parasite soul

聞け!パラサイトの魂の叫びを!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

SWEET MEMORIES~グランキューブ初日~

2007-12-01 | COVER HALL 2007

初日の初々しいまさよしに会う為に
旅行を一日繰り上げて札幌に友を残し急いで急いで戻ってきた。
こちらの空港についた途端、ムッと熱気が。
飛行機乗り間違えた?めんそーれ?と思うほどの暑さであった。
このアツサ。私の情熱に違いない。←気温です。
北海道はそれはそれは寒くて、ダウンジャケットが丁度よかったのに。
帰りの飛行機は修学旅行生が一緒で、まぁやかましいやかましい。
だけど「関西を楽しんでね(にっこり)」と微笑む余裕の天使(私)
まさやんは世界平和に役立っている
大至急おうちに帰り、お土産出して洗濯物だして
顔の熊毛もキレイに剃って って生えてへんわ!
そういうわけで会場に向かった。

さて、このツアー。
まさ友とのうちあげでも賛否両論。
確かに色々思うところある方もいらっしゃるだろう。
いつもまさやんには超甘の私は。。。。。。。。。。。。。。。
めっちゃ楽しかったぁーーー←やっぱり

今回、ツアー参戦がまだ先になるというそこのあなた!
レポはぐっと我慢することをお薦めします。
数々のサプライズがあり、それはもうあっと驚く染五郎。←惜しい
素晴らしいレポをたくさん書いてくださってる方もおられるだろうが
努力そして強靱な精神力でなんとか耐え忍んでいただきたい。
絶対の絶対に。その方が楽しいから。絶対の絶対に
そんなんいうなら書くなよレポ。ざっくりである。ざっくり。

                         

ステージを見て驚く。「なんか、お金かかってんなぁ。。」
そう。今年うっかり4回も嵐にいってド派手なステージもすっかり慣れた私であるが
まさやんのステージは質素、否、シンプルだという意識は根強いため
まず、自分の想像以上の煌びやかさに驚いてしまった。
だって!ミラーボールあるんすよ
はっはぁーん。コレオープニングは午後のパレードに違いない。そんなアホな。
ステージ両サイドにはツアーTシャツにもなっているジュークボックス。
そしてよく見るとステージ全体が大きなジュークボックスになっているのである。
ジュークボックスの中にまさやんたちがいるといえばいいのか・・・?
うーん。まぁ、見たらわかりますわ。←投げた
そしてセンターには「CoverHall」とコカコーラのような字体での赤色ネオンサイン。
ヒッパレーヒッパレーの軽快な音楽とともに回りだすミラーボール。
これはオープニングは午後パレに間違いない。いやそんなわけないってば。
まさやんが登場。なんと!お帽子をかぶっているではないか。
いやーーんステキー
白いボルサリーノを粋に決めイカすベージュの革靴(?)を履いていた
が、別に電話は呼び止めなかった。
えんじ?色か紫色のシャツ。はだけた胸元にはネックレスが光る。
い・い・え。光っているのはあなたねまさよし
胸元ははだけているのによく見ると首には細いネクタイがゆるりと巻かれている。
よーく見ると、茶色のベルベット風生地?
やけにパリッとしたジーンズにシャツはきっちりとIN
石原良純かえなりかずきばりの育ちのよさがあらわれてるわ。
例えがおかしいねん。そもそもえなりは育ちええんか。
ベルトは黒地でサイドに色の違ういくつかの四角い皮が
り付けられ上から鋲がうってある。
頭はコンパクトにおしゃれにまとまっているわ。

さて。これは、ジュリーか。きっと勝手にしやがれだな。
オープニングがカバー。しかもアルバムに入ってない。
ということで私の予想「午後パレ」もはそう遠くなかったのだ。(偶然)
ヒッパレーヒッパレーの音楽の中DJの声が流れ、曲が始まる。
しかし。。。。なんだこれ?違う。勝手にしやがれじゃない。。。。
なんと「ス・ト・リ・ッ・パー」だ!
って、ご存知ですか?いや、私も決してジュリー世代ではないが、
あの時代。歌番組がとっても多かったため、
このあたりの歌は記憶に強く残っている。
だから今回のHO!にジュリーが入っていないのはとっても残念。
勝手にしやがれだってとってもかっこよかったし、まさやんの声にあってるんだけど。
せっちゃんが「ダーリング」をカバーしててそれはそれはとってもかっこよく
でもまさよしのが絶対かっこいいはず。と期待してたのに入ってなかった。
まぁこれ、とにかくかっこいんですよ奥さん
。。。。だけど一番で終わっちゃった、残念。
そして「M」「あなたに会えてよかった」他数曲。
詳細、あえてふれませぬ。いやはっきり覚えてないんです。てへ。
でもアルバム曲とそれ以外のカバーもポンポン出てきて息つく間もない。
MCも比較的少なくまさにジュークボックス状態。
ただ特筆すべきは「SWEET MEMORIES」のまさよしのかわいさである。
マイクを手に持って歌うのだ。
あいかわらず、手持ち無沙汰で両手でマイクもったりなんかして
kitaraを彷彿とさせるラブリーさであった。
途中で、おもむろに手を掲げ音程にあわせて上下させる。
そうだね。平居堅だね。ここも若干のカバーか。
しかしこれも長続きせず、最終的には手首を曲げた片手を前にだし
幽霊風のたたずまい。まったく何をやらせても絵になる男だ←なにか?
まさやんは終始ご機嫌で初日を楽しんでるように見えた。

ゲンちゃんとアニキが一緒ということで、私が心配していた小芝居も
まぁまぁ、許容範囲?ただこれ止まりにしていただきたいと。
新ユニット名”マーサ&パンチラス”の新ネタは
「アンケートの言葉をつなぎ合わせての新曲作り」というネタであるが
あれ、最後まで続けるのかなぁ。イマイチ盛り上がりにかけるんだけど。
”マッキーあめちゃんねぶっとき~”のフレーズだけが耳に残っている。
ただその後の、カバーと物真似の違い。
あそこはよかった。銭形やルパン、森本レオの物真似が聞ける。
あ、新曲作成~モノマネに移るときだったか?
三人でステージの前方に出て歌っていたのだが
まさよしひとりで後ろに下がってしまい
「あ、後ろでやるのと勘違いしちゃった」といってたのが
ミョーに愛らしいかったなぁ。。。

そしてオリジナル曲も、私が思うよりずっと多く
またその選曲が私の予想をいい意味で裏切ってくれた。
ヤサ男の単品なんて私には初めてだったし、ドミノはまさに”セルフカバー”だ。
アレンジがめちゃめちゃかっちょいい
あんなに声を張ったコインも初聴きである。
本編の最後の怒涛のオリジナル攻めにはひぃひぃ喜んでしまった。

そしてアンコール登場でのコスプレ!!!
シェフー!ではなく、黒のスーツに黒サングラス!タモリだ!←違

なんとブルースブラザーズである。
これはそりゃーかっこいんだけど、あれはアニキが一番似合ってたかも。。
RESPECT~さらば恋人~RESPECTという夏フェスとは反対のver.
そしてsuperstitionに続いて始まった軽快なイントロは
”sir DUKE” スティービーワンダーさんつながりか。
と、歌い始めたのは「はじめてのチュウ」 なんでやねん。
『ヤッターヤッタヨー』のモノマネ入り。
そして「Just the way you are」のイントロがアニキのキーボードで始まる。
アルバムに入ってないこんな曲もやるんだーとワクワク。
しかし歌いだしたのはアニキ。ま、ま、さっきゲンちゃんも歌ったしね。ええ。
Just つながりで「Just The Two Of Us」。
曲の間奏にあわせて
ドラムはゲンターベースはキタロー歌うは山崎まーさーよーし♪
ゲンちゃんのドラムに続いてポールにも絶賛された(よね?)
All My Loving。ピンクの照明の中真っ黒な衣装で歌う。

暗転し、ミラーボールが回りだす。
いよいよ午後パレだね。←しつこいわ
なんだか女性の英語の曲がかかっていた。
そしてツアーT着用のまさやんが登場。
短い期間でしあげたライブなのだということを説明していた。
なんでも五月ぐらいにひとつ仕事が飛んでスケジュールがかわったとか。
もしかして噂になってたアレですか?
いやー。だったらとんでくれてありがとう。
私があまりノリキでないあれがこのツアーに変わったなんて喜ばしい。
「まぁ、こんな感じで、いろいろやらせていただきましたが。。。。
 ・・・・リクエスト随時うけつけております。」わーーーーーー!ほんと?
後ろ向いて、「いっちゃった」って感じでベロっと舌をだしていた。
「なんちゃってね。もう決まってるんですよやることは」
やっぱりな。そらそうやわな。

そしてエレキをもって「いかれたBaby」が始まる。
802で弾き語りをやってくれたときに完全にズキュンとやられてしまったこれ。
過去のまさやんワールドにない、Babyというタイトル。ストレートすぎる歌詞。

しかし、なんということでしょう
まるでまさやんのオリジナル曲のようにしっくりくるではないですか。
まさに匠のなせる業。←古
最後のリフレイン。アニキ、ゲンちゃんと徐々に音が消えステージから去っていく。
まさやんのギター一本~最後はアカペラ。
ここでたくさんの乙女たちが胸の前に手を組みうっとり涙したはずだ。

たくさんの拍手の中最後のご挨拶。
「今日が初日ということですけれども。。。。
 なんやかんやゆうてメンバー紹介忘れました。」ズリッ
「いませんけども」といいつつ、アニキとゲンちゃんを紹介して
初日はつつがなく幕を閉じた。

       

うううむ。
なんでここまで書いててアップしないのだ。
懐かしいにもほどがあるぞ。ずっと前に忘れてたわ。
でもーカナケンと名古屋であなたをーみたとーきー
じーかーんーだーーーけ後戻りしたの。だから。

どんどん日がたって、いまやアップする意味もないけど
まぁせっかく書いたので。
とりあえずまとめてドン




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« レポ下剋上 | トップ | 有料リハーサルなのか?~グ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがと~ (Shin)
2007-12-02 09:02:14
初めての初日参加。
ネタバレの恐れがないって良いですね

自分が参加したライブのレポ
(特にceleryさんの)は特別だから、
日がたっていてもアップする意味は
大アリなのです←ココ重要

レポを読んでラストの曲に涙した事を
思い出した乙女ですが、何か
Re: (celery)
2007-12-02 21:29:09
◎Shinさん
ネタバレの件もそうだけど
見せる側にしてもすべてが初めて。
という緊張感が初日の醍醐味。
あれは他では味わえないからねぇ。

なんかねぇ。
今回は日程的なものもあるかもしれんが
去年のツアーほどがんばってかけない。。。
でもがんばる←去年の甘えん坊将軍

コメントを投稿

COVER HALL 2007」カテゴリの最新記事