瑞原唯子のひとりごと

フッテージ


フッテージ。一発屋のノンフィクション作家が、殺人事件の現場となった一軒家に越してきて、その事件について調べて書こうとするが…という話。サスペンスかと思って見始めたんだけどオカルトホラーでした。でも全然怖くなかった。冒頭の8ミリフィルムがいい味を出していたから期待したんだけどね。怖がらせたい場面で無駄に尺をとって間延びしている感。事件の謎というかオチというかそのあたりも何か釈然としなくて。引っ越したら…というのがなぜなのかわからなかった。オカルトだと何でもありな感じになっちゃうけど、どうしてこの事件を起こしているのか、起こすようになったのか、もうすこし納得のいくように描いてほしかった。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最近の画像もっと見る

最近の「映画」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事