マンション管理士日記

地域を守る:マンションと地域の融合

資格と実務

2006年01月31日 | マンション管理士

昨日、マンション管理士資格について書きました。この資格は、実務経験を問われません。試験に合格して一定の要件を満たせば登録出来て、『マンション管理士』を名乗れます。

そして、専門知識をもって、管理組合の運営その他マンションの管理に関して管理者や区分所有者の相談に応じるのがマンション管理士です。助言・指導その他の援助を行うことが業務になります。

実務経験が不足している場合は、登録後も継続した勉強が必要ですね。これから多くのマンションが大規模補修や建替えの検討に迫られます。マンション管理士の名称を用いて業務を遂行するには、常に新しい知識を得ていく気概が必須だと考えます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マンション管理士

2006年01月30日 | マンション管理士

今月、マンション管理士試験の結果が掲載されました。今年の合格者数は1,909名です。合格率は7.3%(昨年実績8.8%)と年々難関になってきています。試験の詳細についてはマンション管理センターhttp://www.mankan.org/html/k01_06.htmlをご覧下さい。

この資格は、受験者の3分の2(66.7%)が40歳以上なのが特徴でしょう。マンション管理士の登録者だけが『マンション管理士』と名乗ることができます。『名称独占』の資格で、管理業務主任者や宅建主任者のように「これが無いと出来ない業務がある」資格とは異なります。でも、マンションみらいネットの登録補助は説明会受講のマンション管理士しか出来ません。今後は資格が必要な業務が増えるかもしれませんね。

マンションみらいネットとはマンション管理センターで今年の春から稼動する分譲マンションの閲覧システムです。マンション管理センターhttp://www.mankan.or.jp/mirai-net/01.htmに掲載されています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒崎勉強会

2006年01月27日 | 喜働

昨夜は「黒崎勉強会」に出席しました。講師は高野敬市さん。ダンデライオンを復刊させるにあたっての、熱い思いを聞きました。また、四柱推命と関連させた様々な話は本当に話題が豊富で、参加者20名が感服いたしました。

前回は時代を先取りし過ぎて、広告などに苦慮されたと伺いました。ダンデライオンは、とっても垢抜けた内容だったので、今回は何かお手伝いさせて頂ければ、と考えています。

高野さんの話の後で時間を頂きましたので、マンションの抱える課題について話をしました。また、地域においてマンションは社会資産であり、どんなことがあってもスラム化させてはいけません。その対策やコミュニケーション作りなどについても話をしました。

新しいメンバーも加わり、学ぶ姿勢の素晴らしい勉強会です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニュース

2006年01月26日 | 子育て

子供の事件やマンション問題など、「安全」がニュースになっています。

地域で子供を守りましょう。 こう話すと、「先ずは家庭での躾や教育が・・・」と言われます。そして、その通りという面も確かにあるけれど、やはり子供は地域の宝。皆で子供の安全を考えないと、ですね。

マンションには死角となるような箇所もあります。マンションの安全対策は街の安全確保にもなりますよね。

構造捏造で被害に遭われた方はたいへんですが、今回の事件を契機にして自分のマンションについて考えた、と聞きます。構造、現在の資産価値や管理の状態そして修繕積立金のことなど。 安全で住みやすい地域にしていきたいですね。

今夜は黒崎勉強会。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加