Rスズキの毎日が大食い

おいしいものと食べることが好き。マンガもね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スティール・ボール・ラン#22感想

2007年01月22日 | マンガ
「湖畔のルール2」

日暮れまでに金塊・ダイヤモンド・現金・時計・マツタケを使い切らなくてはなりません。
これが意外に難しい。最初に出会った農夫には何とかマツタケを引き取ってもらい、かわりに山を貰いました。これが鉱床があるっていう山なので、かえって財産が増えてますゾ。

不正に消費しようとすると、その時点でもうジャイロとジョニィは木の実化し始めます。女の子に一杯おごってあげるくらいはよさそうに思うんですけど、これもだめらしい。泉の神様は厳格なのでした。

ダイヤなど全てでビルを買ってもお釣りが来て、さらに家賃収入も増える状態になってしまい、いよいよギャンブルに手を出すことに致しました。手っ取り早くお金をふやすのにギャンブルというのはよくある話ですが、これは使い切らないといけません。

ルーレットの黒に全部はって、負けたらチャラになるかと思えばこれまた難しいようでございます。倍増。

カジノへ追手の11人が乱入してきました。大混乱。

5時を過ぎて日没間近なのに、使いきれるのか6000万円(貨幣価値は現在の日本のものらしい)!
もうレースどころじゃない!


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ビッグコミックオリジナル3号... | トップ | バンホーテンディアカカオ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

マンガ」カテゴリの最新記事