ピアノの森 #23 ヒーロー/#24 世界一のピアニスト

ピアノの森 #23 ヒーロー/#24 世界一のピアニスト。最終話でした。思ったよりずっと後味のいい終わり方でほっとしたし、胸が熱くなりました。審査方法が変わらなければ、公表するという話にならなければ、カイが優勝することはなかったんだろうな。でもあんないきなり審査方法を変更するなんて、普通ありえないと思うんだけどね。コンクールの真っ最中だぞ。次回から検討するとかならわかるんだけど。ショパン・コンクールって意外と緩いのか? 何にせよ正当な審査でカイが優勝できてよかった。修平の壊れたみたいな喜びようを見て笑ってしまった。数日前にはカイのことをずっと嫌いだったとか言ってたのにね(笑)。誉子はまだピアノを続けていたんですね。5年後に挑戦すると言っているくらいだから、それを目指せるくらいの位置にはいるってことかな? 手の医者のことはずっと気になってました。修平にも何か深刻そうに打ち明けていたし。カイの手は大丈夫なのか、演奏が乱れるんじゃないか、ピアニストになれないんじゃないか、とかいろいろ心配していたんだけど…阿字野のほうだったのか! ミスリードするような描き方しやがって…よかったけども! でも阿字野が怒りを感じるのも冷静でいられないのもわかる。教え子にこんなことまでさせて、しかもすごく大事な時期に、先生としてあまりに不甲斐ないと思っちゃうよね。手術して手が元通りになったとしても、以前のような演奏ができるかわからないという不安もあったんじゃないかな。ずっと怪我をした手で弾いていたんだからその癖がついているだろうし…と思っていたら、やっぱりリハビリが上手くいかないと。しかしまさかカイがワールドツアーをほっぽり出して帰ってくるとは思わなかった。任意参加だとしても途中でキャンセルはまずくない? ワールドツアーを終えてからでもよかったのでは…どのくらいかかるのか知らないけど。阿字野のリハビリで師弟逆転した感じなのがなんか微笑ましかった。ラストは何年後かわからないけど阿字野の復活リサイタル。パン・ウェイは来てるだろうなと思ってました! レフもいる…と思ったら隣にいるのはエミリア?! え、本当に目覚めて元気になったの? レフの想像ってわけじゃないよね?? 本当に元気になったのならよかった。アンコールで阿字野とカイが一緒にというのが胸熱です。パン・ウェイの養父がどうなったのかがちょっと気になってる。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« らくがき・遥 らくがき・七海 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。