仮面ライダージオウ EP32「2001:アンノウンなキオク」

仮面ライダージオウ EP32「2001:アンノウンなキオク」。アギト編の後編。本名は沢木哲也という設定を忘れてたわけではなかったんだね(笑)。でもいまも津上翔一として生きてるのはどうしてだろう。名前を戻す手続きとかもろもろ面倒だったから? あるいは公には沢木哲也だけど、当時の知り合いには当時のまま津上翔一と呼ばれてるだけ? まあ名前が何であっても自分は自分ってことなんだろうね。アギトの力が奪われて、もう翔一の見せ場はないのかなと思ってたら、G3を装着して取り返しに行くとか! そしてアギトの力を取り返しての変身シーン! SEも当時のまま! 挿入歌も当時のまま! さらにトリニティフォーム! これはテンション上がる。翔一くんが翔一くんのままだったのが何よりうれしい。話してることも、話し方も、雰囲気も何もかも。本当にありがとうの気持ちでいっぱいです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« らくがき・メ... この音とまれ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。