どん底。    2006.11.25(生後2歳6ヶ月3日)

今日は先生が不在の為、午後から河川敷でアジリティの自主練をしました。
       
でもアジリティの最中に、B・コリーのレツ君に喧嘩をふきかけに行ったベリー。

どうにか引き離し、ひっくり返して叱っても私の手に牙を向けてきた。

家に帰ってから気付いたアザだらけの自分の手を見てじわっと涙が出てきました。
手が痛いからではなく、ベリーとの距離感を感じてる自分が痛かった。

私はアジリティの練習なんかしとる場合やないんやなかろうか・・・。

とても楽しむどころじゃ無い空っぽの気持ちのまま、今日の自主練は終わりました。


コメント ( 29 ) | Trackback ( 0 )
« フラフープが... 雨もいいもん... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (まりも&ケンシロウ)
2006-11-26 21:12:17
夜間病院の件、とっても参考になりました。
しかも、私が車を走らせ行った病院まであるじゃないの~どうして?ダレも出てこなかったけど。。。???

確かにベリー君、興奮してましたね。。。
実はケンシロウが服従のレッスンをしてるのはまったく同じで私に牙を向けたことから始まりました
それまではいい子いい子で可愛がられたケンシロウでしたが、我がままな性格と自己主張と♂の性格が重なって本気で唸り、本気で牙を向けたのです。。。
ショックと、怖いという気持ちと悔しい気持ちとがありましたがそれよりもケンシロウを変えなくてはという気持ちがいっぱいでした
うちのチビ犬とは比較にならないでしょうがベリママのいつもがんばってる姿を影ながら応援してますので
これからも挫けないでがんばってくださいな
  
悩みがあるときはカフェに集合よ
 
 
 
Unknown (★TONCHAN★)
2006-11-27 00:10:47
手は大丈夫ですか?

実はうちも昨日スクールで
Jとの距離感を感じたのです。
ゴールデンに突撃したのです。
行く事がわかってたので絶妙のタイミングでリードを引く事に成功したものの シェパのパワーにあろうことか
ナスカンが弾け飛び壊れてしまい
ノーリードのままゴールデンに襲い掛かりました。
蹴っても呼んでもああなってしまったら無駄なので
結局尻尾を掴み引き離しましたが・・・
強く叱ると反抗的になる事があります。
その度に情けないような悲しいような気持ちになります。

ある人が言ってくれました。
「悩むって事はそれだけ相手(犬)をわかろうと努力してる証拠なんやから頑張ろう」って。
大きな子相手だと怪我というリスクもありますが
ベリママさんもどうか頑張って下さい。
うちも頑張ります。
 
 
 
真剣に (いたち丸)
2006-11-27 01:37:44
ベリくんと真剣に向かい合っているからこそ、切なかったり悔しかったりするんですよね。それだけベリくんのことを想っているママさんですもの、いつか必ず伝わると思います。恋人や夫婦と同じかな? なんで分かってくれないの? って時期はあっても仕方ないのかも…。犬も、感情豊かな相手ですものね。

かく言う優月も、反抗期真っ只中です。女の子なのに8ヶ月で体重30キロ超(しかも筋肉質…)、それがことあるごとに部屋で大暴\れします。「なんで?」って悲しくなる時もありますが、これを乗り越えたらまた関係が深まる気がして、頑張ろうって気持ちになれます。大丈夫大丈夫。
 
 
 
ファイト! (ティンクまま)
2006-11-27 08:42:18
そうそう、凹んだらカフェに集合よっ
若人からオバサンまでいるのだから、何とかなるわよみんなそれぞれ悩みあるので、頑張りまっしょ
手は大丈夫ですか?私も愛犬から本気噛みされた経験があるので気持ちは良くわかります。
愛犬との絆は距離が短くなったり離れたり、試行錯誤
しながら生まれて確実なものになっていくんじゃないかなぁ?焦らずにやりまっしょ
 
 
 
