BLOOD+ 12

BLOOD+ 12。見ました。いや~、恥ずかしい巻でした!(笑)。ソロモンすげぇよ。見たのは 2回目なのに、やっぱり耐えられずに吹き出すこと数度。なかなか直視できません。ああ、もう一回見よう(笑)。なんだかんだ云っても結局、好きなんだな…。

カルマン、モーゼスもちょっと恥ずかしいですね。でも、こっちは笑えなくて、逆にオイオイ! と言いたくなる。ルルゥ残して心中かよ! みたいな。ルルゥは最後には本当に沖縄までついてきちゃいましたね。

真央はやっぱり良いですわ。気が強くてキツいけれど、優しくていい子です。すごく好き。「今のあんたは隙だらけ」のあたりとか良いなぁ。ハジを見て「相手が悪すぎるか…」のつぶやきは、笑うところじゃないけど笑ってしまいましたよ。

キャストインタビューは小夜役の喜多村英梨さんとハジ役の小西克幸さん。2回目です。今回はアフレコを終えてのインタビューですね。喜多村さん、好きなキャラクターが「研究員A」って…! えらいところついてきましたなぁ。小西さんは、すごく的確に BLOOD+について語っていました。カイについてのところとか。

BLOOD+@SKY BLUE
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「遠くの光に踵を上げて」第80話 天使の名を持つ少女

 サイファは呼び鈴を鳴らした。
 中で濁った鐘の音が響いた。
 すぐに、古めかしい重厚な扉が、ギィと音を立てて開いた。中から姿を現したのは、小柄な若い女性だった。肩よりやや長いくらいの黒髪、わずかに茶色がかった黒い瞳。そして、地味な黒いワンピースと白いエプロンを身につけている。どうやらメイドのようだ。
「サイファ様、ですね」
 彼が名乗るより早く、彼女は抑揚のない声で尋ねた。
「ああ」
 サイファは短く返事をした。ズボンのポケットの中に左手を入れる。
「どうぞ、こちらへ」
 メイドは彼を中へ招き入れ、先導した。広い廊下から細い廊下へと進んでいき、突き当たりの扉の前で足を止めた。
 コンコン。
 軽く二度、扉を叩く。
「サイファ様をお連れしました」
「入れ」
 中から低い声が聞こえた。重く、威圧的な響きである。
 メイドは静かに扉を開けた。
 その部屋は書斎だった。広くはないが、小奇麗に片付けられている。微かに、古い本の黴びたような匂いがした。奥にはがっちりとした体格の男が座っていた。アンティークな机に肘をつき、戸口のふたりにじっと視線を送っている。
「フラウ、おまえは下がれ。茶もいらん。しばらく近づくな」
「かしこまりました、ルーファス様」
 メイドは一礼すると、すっと下がり、静かに扉を閉めた。軽い足音が遠ざかり、消えていく。
「すまないな、当主であるおまえを呼びつけてしまって」
 ルーファスは素っ気なく言った。すまないなどと思っていないことは明白だった。
「いえ、長老の命令には逆らえませんから」
 サイファはにっこりと大きく微笑んだ。
 ルーファスはわずかに眉をひそめた。
「まったく、おまえという奴は……。わかっていても口には出さぬ慣わしだ」
「あなたこそ、しらを切らなくても良いのですか」
 サイファは笑顔を保ったまま切り返した。
 長老会はラグランジェ家の重要事項に関する決定権を有している。その存在は当主以外には隠され、個々のメンバーについては当主にさえ知らされない。そのため、メンバーの察しがついても、それについては語らないのが暗黙のルールとなっているのだ。
 ルーファスは顔の前で両手を組み、ため息をついた。
「まあ、今は異常時だ。互いの立場をはっきりさせた方が、都合が良いだろう」
「今日の話のためにも、ですね」
 サイファがここへやってきたのは、話があるとルーファスに呼ばれたからだった。彼の話がどのようなものかは見当がついた。おそらく、アンジェリカのことだろう。正式にラグランジェ家の後継者とするための準備を進めるつもりに違いない。だが、サイファには、彼らの思いどおりにさせるつもりはなかった。
「あなたの話の前に、私の提案を聞いていただけませんか」
 険しいくらいに真面目な顔になり、丁寧な口調で頼んだ。
 ルーファスは鋭い目つきで彼を見上げた。
「良かろう」
 重々しい声で許可を出す。
 サイファは顎をわずかに上げると、口元に微かな笑みをのせた。
「ラグランジェ家を解体しましょう」
 ルーファスの眉がわずかにぴくりと動いた。
「冗談にしては面白みに欠けるな」
 ほとんど表情を変えず、抑えぎみに低音を響かせる。
 サイファはにっこりと微笑んだ。
「純血に拘泥することをやめ、本家筋のみを残して解体すれば、すべての問題が解決する、そう思いませんか」
 そこまで言うと、脇に抱えていた青いファイルを机の上に置いた。ノート数冊分ほどの厚みがある。表紙には何も書かれていない。
 ルーファスはそれを一瞥すると、ギロリとサイファを睨んだ。


…続きは「遠くの光に踵を上げて」でご覧ください。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・沙耶

沙耶。やる気のない絵です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )