最速の素性を感じる。

サクシードのインプレです。

エンジンはもはや枯れたトヨタの定番エンジンになりつつある1NZ-FEです。
ライトバンに載るエンジンとはいえ、DOHC16VALVEでVVT-I付きでマルチポイントインジェクションです。

このクルマのベースは初代ヴィッツなんですよね。
恐らくシリーズでは最大級のボディサイズで、ヴィッツと比較して180mm長いホイールベースを持っている事がプラスに働いたのか、グリップ性能を重視していないタイヤですが、ヴィッツにありがちな後ろ足がヒョコヒョコと落ち着かなくなる挙動が随分と抑えられています。
リヤサスはカルディナバンまでのリーフリジットから4リンクのコイルサスに変更されました。これによって唐突な挙動がずいぶんと抑えられ、限界までの安心感が確実に高まりました。
まぁ450kgの荷物を積む為の足回りなので、突き上げもあるのし、乗用車用の足回りと比べてしまえばそれなりですけどね。
個人的に気になったのは、何kgぐらい荷物を積んだ時が最高のバランスになのかということです。
500kg積みのカルディナバンは300kgぐらいは積んでいないと、ケツ上がりだし、挙動も落ち着きませんでした。

タイトルにもある“最速の素性”ですが・・・
無意味に東北自動車道栃木IC~北関東自動車道宇都宮上三川ICを載ってみた感想です。
ODをOFFにしたまま引っ張るといったような小細工無しで、タイヤの最高速度まであっという間に加速してしまうし、都賀JCTのきつめのRでもクルマは外に逃げようとはしませんでした。

某所のシグナルスタートでも結構頑張る現行マーチの1.4リッターモデル(コロナで負けたこと有)を軽く抜き去る事が出来ました。(コロナの敵をとって、バックミラーに沈めてやりました。)
という優れた(?)加速性能からです。(バンならではのローギヤードが功を奏したか?)

サクシードはヴィッツの兄弟車である事を知らない人も多いみたいですが、メカニズムを見れば一目瞭然です。
ボディの大きさやメーター周りからは感じ取る事は少ないですが、ある部分に物凄く感じ取れるところがあります。
それはダッシュボード上の左右の隅に付くフロントスピーカーグリルでしょうか?
ドアの低いところではなく、比較的高い位置に取り付けられているので、小径の純正スピーカーですが、信号待ちでFMから流れる音楽を聴くにはちょうどいいぐらいの性能だと思います。

このクルマならではの際立った点もなければ、「ナンじゃこりゃ!」と理解に苦しむ点もありません。
実に道具として優れているし、無地のキャンバスのような車(ベタ表現)なので、ちょっと弄りたいという気持ちもわいてきます。

個人的にはMTモデルで、乗用車用の185/60HR14タイヤとドラミングを少しでも低減させるためにカーペットの下にもう1枚ぐらい遮音材があれば、充分に楽しめる1台です。

補足
無茶はしていませんよ。
借り物のクルマだし、LTタイヤ(最高速度120km/hまで)を履いているし・・・
隅は見切りやすいし、小回りも効くし、とても好感の持てる1台でした。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )
« 123,456km達成! 今日は祝いだ »
 
コメント
 
 
 
サクシードいいですね~ (チョウテンガン)
2006-08-08 22:21:47
ホントはプロボックスのスタイルのほうが好きですが…(たいして変わんないか)



今の車を買うときに候補に挙がりましたが

社用車として乗りつぶされることがおおいからか

中古の程度のいいものがなかった記憶があります



今の車を乗り換えるとしたらまた候補に揚がると思います

白の車体、黒バンパーにワタナベでも履いたらカッコイイだろうな
 
 
 
候補に挙がっていましたか。 (Unknown)
2006-08-09 00:14:25
チョウテンガン様



確かにスタイルはプロボックスのほうが、デザインの纏まりはいいんですよね。

たいして変わりませんが、内装はサクシードのほうがよく出来ています。



クルマを見た瞬間にワタナベの似合うなと思ったのも同感です。



たまに程度のいいクルマは出てきます。

3年落ち10万キロがざらのクルマですが、借りたヤツは平成15年式で2万8千キロぐらいだったし。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
くちこみブログ集(くるま): サクシード:トヨタ by Good↑or Bad↓ (くちこみブログ集(くるま)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓)
「サクシード:トヨタ」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。