長いスパンで考えて (ドリスママ)
2006-11-27 09:47:56
ベリーちゃんよほど虫の居所が悪かったのかもしれませんね。人間だって意味もなく不機嫌になることがありますから。ベリーちゃんは人間でいえば青年くらい、かなり自意識が強くなっているということもあるでしょうけれど、長い目で見れば、というか、何年か先には、あの時あんなこともあったと思えるときが来ますから、どうか落ち込まないように。とにかく愛情を持って接していれば、わかってくれる時は必ず来ますから。久しぶりに昔にベリーちゃんの日記を見ていて、まだあんなに小さかったのだなと顔がほころんでしまいました。我が家のドリスは来年二月で8歳になりますが、小さいころは、トイレのしつけやら、犬育てが大変で、ノイローゼに近い状態になったこともあります。そんなわけで、こちらも精神的に余裕がなく、小さいころの写真がほとんどありません。でもいまはすっかり落ち着いて、日ごとにかわいくなっています。だから、心配しないんで、のんびり行きましょう。
 
 
 
私もよく凹んでますよ~ (ぶらっくパンダ)
2006-11-27 09:58:44
悲しくなった気持ち、分かります。
うちは♀だからまだ楽なのかもしれませんが、♂シェパの2歳、まだまだま~~だ、やんちゃ盛りですよね。
30キロ弱の♀シェパでも、スイッチがONになっちゃうと全然声が届きません
向かっていくことはないんですが、吠え始めてどんなに制してもやめない時なんか、全然相手にされていない存在みたいで凹みますよ~~
で・・これじゃ~いけないとあれこれ試行錯誤して・・壁を乗り越えると少し距離も近くなるし、ぐっと可愛くもなりますよね
うちもまだまだ越えなくてはいけない壁だらけですが、凹んで・・立ち直って・・を続けていきましょうね。
ベリーママさんには、周りに素敵な犬友もいらっしゃるようだしね
 
 
 
He is not human. (ilife320)
2006-11-27 11:40:29
これ以上ないほど密接な関係にある恋人同士だって相手を止められないことだってあります。  人間同士でさえそうなのですから、相手が犬なら、なおさらのことですよ^-。


犬は一旦スイッチが入ってしまうと(アドレナリンが放出され始めると)止ま『れ』ません。  吠える程度の興奮度ならコマンドで制止できますが、殴り合い(犬の場合、噛み付き合いですね)の喧嘩になると、人間でも誰かが割って入らないと止まらないものです。  犬の場合、噛み付き合いになった場合、最高興奮度に達しているので、自分の犬を守りたいのなら、叫ぶ前に怪我を覚悟で割って入る事が先決です。

動物のファーストエイドや治療は、まず犬の口が開かないように固定する事が最優先です。  つまり、犬は恐怖を感じると、飼い主でも見境なく噛みつく、という野生の部分を常に頭に入れておく必要があります。  距離...と言うよりは、べり君は興奮度が上がっていてママが見えてなかったのだと思いますよ。  また、犬同士、正面切っての対向視線を投げられる、ということは、喧嘩を売られている事と同じ意味なので、そういうシチュエーションを作らないよう、お互い飼い主同士が気をつける事、興奮度が上がってしまう前に、アイコンタクトを取るようコマンドをあげる、気をそらせてあげる(そういうコマンドを作って一緒に練習する)事が大切です。  アジのトレーニングでは、常に犬同士が接近しているわけですから、良いトレーニングになると思います。

頑張ってください。  べり君はとっても良い子です。  良い子だって喧嘩をする事もあります^^;。  犬らしい一面は時に、人間社会では受け入れられない事があるわけですから、そこは人間側(飼い主)がしっかりとカバーしてあげなくてはいけない、ということです。 
 
 
 
そういう時期かも? (BP)
2006-11-27 17:19:28
オス(しかもαが強い子はとくに)はときに飼い主と自分の力関係を試したりするらしい。

温厚なベリーくんでも、、もう2才半のオスやからそういう部分がちょっとでたのかも・・・

うちのやつも飼い主に反抗したことあります。(しかも何回も)
それにうちのやつの方がもっともっと断然喧嘩早いし、ガウ犬やし・・・
いつもいつも悩んでます。
 
 
 
Unknown (ティアラまま)
2006-11-27 22:21:53
私も以前一回思いっきりティアラに牙を向かれたことがあります。その時は自分なりに冷静に対処したつもりですが心の中はもう動揺かなり私も怒ったせいか、いっとき近づいてきませんでした・・自分が怒りすぎたせいで私のことが怖くなって信頼の気持ちがなくなったんじゃないかとも思いました。そのとき私も感じた距離と寂しさ・・本気で向かってこられたことに対してのショック。それからでしょうか。かわいい、かわいい、だけで育てていてはいけないと肝に銘じたのは
 
 
 
う~ん。 (ぶー)
2006-11-27 23:10:34
Berry-mamaさんの気持ちすっごく良く分かります。
私もいつかは体験するんではないか?って
思ってます。
ハッキリ言ってごりんは甘やかされていると
最近感じて居るんです。

散歩中、他の犬とすれ違う時
吠えるようになったんです。
その時思いっきり叱るとひっくり返って
お腹を見せて反省しているポーズをしているけれど
果たして本当に反省して居るんだろうか?って
感じるんですよね。
頭の良い犬種だけにそこまで考えて居るんじゃないか?って・・・・

アジだって止めなくて良いんじゃないですか?
他のワンちゃんが沢山居るところでの
練習だし、それも勉強になると思います♪

Berry-mamaさんお互い頑張りましょ~
 
 
 
手にとるように~ (Mick)
2006-11-27 23:11:32
ベリーママさんのその時の気持ち・・・私もありました。
ショック!そして淋しさを感じて悲しくて・・・。

でもそれらの出来事はベリー君が成長してきているってことで自我もでてきて自信もついてきているからなんですよね。私も一時はアザだらけでした。

ベリー君もMickも長毛でどちらかというとスタンダードのシェパに比べると意欲も控えめでのんびり屋さんだと思うんだけどこういうことがあるとやっぱりシェパードだって思う。
どんなときでも自分の犬から目を離してはいけないことを痛切にかんじています。それでも散歩の時にワンテンポ遅れて興奮させてしまったことが多々あって反省・・・そうなると女性の力ではホントに大変。予測がつくことには対処できるけどねぇ。
どんなときでも私が毅然とした態度で対処できるようにしなくてはと(それには犬の様子を見て早く状況判断するしかない)と思っています。
Mickもアジリティの練習のときに他のワンちゃんにガウることがありました。そうなるとそちらのほうばかり気になって私がアジを楽しむ余裕がなくなりMickに楽しさを教えてあげられなかった時期があったんです。
ベリーママさんも周りの方たちに気を使われるでしょうがベリーママさんとベリー君が二人の世界にはいってアジを楽しめるときが来るのを願っています。



 
 
 
 
文の途中で・・ (ティアラまま)
2006-11-27 23:20:52
ごめんなさい、文の途中で投稿を押してしまいました・・
私達人間が距離を感じるときがあるように、犬達にも飼い主との距離を感じてるときってあるのかなと思います。
ベリー君が落ち着いたとき、ちょっと様子を伺うように上目使いでベリママのことを見たベリー君の顔が思い浮かびます・・どういう気持ちでママのことを見たのかなぁ?
またアジの練習頑張りましょう!私も頑張りながら皆と一緒にベリママ応援しますよぉ

 
 
 
いつも笑顔で♪ (由香)
2006-11-28 15:56:16
こんにちは。
ベリママさん、手も心も大丈夫ですか?
何のアドバイスも出来なくてすみません。

思いっきり悩んでも、もがいても、どうにもならない。本当の“どん底”を経験したら、あとは上に昇り詰めるしかない。
でも、上に昇り詰める「だけ」なのかもしれません。
目標が判っているから、さらに頑張れるのではないでしょうか。現に2つの訓練所を掛け持つなんて、本当にベリーと歩もうとしているから出来るんですよ!!

私は、悩んだり落ち込んでしまったら、鏡を覗いて無理やり笑顔になっています。これが以外と効果があるんです。笑
くらーい顔してると、銀と翼が首をかしげて寄ってきません。
笑顔は自分だけじゃなくて、回りも幸せにするんですよ☆

空っぽの気持ちは、楽しい気持ちで満たされますように。いつも笑顔でいましょう♪

なんだか話が思いっきりズレてしまいました。。。
また、訓練所で会いましょう!!!






 
 
 
わがまま。 (Berry-mama)
2006-11-28 22:14:31
まり&ケンままさんへ。

夜間病院の検索の仕方分かりましたか?
私も一応市内のいくつかの病院をピックアップしましたが、クチコミで聞いた話も交えるといろいろで、結局”いざ”って時はあたふたしそうな気がしてます。
ケンちゃんにはそんなことがあったんですね。うちも同じです。「ワガママ」このひと言で、そんな育て方をしたのはこの私。それが今アダとなって跳ね返ってきたんだと思ってます。土曜日の出来事は私にとってとてもショックなことでした。でも今のこれが現実。しばらく笑う余裕も無いと思いますが、どうか見守っててください。
カフェも行く時はぜひ誘ってくださいね。
 
 
 
力の強さ。 (Berry-mama)
2006-11-28 22:36:30
 ★TONCHAN★さんへ。

そうでしたか、J君もそのような事があったんですね。
TONCHANさんも同じかもしれませんが、私は今ベリーが2歳を過ぎて、大型犬の力の強さを痛いほど感じています。本気で引っ張られた時は体を持っていかれます。力でダメなら、あとはもう”声”(号令)しかないですよね。脚即歩行の大事さもつくづく感じてます。
でも今回はそれすら全く無視して他の犬に突進していきました。「呼び戻しは大丈夫」だという自分の自意識過剰さを思い知らされました。 今もまだ自分の手を見ると込み上げてくるものがありますが、とにかく自分で変えていくしかないからですね・・。笑って思い返せる日がくるまでお互い頑張りましょうね!
 
 
 
大事な存在。 (Berry-mama)
2006-11-28 23:04:30
 いたち丸さんへ。

そうですね。今回の事は例えて言うなら、信頼してた大事な人に裏切られたという感じかもしれません。それはとてもショックで、この先一体どうしていけばいいんだろう・・。そればかりが頭を回りました。
でも人間の恋人や夫婦なら最悪の場合はサヨナラができるのかもしれない。でも犬はそう簡単に別れることはできないし、見捨てることもできない。やっぱりちゃんと向き合うしかないんですよね。逃げたらそれで終わり。 本当にそう思います。
優月ちゃんは反抗期中ですか。ベリーは2歳になってもまだまだ反抗期のようなかんじです。(この辺が♂と♀との違いなんでしょうかね・・
 
 
 
こんな若造ですが・・ (Berry-mama)
2006-11-28 23:13:49
ティンクままさんへ。

いつもいつも励ましありがとうございます。ティンままさんの元気さに救われてます。
大きな犬と生活してるくせにその飼い主が弱っちいからしょうがないですね。もっと強くならんといかんと思ってます。
今度の大会はどうなるのか自分でも分かりませんが、完走目指して頑張ってみます。ティンちゃんもあちらの大会でトップを目指して頑張ってくださいp(^^)q (結果報告を待ってます♪)
 
 
 
ノイローゼ。 (Berry-mama)
2006-11-28 23:47:55
 ドリスママさんへ。

そうですね、のんびり進むのが何よりですよね。訓練士の先生も「近道をしてはダメ!」だとおっしゃってました。
数週間前からベリーのしつけの事で悩んでたのですが、その頃に犬友達の方から言われたのは『育児ノイローゼになってる』という言葉でした。確かにそうだと思いました。ちょっとした犬のいざこざが苦痛で、さんぽ中に前から犬が来てるのが分かるだけで胃がキリキリ。ちょっとした人の言葉に敏感になったり、とにかくすべてがマイナスに向いていました。 それでいて、今回の喧嘩事だったので、もうどん底以外何もありませんでした。今はだいぶん落ち着きました。
ドリスちゃんの様に、歳をとってから懐かしく振り返れる日がベリーにもくると信じています。励ましの言葉ありがとうございました。どうかこれからも見守っていてくださると有難く思います。
 
 
 
その通りです。 (Berry-mama)
2006-11-29 00:05:03
 ぶらっくパンダさんへ。

2歳半過ぎたベリー、自信がついてきたのか何にでも向かっていくようになりました。でもそれが違う自信に変わっていきそうで、きっと訓練士さんならそれをプロの訓練方法でプラスの方向に向かわせることができるんでしょうけど、私はとてもとても。。今の段階では朝晩のさんぽを無事に終えることで精一杯です。ただバーを飛ばすだけだと思ってたアジリティも、服従訓練あってこその競技だし、やっぱり大型犬とのワンライフを楽しむには基本の服従ができてこそかなぁと思います。 ほんと、試行錯誤の毎日です。

それにしてもKULOちゃんは体重30㎏もあるんですね!引く力も相当強いのでは!?
 
 
 
その通りですね。 (Berry-mama)
2006-11-29 00:19:28
ilife320さんへ。

たくさんのアドバイスをありがとうございます。
犬同士のケンカは先住犬の代から慣れっこにはなってたんですが、40㎏の大型犬を喧嘩から引き離して叱ることには当然慣れてなく、その前に呼び戻しができなかったことや、興奮してたせいでしょうけど私に歯向かってきたことも含めてショックを受けたことばかりでした。でもこれもまたひとつ勉強だと思ってます。今回の事でハッと気付かされることだらけでした。
何より大事なことは「自分に集中させる」ことなんですよね。。 それができてなかったから、今回のことのようになったと痛感しています。
 
 
 
ですね。 (Berry-mama)
2006-11-29 08:11:05
BPさんへ。

そうかもしれませんね。2歳まではそこまで他の犬にガウることはなかったものの、この頃急にガウりが激しくなってきました。シェパ同士ならまだしも、自分よりも小さい犬にまでガウることもあるので、本当に服従をイチからやり直しです。犬同士で仲良くできなくても、とにかくどんな時でも自分に集中させるようにならないと、この先に楽しい犬ライフは無いかなと思ってます。
ほんとベリーにはこの頃泣かされっぱなしですが、今が正念場と思って頑張ります。バディと応援しててくださいね。
 
 
 
気持ちが移る。 (Berry-mama)
2006-11-29 08:17:47
 ティアラままさんへ。

そうなんですよね、自分が暗い気持ちでいると犬にまでそれが移ってしまう。よ~~く分かってるつもりなんですけど、私は気持ちを隠すことがなかなかできないのですぐベリーにはバレてしまいます。訓練でもそうですよね、私がキビキビ歩くと犬も同じように歩くし。ティアラが牙を向いたことがあるというのは今のティアラからは想像ができませんが、でも本当にそうされた時の飼い主としてのショックは大きいですよね。私も土曜のアジ練の後はベリーの顔を見るのも嫌なほどでした。
服従あってのアジリティ。土曜は気持ちを切り替えて練習しようと思います。

 
 
 
Unknown (non)
2006-11-29 20:29:42
ベリママさん、こんばんは。
ちょっと話題から遅れていますが、
私も、前のオスシェパを飼っていたときは、
バトルをしたことがあります。
泣きながら、自分の手を相手の口に突っ込んで、
「だめー!!噛んだらだめ!!」
って叫んだりもしてました。
落ち着いたなぁと思えたのは、4歳ぐらいでした。

テンテンはメスですし、順位争いみたいなことはありませんが、
態度が「あんたの言うことなんかきかんもんね」
みたいな時があります。

テンテンに合ったペースで気長に付き合っていこうと思ってます
 
 
 
うちは4ヶ月目からガウガウ犬 (アークまま)
2006-11-29 22:02:46
我が家のアークは、生後4ヶ月から現在までガウガウですよ~。自分の頭ほどの大きさしかないワンコに向かってガウガウです。それに私、頭を噛まれた事もありますよ!!
ぶっとばしてやりましたが…。(その際には、同じように牙を剥けてきましたね)
でも、大事な事は、自分の犬を信じる事だと思います。シェパと飼い主の絆は、深いんですから。ベリーを信じてあげてね。
それに、うちの子に比べたら、全然いい子ちゃんだと思いますよ。あんまり凹まず、お互い頑張りましょうね!!
 
 
 
お腹を見せるのは。。 (Berry-mama)
2006-11-29 22:54:19
ぶーさんへ。

ベリーも小さい頃から叱るたびにすぐ引っくり返ってお腹を見せてたので、服従心だと思って訓練の先生に聞いたら、「それは犬が飼い主に”アッカンべー”をしてるってことよ」と言われました。確かにお腹を見せるから撫でると、すぐ何もなかったような顔して起き上がります。とてもしたたかです。
そうですね、アジリティもひとつの服従の練習と思ってやってみます。でもちょっと関節が心配なので、この先も続けるかどうかは考え中です。ごりんちゃんもアジリティどうでしょうか?ベリーとは違って軽やかにバーを跳んだりできそうですが。
 
 
 
自我の強さ。 (Berry-mama)
2006-11-29 23:03:21
 Mickさんへ。

アドバイスありがとうございました。
確かに長毛シェパは普通毛シェパよりもおっとりめな性格のコの方が多い気がします。だから訓練をするにあたっての意欲が足りないと、訓練の先生にはいつも言われてました。家の中ではそんな風におっとりなんですが、やはりそんな生活を続けてるといざ外で犬同士すれ違った時に自我の強さが明らかに出てきました。 何があっても飼い主は動揺してはいけない、と教えられましたが私は前から犬が来てるのを発見しただけでもかなり動揺してリードを引きます。きっとその気持ちの焦りも犬にはしっかり伝わりますよね。 私が動揺するもんだからベリーも興奮して、すれ違う犬々にガウガウです。
普通毛であれ長毛であれ、ショー系であれ訓練系であれ、シェパードという犬種は服従訓練を欠かすことはできない犬だとつくづく感じてます。何かあってからでは遅いですからね・・
 
 
 
笑顔が素敵。 (Berry-mama)
2006-11-29 23:21:37
 由香さんへ。

由香さんの笑顔は人を魅了しますね。周りをパッと明るくしてくれますものね★

現に今は2つの教室を掛け持つだけでも足りないかんじです。でも私はベリーを預けることができなくって・・。いっそ訓練所に半年でも預けて訓練を入れてもらおうか?とかも究極の選択で考えることがあります。でもそれをしきらんことを私自身が一番よく分かってるので、あとはもう自分が勉強してくしかないですよね。 訓練士さんがベリーを操る様を盗んでます。でもやっぱり難しい。
訓練所では鬼飼い主になってると思いますが、銀&翼と遠くから見守っててください。ちなみに今度の日曜はベリーとアジリティの大会に初出場です。結果は期待しないでくださいねぇ~~
 
 
 
4歳ですか・・・ (Berry-mama)
2006-11-29 23:32:51
nonさんへ。

やはりオスはそういう自己主張のようなものが強いんでしょうかね。私も先住犬はずっとメス犬で、歯向かってくることも時にはありましたが、強く叱るとショボンと聞き分けは良かった記憶があります。(もちろん体の大きさはベリーとは大違いでしたが)
オス犬は甘え上手だけど、とやかく言われるのが嫌。そんな感じがします。 しかもnonさんとこで飼われてたオスシェパ君が落ち着いてきたのは4歳くらいなんですね。。やはりけっこう時間はかかりますね。きっとメス犬なら2歳も過ぎるとけっこう落ち着いてきてるコは多いはずなのに、オスは4~5歳でやっと落ち着いてくるらしいし・・。まだまだ先は長いですが、ベリーが完全に落ち着いてしまうまで何か意欲の湧くことをし続けていきたいと思ってます。ここまで飼い主を泣かせてるのだから、ベリーにも頑張ってもらいますよ~♪(^^ゞ
 
 
 
ありがとうございます。 (Berry-mama)
2006-11-29 23:44:25
 アークままさんへ。

こないだ訓練士の先生に、「一番、信頼関係を築きやすい犬種はシェパードよ」と教えてもらいました。確かに、たまに見せる冷静沈着な顔を見ると頼もしい気持ちにはなりますが、でもやっぱり他に犬にガウったり、飼い主じゃなく他のことに気が向いてると犬との信頼関係も減っていく気がしたりもします。(今回のように・・・)
アーク君はママさんと楽しんでることは何かありますか?^^ゞ 
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。