瑞原唯子のひとりごと

ヤッターマン

わざわざ観に行くほどでも…と思っていたのですが、誘われたので行ってきました。大のオトナが、ものっそい金を掛けて、精一杯バカやっている映画ですね(一応ほめてる)。

実写化というと格好つけたものにしたがる傾向があるように思うのですが、見事に格好つけてないです。アニメよりバカやってます。ネタは下品寄りのものが多かったなぁ…。とりあえずアイドル櫻井翔くんファンは卒倒しそうなシーン(フトモモ)があるので覚悟するが良い(笑)。

全体的にディテールやネタ部分にこだわりすぎて、ストーリーの流れとしてはかなり間延びした部分が多かったです。まあ、雰囲気やネタを楽しむためだと思えば、これでもいいのかなと思ったり。

雰囲気はかなりアニメに近いです。別物として見ようとしても無理なくらい。人間以外(ヤッターワン、オモッチャマ、ドクロベエ、ナレーション等)は、アニメと同じ声だし、音楽もアニメのを踏襲しています。メカの 3D化も何の違和感もないくらい見事です。ドロンボー一味もいい感じ。

ただ、ヤッターマン2号だけがちょっとイメージ違うかな。顔は可愛いんだけど喋るとなぁ…。もうちょっと若くてキャピっとした子が良かったんだけど。なんか完全にドロンジョに負けてます。ヒロインは完全にドロンジョでした。それが狙いだったのかもしれないけれど。

フカキョンドロンジョはめっちゃ可愛かったです! すごく乙女だった(笑)。でも、ちゃんとドロンジョの喋り方とか雰囲気つかんでたと思う。これだけでも観に行った甲斐がありました。

声優さんがネタ的に実写で登場してたのには驚きました。いろんなネタを仕込んできますなー。

えーと、ドクロストーンは某クリスタルスカルだったようです(笑)。最初だけかと思ったら、最後までそうでした…。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最近の画像もっと見る

最近の「映画」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー