瑞原唯子のひとりごと

「東京ラビリンス」番外編・ボーダーライン2

「おはよう、山田君」
「ん……ああ……」
 自席に座りながら声を掛けてきた澪に、隣の山田はビクリとして曖昧に返事をした。澪とはとても目を合わせられない。しかし、目を伏せるとギプスで固定された右腕が見え、嫌でもきのうの出来事が思い出される。お互いきのうのことは水に流したつもりだが、それでもバツの悪さと気まずさが消えるわけではない。
「あの……」
 澪は机から少し身を乗り出して、おずおずと声を掛けてきた。
「えっと、その、きのうはゴメンね。まだちゃんと謝ってなかったから」
 ほんのり頬を染めて目を泳がせながら、一生懸命に謝罪の気持ちを伝えようとする。山田としては、澪の「お互いさま」という言葉で終わった気になっていたが、よく考えてみれば、自分は謝罪どころかひたすら口を噤んでいただけである。彼女よりはるかにずっと情けない。
「俺も……ごめん……」
「うん、じゃあ仲直りだね」
 澪はほっと安堵の息をつきながらそう言うと、まだ少し頬を染めたまま、きのうまでと変わらない可憐な笑顔を見せた。山田もつられて笑顔になる。もう二人の間にわだかまりは感じられなかった。

 ただ、遥が後ろから仄暗い目で眺めていたことに、山田は気付いていなかった。

「くっそ、片手はけっこう不便だな」
 右腕を怪我したことで、着替えはもちろん、今まで意識せずにやっていたちょっとした動作も、片手では難しいのだとあらためて気付かされた。ズボンのファスナーを上げるのも一苦労である。今も、誰もいない放課後の男子トイレで、ひとり悪戦苦闘しているところだ。
 そのとき――。
 きれいな手がいきなり自分の手を払いのけ、力任せにファスナーを引き上げる。
「橘っ?!」
 山田は驚いて後方に飛び退き、その勢いでガラス窓に後頭部を打ちつけた。
 ここは男子トイレである。当然ながら、そこにいたのは澪でなく、双子の兄である遥の方だ。わかっていても、あまりにも似ているのでドキリとしてしまう。その面差しも、背格好も、きれいな手も、澪とそっくりでまるで女の子のようだった。
「それ以上、怪我しないでよ」
「あ、ああ……」
 窓側に張り付いたまま放心状態で見とれていた山田に、遥は冷たい目を向ける。その表情は、決して澪が見せることのないものだ。山田はゾクリと身体が震えるのを感じた。
「澪に変な期待するのはやめてくれる?」
「えっ?」
 前置きもなく突きつけられた遥の言葉を、山田は理解できなかった。変な期待というのはいったいどういう――不思議そうに見つめ返していると、遥は眉根を寄せ、若干声を低めて直接的な表現で言い換える。
「澪は君のことが好きなわけじゃない」
「そんなこと……おまえにわからないだろ」
「わかるよ。澪は誰に対してもああだから」
 彼の主張は理解したが、山田としては余計なお世話と言わざるを得ない。
「あんな顔で笑って、顔を赤らめて、顔を近づけてきて、あれで好きじゃなかったら何だってんだよ。キ……あのことだって……別に怒ってはないみたいだし。突き飛ばしたのは単純に驚いたからで、嫌がってたわけじゃないだろ」
「へぇ……」
 遥は平坦な声でそう言うと、大きく一歩踏み出して間合いを詰めた。そして、外見からは想像もつかない馬鹿力で左手首を掴み、踵を上げ、互いの息が触れ合うほどに顔を近づける。その肌は雪のように白く、きめ細やかで、柔らかそうで――至近距離で見るとますます女の子のようだ。澪と同様の大きな漆黒の瞳が、瞬ぎもせず自分を見つめている。山田の顔はみるみる熱を帯びていった。
「そんなに顔を赤くしてどうしたの? 照れてるの? 僕のことが好きなの?」
「ちがっ……」
 上目遣いで不敵な笑みを浮かべる遥にあたふたし、思わず後ずさろうとするが、後ろは壁で一歩も下がることはできない。掴まれた手首を振り切ろうとしてもビクともしない。遥はもう片方の手を山田の肩に掛けて、まるで寄りかかるように密着する。そして――。
「!!」
 あろうことか、山田の唇に、彼自身の唇を押し当ててきた。あたたかく、柔らかく、吸い付くような生々しい感触。頭の中は真っ白でもう何も考えられない。
 やがて、そっと唇が離れた。
 拘束されていた手首も解放され、山田はガクガクと膝を震わせて崩れるようにへたり込んだ。そこがトイレであることなど、今の彼には問題ではなかった。倒れかかった上体を支えるように左手を床につく。その手首には、くっきりと指のあとが残っていた。
「少しはわかった? 勝手に好きだと決めつけられて、無理やりキスされるのがどんな気持ちか」
 上から振ってきた声に、山田はおそるおそる顔を上げる。自分をじっと見下ろす遥の眼差しは、蔑みに満ちた冷淡なもので、その威圧感に全身から汗が噴き出すのを感じた。おそらく、これは報復であり警告だ。澪に近づくことは決して許さないという強烈なまでの意志を感じる。それだけのために、体を張ってこんなことまでするのだから――。
 遥は素っ気なく背を向けて去っていく。だが、出入り口の前で立ち止まると、扉に片手をかけて体半分だけ振り返った。
「そうだ、何か不便なことがあったら、澪じゃなく僕に言ってよ。何でもしてあげるから」
 そう言って、まるで挑みかけるようにニッと笑う。
 自分に向けられたその艶然とした表情に、山田は身震いとすると同時に、自然と鼓動が高鳴っていくのを感じた。またしても顔が熱くなっている。しかし、遥はそれに言及することなく、無愛想につれない態度で男子トイレをあとにした。

「わから……ねぇよ……」
 一人残された山田は、トイレの床に座り込んだままぼそりと呟く。
 いつまでも顔が火照ったまま冷めないことが、何とも歯がゆくもどかしかった。


…これまでのお話は「東京ラビリンス」でご覧ください。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最近の画像もっと見る

最近の「小説」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事