parasite soul

聞け!パラサイトの魂の叫びを!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

心のこり~cc.LemonHALL~

2007-12-27 | COVER HALL 2007

こないだツアーが始まるんだって、と浮かれていたと思ったら
あっという間にやってきた千秋楽。
オーガスタに貢ぎ始めて6年目にして初めてブギーからいただいたご褒美は
千秋楽レモン、プラチナチケッツであった。
自力で初のヒトケタである。端っことはいえ。
全滅したまさ友さんも多い中、なんという幸運。
オーキャンで後ろに追いやられても、私がいいコにしてたからね。うふふ。
ブギーへの感謝の念と幸せを噛みしめながらスースーレモンへむかった。

                     

本日のお召し物はうす紫シャツ。
遠くから見てたら白シャツにも見えるけど
近くでみたらしっかり紫ね。いいわね近くって。うふ。
今ツアー、ステージ上手寄りの席が多く
譜面台でギターをかきならす腕がよく見えず
自分をギターに置き換えてまさよしに撫でまわされるのを
頭の中で空想するしかなかったのだが←変態
今回はゲンちゃん寄り。しっかりくっきりと確認できたので
よりいっそうリアルに空想することができ楽しさ2バーイ!←極変態

最後の「ス・ト・リ・ッ・パ・ー」 やっぱりかっこいいなー。
ジュリーの歌はまさやんにとってもあっている。
12/4レモンがDVDになる時(希望)映像に残すことをジュリーは許してくれるんだろうか。
『~すべてを脱ぎ捨てーたーらーおーいで~』
                   ↑この部分秀樹風になってるところがカッコE!
「アンダルシア」は、CDのアレンジが最強すぎるのでライブはどうかなぁと思ってたけど
なかなかどうして、ライブアレンジもさすがの仕上がり。←何様
特に間奏のハープと『暗闇からマシンガンが(ダダダダダダダダッ)』のところの照明が
しびれるなぁ。。。もう聴けないのかぁ。。。。。
そして始まった「ドミノ」で早くもダム決壊。
楽しかったCOVER HALL TOURの思い出が走馬灯のように
くるくると飛んで飛んで回って回って回る。早いねん。ちくしょうめ。


 『こんばんは。山崎まさよしです。
COVERHALLツアー千秋楽ということでね。。。。。よー来たねぇーー』
と田舎のばぁちゃんが孫にいうようにいう。
うん!おばあちゃん。僕ひとりでここまでこれたよ!
あははははーと笑いながらもじんわり涙ぐむわたし。。
ほんまに、苦労してやっとの思いでここに来たんやで。
チケットとるのほんまにほんまに大変やったんやから。。
あ、私は大変じゃなかったけど大変だった人のキモチを勝手に思い
勝手に涙ぐんでおきました。どういたしまして。
そしてこの日はご存知のとおり平成天皇のお誕生日。
会場から「おめでとー!」の声がとぶ。愛国心の強いお客さんだ←違
 『なんのこと?』ととぼけるまさやん。恥ずかしいのね。
 『この世に生を受けて36年ということでねー』
パチパチパチパチパチーーーいつまでも鳴り止まない拍手に照れくさそうだ。
いいとものタモリのようにしたかったんだろう。
わーーーー!チャッ!チャッチャッチャッ!っていうやつ。
最初の煽りが適当だったため、締りの悪い締めになり
『中途ハンパやなー』と大木こだま師匠のようにいってたけど
むしろ大木ひびき並に中途半端だったのは、あなたの方ですから。
『このようなめでたい席ではありますが・・・・いやほんま照れるんですよこーゆうーの』
『何年か前もここスースーレモンホールでありましたけどね。
 その時もみなさんに手厚く。。。。葬っていただいた。うはははー』
手厚くといえば葬るになるわなそら。
 『最後までごゆっくり楽しんでいってください』
 
「True Colors」
CD聴いてたときはサラっと流してた曲なのに
ライブで聴いてガラっと自分の中の順位が上がった曲。 
歌詞の意味はよくわからないが(だってニッポン人だからーーー)
鼻の奥がツンとなる。

ご当地ソングのコーナー
『カバーアルバムが出たんだって?ミーとケイ。』 というスのボケに
ピンクレディーのフリをして答える二人。
新曲を今から作ろう!という件では
『最近ネタに困ってんのよ~煮詰まってんのよ。』と流行のおネェ系?
どんな曲をつくる?とたずねられ『ご当地ソング?』といったのに
『古いよ~いつの話してんの?』と返され戸惑うまさよし。
『あれ?置き去り?』と不安げな表情がそそるぜベイベー。
今日は”山崎まさよしご本人ソング”という新たな切り口。
タイトルの~ひとり酒~から
本人は大否定していたがおっぱい星人~渋谷DE千鳥足まで
まさよしファンならではのお言葉満載で会場大爆笑であった。
”関西のモーツァルト”というくだりでは
『それってアイツちゃうか。・・・キダタローやろ』
浪花のモーツァルトつかまえて、アイツってえらそうに。
『ろくでもないな』とつぶやいてはいたが
曲全体は千秋楽の風格か、完璧な仕上がりであった。
 
モノマネとカバーの違い。
中野から登場した『犬や猫のカバーはないだろう』という説明だった。
『タローでーすジローでーす。南極物語でーす。』は非常にわかりにくい。
モノマネコーナーでは秋川さん再び。
今回は『死んでなんかいません~♪』のフレーズが入っていた。
そしてブルーハツも再び。
これも歌い始める前の形態模写が激しくなっていた。
さすが、進化する男
わかりづらい~~~とおねだりを続けるスとお客さんに
追加で出してくれたモノマネは。。。。
『俺にこの先なんかあったら。。。助けてや』と始めた長渕剛!
あぅ~あぅ~あぅ~あぅ~♪←これ似てると思うんだけどなぁ。
ルパンや銭形と同レベルだと。。

「トランジスタラジオ」明けの立ち位置はステージ中央。
ってことは『月』なのか~。
最後は玉ねぎだと思ったけどな。
どちらかといえば「月」派の私はうれしかったけど。
最後のああ~ああ~ああ~ああ~~の低音にお尻がこそばくなる。
最後の与作を忘れたのは、次が気になっていたからか?
ピアノ前に向かうまさやん。「玉ねぎ」もいただきました。
大阪初日、グランキューブで初めて耳にしたときは
驚きと違和感満載だった「コイン」
原曲の静かな趣が大好きだったからあまりのアレンジ違いに呆然。
しかし、あっという間に壮大な力強いコインにもっていかれた。
近頃では、オリジナルのコインを聞くとなんだか物足りないくらいである。
怒涛のオリジナル攻撃も今日で最後。
カバーツアーということを完全に忘れる時間である。
「ステレオ」のお客さんのレスポンスも私が参加した中では最大だった。
手錠をかけられる時間がいつもより長かった?「苦悩のマタニティ」
最近のまさやんに多いガナリ・うなりがたまらん
「ヤサ男」「アドレナリン」でスースーレモンにはアドレナリンが噴出していた。
はじける笑顔満載。アイドルか!ハロプロか!と思うようなキラキラ笑顔だ
もうこうなると演奏どうこう声がどうこうではない。
いや、決して悪かったってわけではなくね、もちろん。
ただこの気持ちいい空間と瞬間に身を委ねるのみだ。

アンコールのコスプレもこれが見納め。
Tシャツになってくれてよかった。うん。
まさやんは引き続きご機嫌で『アーォゥッ!』的な雄たけびを上げていた。
「All My Loving」でも大好物のうなり・がなりをたっぷりいただきました。
とっても気持ちよさそうに歌うまさやんを見て、またもや楽の実感が突然。

