナー、ベルトルトの過去を知れたのがよかった。巨人のユミルと遭遇したときのこと、ウォール・マリアを壊したときのこと、住民に紛れ込んだあとのこととか。曖昧だった部分が徐々に形になってきた感じ。なんかせつない。こんな子供にこんな重く残酷な任務を託すなんて。戦士に選ばれることは名誉ではあるけれど、大切な人は選ばれてほしくないと思うのも当然かと。いまも昔も同じことを繰り返してるんだな。病院にいたクルーガーという男はエレン・クルーガーの関係者かなと思ったんだけど…エレン・イェーガーなの?? あのエレン??? どうやってここまで来たのかも気になるし、脚も気になる。何で元通りにならない? ちょっといろいろと混乱してるんだけど。区の診療医のイェーガーと名乗った男はグリシャの父親ですよね。最初はまともそうに見えたけど、ときどき発作みたいに気が触れるのかな。いまはもうただの入院患者っぽい。ヒィルズ国というのが、ミカサやリヴァイたちの先祖がいた国なんでしょうか。あの着物のご婦人は何か意味ありげな感じだったけど関係あるのかな…これから関わってくるとか? DVDも見ました。Wall Sina, Goodbye 前編。小説のほうは読んでいないので、楽しみにしていました。アニがヒッチに押しつけられた憲兵団の仕事を真面目にやっている話。ヒッチやマルロと話をするシーンが嬉しかったし、貴族とのやりとりが見応えあったし、体術でならず者を軽々とねじ伏せるあたり格好良かったし、楽しめました。後編も楽しみです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ア・フュー・グッドメン

2017年12月11日
ア・フュー・グッドメン。録画してあったのを見ました。米海軍の仕組みがわかっていないので、理解が難しい部分もあったり。弁護士も判事も軍人なの? キャフィ中尉とギャロウェイ少佐の恋愛とか無意味にぶっこんでくるんじゃ…とちょっと警戒してたけど、そんなこともなく真面目に話が進んだのでよかった。ギャロウェイ少佐は堅物だと思っていたので、嘘の証言をさせるなんて驚いた。勝手にそんなことをしたらそりゃキャフィ中尉は怒るよ。ていうか、ギャロウェイ少佐はちょいちょい下手を打つんじゃよね。調査能力はありそうだけど法廷は向いてないんじゃ。キャフィ中尉のほうが頭の回転が速いしだいぶ優秀…ってことを、彼女自身も自覚はしているんだろうけど。キャフィ中尉はハーバードづらって言われてたけど、ハーバードってトム・クルーズみたいな顔のひとが多いの? 嘘だろ…頭がいいうえに顔もいいの…? マーキンソン中佐が自殺した理由がいまいちわからない。自殺するなら真実を証言してからにしてよ…と思ってしまった。ジェセップ大佐はバカなの? 権力にあぐらをかいてバカになっちゃったの? お偉い自分なら何をしても許されると思ってたの? 上司命令を遂行して軍規違反で除隊処分ってつらいな。上司命令に反発したら飛ばされたり消されたりしそうだし、どちらにしてもコードレッドみたいな違法な命令を受けた時点で詰みだなぁ。ドーソンは守るべきものは軍の規律でなく弱者だった…と受け入れているのがすごい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

デスノート Light up the NEW world

2017年11月26日
デスノート Light up the NEW world。録画してあったのを見ました。うーん、これだいぶカットされてる? 話がわからないわけではないんだけど、描写が足りないんじゃないかと思うところが多々。もともとこうだったらさびしいな。あと駆け引きの面白さを期待してたんだけど物足りないかなと。6冊のデスノートがあるから6人で複雑な駆け引きが展開されるのかと思ったら、3人はあっさりお亡くなりに。まあバトルロイヤル化したら尺が足りないよな。こいつがキラだったの? という驚きはあったけど、もうちょっと伏線があったほうがよかったかなぁ。私が気付いてないだけでいろいろあったんでしょうか。Lの遺伝子、夜神月の遺伝子がどうやって遺されていたのかがとても気になる。ライトのほうは子供とはっきり言ってたけど…普通に子供を作ったってこと? 海砂が母親ってわけではないよな? Lのほうは比喩的な意味での遺伝子なのかな…とちょっと思ったけど、どうなんでしょう。松田があっさり殺されてしまったことが地味にショックでした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