瑞原唯子のひとりごと

オブリビオン

1回見ただけではよくわからない、という話を聞いていましたが、本当に後半は理解の難しい部分がいろいろありました。説明が少なくて「え、何をしようとしているの?」ということが度々ありますね。見ているうちにわかることもあれば、最後までわからなかったものもあり。あえて描かずに「ご想像にお任せします」的な部分と、自分が見逃してるか忘れてるかで理解出来てない部分と、時間が足りなくて説明が割愛された部分とがあるのかな。

クライマックスあたりは「むかし、アニメでこういうの見たなぁ」と思ってしまいました(笑)。SF的には王道なのかもしれませんね。ただ、敵さんが何の目的でやっているのかがわからなくてもやもやする…。正体も不明だし…。

ラストのジャックは別人なんだよね? 一瞬、入れ替わってたのかなと思ったけど、それならあの隠れ家を三年も探してないだろうし。うーん、生物学的には同じでも別人だとしたら、なんか微妙だよね。どう対応したらいいか困るよね。そもそものジャックも別人ではあるけどさ…。

個人的にはジュリアよりヴィカのほうに気持ちが入っちゃってました。いきなり現れた美女が妻とか言われてもな! 基本は任務に忠実なんだけどそれだけじゃなく、ジャックに想いを寄せているのがわかるし、そういうところに人間っぽさがあって良いなと。

映像はすごくきれいでした。雄大な自然とメカの対比が美しいです。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最近の画像もっと見る

最近の「映画」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事