楽限定Tシャツを着て再び登場したまさよし。
手を振りながらそのまま上手にはけていくというボケもお約束になったのか。
『なかなか。。。腹にいちもつございまして。』と意味不明の言葉のあと
ゲストとして紹介されたのは「鮎貝健」さん。
まさよしより、だいぶ顔が濃ゆかった。以上。
そして、いよいよだ。松本伊代もマッチに待った新曲話。
『先ほどもね新曲がないって・・・(会場大拍手)・・・まだ何もゆうてへんやないか』
もう~みんなが知ってるって知ってるくせに~。いけずぅ~
『OK~これから俺が~ちょっと~早いけど~』
何をいいだすねんどないしてん!BoonBoonはラップなんか?
しかもちょっとずれてるしするとパンチラスがすかさずリズムを出す。
『クリスマス~プレゼント~ お前らに~』いや~んお前らって~
リズムに助けられたまさよしは『サンキュー』とお礼をいっていた。
親しき仲にも礼儀あり。
『できたばっかりなんで・・・さわりだけでも』の声に
会場から大ブーイング!なによ~けちー全部やってよ~~~
『いろいろ都合があるんじゃっ』いや~ん怒ってもすてき~
『やってみようか』の一言にキュインと胸を衝かれた。
私はカバー肯定派だ。むしろ大好きである。
今回のツアーでオリジナルが少ないのも納得。
むしろこんな機会だしカバーだけでもいいぜよ。
と、寛容な心をアピールしていたぐらいだ。誰に?
ツアーにもまったくもって大満足している。
ほんとうにほんとうにほんとうに楽しかった。ほんとうに。
だけどもだ・け・ど
新曲「真夜中のBoonBoon」を耳にした瞬間にこみあげるこの思い
そうか。自分自身でも気づいていなかったが
私もやっぱりオリジナルを待ってたのだ。
オリジナルあってのカバーだと。キラキラ☆
あ、そんなことみんなわかってましたかそうですか。
タイトル聞いた瞬間は
どうしてもヒロミゴーが『Yes!高須クリニック!』と出てきてしまうのだが
まさよし自身もそれを感じているのか?
曲紹介のときは『BoonBoon』をあえて強調していっていた。
私が感じた印象だと「未完成」風?
以前、何かで『恋愛のことはもうええ。これからはサラリーマンの悲哀を書く』と
いってたことを思い出した。
でも、悲哀というよりはもうちょっと前向きな、応援歌チックな詞だった。
「ビルの谷間の月をめざせ~」という最後のリフレインに強い思いを感じる。
曲調は「未完成」よりももうちょっとアップテンポな感じ。
「NAVEL」まではいかないか。
オーキャンver.の「ADDRESS」とか?
うーーーーーん。ま、そのうちわかりますわ。
鳴り止まない大拍手を前に
『新曲やっちゃった』のコメントいったときは
『俺ってかわいいやろ』って絶対思ってたなあいつ。
くっそーーかわいいやないか~~(ドンドンッと机を叩く)←思うツボ


そしてそしていよいよ松本伊代も涙する「いかれたBaby」だ。
これでほんとにほんとにおわり。終わってしまう。
『この曲を歌うといつも”音楽をやっててよかったな~”と感じます。
 これからも皆さんの心に響いていけばなーと思います』
曲と同様にとびきりシンプルな締めの言葉で始まった「いかれたBaby」は
とってもよかったけれど。泣きはしなかった。
まさやん自身がとても大事に大事に歌っているのが伝わるこの曲。
シンプルな詞がまさやんの声にのって胸に響いてくる。
たくさんの思いが詰まったアカペラの歌声で
COVER HALL TOURは幕を閉じた。

                     


公演数が少なすぎる。期間が短いねん。
と、文句はいってみたものの
なんだかんだと半数以上の公演に足を運ぶことができ
それぞれ違った印象のステージを見ることもできて非常に満足。
激戦の楽日に劇近まさやんを堪能でき、何度もちびりそうになったし。
ブギーさんほんとにありがとう僕これからもイイコにしてるよ。
各地でのまさ友との交流も含め、ほんとうに楽しい二ヶ月間だった。
すべてを終えた今。
まさよしファンになってよかったなぁとしみじみ思うのである。

しかし、つくづく残念なのは
私が今回のカバーアルバムで一番大好きだったジャミロさんが聞けなかったこと。
だってあんなのOKSでやるわけないしさー。
今回のツアー逃すと一生聞けないんじゃないのー。ぶーぶー。
生あはははははははははははは~ん♪を聞きたかったのは私だけじゃないはずだ。
各地のアンケートでも「噛んでもいいからジャミロやってくれ」
「途中まででいいからジャミロを」「さわりだけでも」としつこく書いたんだけどなー。
ご当地アンケートでも
「○○といえばジャミロクワイの出身地!」とか書いたのに。
うっかりだまされてやってくれる度量をみせてほしかったものだ
これだけはほんとに心のこりだ。私馬鹿よねお馬鹿さんよね。


あらやだ。
最後の最後を文句でしめるなんて。
いや、ほんとにほんとに楽しかったんだって。ほんとに。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« ダイナマイト四国~香川県県... | トップ | そろそろ書かなくちゃ »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
姉やん~おもしろかった~ (すぅ~☆)
2007-12-28 21:34:06
ちょっと~姉やん姉やん半数以上行ってるのに…
何故に九州までは来てくださらぬのか

