花は桜木・山は富士

完全に自分為の資料的ブログですが、このサイトを見て感じる人がいると嬉しいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中国人が「日本の環境意識」は怪しいってさ

2008-10-10 11:01:42 | 中国
【今日のブログ】中国人から見た日本人の環境保護意識

外国人の多くは「日本人は環境保護意識が高い国民だ」と見ている。
事実、日本国内ではリサイクルや植林活動を初め、様々な環境保護活動が行われている。
このブログは中国人から見た日本人の環境保護意識について考察したものである。
以下はそのブログより。
-------------------------------------------------
私の知り合いに日本で生活したことのある人がいる。
彼は内モンゴル自治区出身だが、日本人が内モンゴル自治区の
砂漠拡大を食い止めるために行なった植林活動に感謝していると語っていた。

しかし、日本人が言うところによると、環境というものは人類が共有すべきものであり、
植林活動は中国人の環境を保護するためだけに行っているのではないと、
あまり愉快でないことを言っていた。それならば、使い捨ての割り箸の使用などを
減らすという考えはないのだろうか?


多くの人が日本人は環境保護を重視しているというが、それはあくまでも
日本国内に限っての話である。

日本人の家屋で使用されるものの多くは木製であり、それらの大多数は
東南アジアなどの発展途上国から買い付けた材木で作られたものである。
おかげで台湾を含む東南アジアの山は、はげ山になってしまっている。


日本人のお宅にお邪魔したことがあるが、ご主人はインドネシア産の木材で作られた
テーブルを自慢げに語っていた。彼はその質感や刻み込まれた年輪が好きなのだという。

これでも日本人は環境保護を重視していると言うことができるであろうか?
森林伐採は一つの例に過ぎないが、日本人は全人類のことを考えているのではなく、
あくまでも自分のことだけを考えているのではないだろうか。


------------------------------------------------------------------

記事は初めは日本の環境問題の高さをほめつつも、最後は「それは本当か?」と
疑問を投げ掛け、「あまり日本人も良くないよ」と締めくくります。

何のことはない、形の違う日本批判ですね。

しかし、この記事には情報不足からくる間違いが多数ありますね。
ま、意図的かも知れませんが。

割り箸は間伐材を使い、元々は円柱の木から角材を取り出す際の
余った木材を利用して作り出した経緯があります。
(現在はどうなんでしょう?)
確かに木材は使っていますが、それを購入することにより、その地域・国に
利益をもたらしているわけですし、単純に「買う側が悪い」の論理は無意味です。
また、日本は植林事業にも多くの予算を使っています。
ハゲ山になってしまった理由は、「買う側」だけの責任というより、
伐採した後の山の管理を怠った国の責任でもあるでしょう。

ま、自己反省が好きな日本人として、だとしても「環境問題意識が高い」と
豪語するつもりはないですが、無計画に樹木を伐採し、ハゲ山にし、
日本からの植林する地元民が翌日には引っこ抜いて売ってしまう
「中国」に、とやかく言われる筋合いはありません。
中国人の環境意識に比べれば、謙虚を美徳とする日本人だって「環境意識が高い」って
いえるでしょう。
日本人の「環境意識」を批判するより、自国民の「環境意識」を
問題に感じて高める努力するなり、批判するなりして下さい!
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« またまた中国の人権活動家が... | トップ | 韓国の生活に耐えられないっ... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (365)
2008-10-10 18:38:18
「日本人は自分の事しか考えてない」について、中国人に言われたくない。
全く同感です (マグカップ)
2008-10-10 18:41:54
その辺のメンタリティが中韓ってよく似てますよね
環境意識? (也きり)
2008-10-11 00:34:01
まったく残念ながら、同じ星に住んでいることは運命共同体に似たものです。

日本は木を切ったら、その後植林をします。
シナや北みたく、切りっぱなしで禿山にして、洪水しまくってるとことは違います。
日本は戦時中さえ植林してたのに、字もまともに読み書きできない指導者を持ってしまったことを、後悔ってしないんだろうな。

さすが、学校の先生まで鉄を作らせていた国、天に吐いた唾は自分の顔にかかるのはものの道理。
環境意識の前に、自分のこと意外も考えるように、、、無理だな。
その通りですね (マグカップ)
2008-10-13 23:07:50
中国の環境問題の本などを読むと、近い国にも関わらず、まったくメンタリティが違う国民性なんだなと思います
自然豊富な日本では、ハゲ山などは「悲しい」という感情が自然に湧き、「伐採」することに少々の罪悪感もあるのですが、彼の国では皆無なんでしょうね
どうだろう (冷静沈着)
2009-11-18 11:49:40
日本だって昔自国の経済発展のため、散々環境を破壊したが、今中国をはじめとした発展途上国に対して、「環境保護するため経済を発展するな」と言い出しています。「日本に言われたくない」という考えが分からなくもない気がしますね・・・
Unknown (Unknown)
2010-01-06 14:07:39
「環境というものは人類が共有すべきものであり、植林活動は中国人の環境を保護するためだけに行っているのではないと」

↑これって当たり前の考え方じゃないの?
自国だけじゃなく、世界の事を考えるのが環境問題の根幹でしょ

「あまり愉快でないことを言っていた。」って
どんだけ無知なのかと_| ̄|○
Unknown (とおりすがり)
2010-01-26 02:16:10
再び失礼します。

外材の話は残念ですが、本当です。つまり、割り箸や家具のことです。過去数十年、価格の安い南洋材、北米材、北洋材に日本の林業は押され続け、日本の山は荒れ放題、そして代替輸入先の東南アジアやロシアなどの森で何が起きているのか、僕たちは良く知りません。

間伐材や端材で割り箸を作っていたのは昔の話、近年は安い中国材、そしてロシア材が殆どを占めているはずです。(中国は数年前、自国の森林荒廃が危険なレベルまで進んでいることに気付き、日本への割り箸輸出の際の関税を大幅に引き上げました。そのため今は、ロシア材(違法伐採含む)にシフトしてきているハズ、、です)

しかし、ここ数年、荒廃しつつある国産林に手を入れようという活動が徐々に活性化しています。日本は国土の6割以上が資源林です。何よりも、自分の庭の資源を使うということは、環境から経済から、自分たちの責任で回し、その結果を目に見える形で受け止めていくことができるということなので、ここは日本人であるからこそ、日本の国土を大切にして、美しい風景や技術を遺し、この大地と共存していく知恵を育てていきたいものです。

中国人は、それが出来なさそうですけどね、、。お金しか見えてないみたいだから。

> 植林活動は中国人の環境を保護するためだけに行っているのではない

全く当たり前のことですね。地球環境が壊され続けたら生きとし生けるもの全てが困るのです。中国人だって困るのです。文句言う暇があったら、まず自分でやりなさい。ってかまず、自分の尻拭いだろ、そこは。

まるで論調が韓国だ。
??? (いったい日本って?)
2010-06-07 18:08:35
よく、お前の国に言われたくないというコメントを良く見ますが、全て間違っているのでしょうか?日本がこれまで自国の力で繁栄してきたのなら話は別ですが、色々な国に頼って形成されてきた国家です。経済力がアジアで一番となれば鼻高々と、お前には言う権利なんてないとう考えはとても傲慢です。上記の方で割り箸を取り上げてましたが、実際、海外の資源に頼っているのが現状であって、割り箸というものは日本人が考え出したものです。そして、他国の木を伐採している、そしてお前にはいわれたかぁね~よ!って言えるのでしょうか?
はげ山は日本のせいじゃないぞ (あずま)
2011-06-23 20:04:43
東南アジアの森林破壊、はげ山は森林を伐採したから起こったんじゃなくって、現地住民が伝統的に焼畑農業をやって何世紀もかけてはげ山化させたものですよ。
一時ヨーロッパから当時代流行したジャパン・パッシングの時に指摘されたものですが、その後の研究で完全に無罪になっています。
中国人の学校教育の方が地球環境に猛烈に悪影響があると思います。
Unknown (kuzira)
2011-10-10 10:27:08
海外の木材を輸入しすぎている問題は、日本にも責任があります。
無知な私たちにも責任があります。

コメントを投稿

中国」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事