ジャミロさんは、シクる確率が高いんできっと外したんっすよ
ま。。。結構シクってますけどね…おっぱい星人(笑)

真夜中のBoonBoonはTVでもHPでも聞いたんですYO~(もうそろそろ潮時か)でもどっちもナレーションがうるさくってうるさくって
あくまでもドラマがメインなのは重々承知なんですYO~でもさでもさ、BBSにもあんなに沢山の山崎さんって文字これは注目されてる証拠でしょ~ぜひ歌のみで聞かせて頂きたい

あ…ファンやめませんから来て下さいよ九州
大歓迎しますから
いいなぁ・・・☆ (my star)
2007-12-29 02:28:59
Boogieスタンプがたまってご褒美もらえたのね。 
投げキッス、もらえましたか?

celeryさんのレポなくしてツアーは終われない、と待ちに待ってました。
今回はカバーツアーだったはずなのに、私のツボは「コイン」だったかも。
True Colorsも、いかれた babyも玉ねぎもいいけど、月は聴けなかったけど、やっぱりオリジナルはいい

来年のツアーが楽しみ←勝手にアルバムが出ると決めつけている
お疲れ様でした (Shin)
2007-12-29 09:58:52
ツアーが決まるまで今年は「生まさやん見れないかも」と思っていたけど、結局4公演参加出来ました。

ご機嫌さんのまさやんを見れて、凄く楽しかったです。
私の心のこりは、大阪会場の音の悪さかな

今年も数々の大作レポありがとう
苦悩。。 (リコ)
2007-12-30 03:12:06
千秋楽で手錠ポーズを双眼鏡でガン見しようと
意気込んでたら・・・
ギリギリまで待って焦りながら双眼鏡を覗いたらキタローさんのアップ
焦って、すぐ左に・・・もう手を下げてました

しょせんこんなもんなんだ・・・アタシって

千秋楽のレポ楽しく読ませてもらったYO
また、会える日を楽しみにしてまーす
楽しい日々を・・・ (ちぃ)
2007-12-30 15:34:52
ありがとうおねーさま。

やっぱりほとんど行動を共にしたね★
ありがと~。


本間楽しかった!!


でもジャミロさん・・・
聴きたかったよね~


でもあたしにとっての心のこりは
やっぱりナンバーワンに行けなかった事だわ・・・

クスン


来年もよろしくね!!

Unknown (イズミ)
2007-12-31 12:07:40
ツアー終わってから、まだ1週間ちょいしかたってないのに。
はるか昔の事のような気がします
終わったんですよね。。。って暗っっ!!

COVER HALLは、celeryさん達と出会えて記念のツアーになりました♪
カナケン公演は、多分一生忘れません☆色んな意味で・・・←まだ根にもってる(笑)
Re: (celery)
2008-02-13 22:18:27
◎すぅ~☆ちゃん
あけましておめでとう。旧正月。
九州は東北と並んで未踏の地。
日程さえあえば、行く気はマンマンです。
その節はよろしくん。

◎my starさん
今年もよろしくお願いしますね。
よろしくお願いしますよほんとに。

コインは私もなかなかのツボでした。
一発目はあまりの変身っぷりにドン引きだったんですよ正直。
でも聞けば聞くほど心にしみますわ。
今のまさやんの声にあうアレンジなんですかねぇ。

◎Shinさん
大阪会場の音の悪さはしばらく我慢しないと
いかんのかなぁ。。
私が府知事に当選してたら
いいホールをつくったのになぁ。
橋下になったからなぁ。。。。

◎リコ様
手錠のポーズ。
もうすでに記憶に薄いです(涙)
リコ様にいただいたブツのおかげで
今を楽しめています。
かなり楽しんでいます。
あれとかあれとかあれとかで。うへへへへ。

◎ちぃぼう
今回ほんまに同行が多くて楽しさ倍増でした。
次も一緒にがんばろうねー。
ちぃぼうの若さについていくから。
大丈夫。ついていけるから。
ちょっとゆっくりめでお願い。

◎イズミちゃん
ツアー終わって約二ヶ月たったけどまだ暗い?
私はまぁまぁ明るいで。
明るかったけど、先日暗くなったで。
毎日泣いてるで。
だって行く気マンマンやったんやもん五月
イズミちゃんはどうやったんやろう。

今年もそこかしこで会えますように

コメントを投稿

COVER HALL 2007」カテゴリの最新記事