あずましい日々・・・その後

あずましい(ゆったりすること・満足のいくこと)出来事、旅行・写真・江別市食べ歩き・グルメ・ランチ・北海道の話題を!

家庭菜園

2021年08月31日 05時00分00秒 | あずましい話題
8月17日に掲載した家庭菜園のつづきです。
キュウリの間引きを掲載したのが7月15日、もうひと月半も過ぎちゃったのですね。



ある日のトマトとキュウリの収穫、トマトは何度も収穫していますが、今回は雨で多少割れてしまいました。
ちょっと皮が厚いので、湯剥きして食べるととても甘くて美味しい~。



その翌日、最初に撒いた枝豆を8株を収穫。 (穴の部分、一気に収穫しないように、1週ずつずらして種を蒔いています)



枝豆、辛み大根、キュウリです。









枝豆、20分かけて枝から外して、知人にお裾分けしてから湯がきました。
くーっ、取り立ては甘くていいですねぇ。



その翌日のキュウリの収穫、もう皆さんに食べてもらわないとならない量なので、多くの方に喜んでもらっています。
今シーズンはキュウリが大作で(3株)、160本以上は採れていると思います。

そして本日も6本の収穫、露天で無人販売でもしたいぐらいです(笑)。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

手作り うな丼

2021年08月30日 05時00分00秒 | 手料理
スーパーで売っている中国産のウナギ、ちょっと安い時に購入して冷凍にしておきます。



自然解凍というか、包丁で切れる程度まで解凍してからカット。





ミニ蒸籠で10分程度、身がフワッとなってくれるので、蒸籠は重宝します。



和山椒をかけて・・・、1尾1,200円ですが、二人で食べたら600円、うな丼をすき家で食べてもこんなに安くないと思うとお得ですよねぇ♪

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

我が家のハチ

2021年08月28日 05時00分00秒 | あずましい話題
さて我が家の「ハチ」、マイペースで推定3歳になったのですが、古い猫じゃらしじゃ遊ばなくなってきました。
最近、窓の網戸越しに大きな声で外に向かって鳴くことがあるので、そっと後ろから見てみると・・・、猫が。
それも、日によって違う猫が3種類確認しました。 網戸、押して突破する感じではないですが、今まで見たことのない猫が来るようになったのでした。



今年の猛暑の時も、窓際のベットの上に置いてある毛布地の上で寝ていたのですが、暑くないの?





テレビでドキーマンのCM見ていたら、たしか我が家にもあったような・・・ありました。
嫌がると思ったのですが、これが何とそれほどでもなく顔をそらしません。
何か気持ち良いのでしょうねぇ・・・(笑)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

江別市 EBURI内 「なかしべつラーメン あら陣」

2021年08月27日 05時00分00秒 | グルメ~ラーメン
8月14日に掲載した「なかしべつラーメン あら陣」です。







開店11時ちょうどぐらいに行ったのですが、すでにオープンしていて何か混雑しているではないですか。
券売機前で、自分の前のお客さん4人がお店の方と・・・、何か割引券を出してゴタゴタ。



何とか食券を出して、呼び出しベルを受け取り待つことに。





「北海しまえびラーメン」、ちょっと知人から話を聞くとエビエビそんなに強くないと言う事でチャレンジしてみました。
海老のはんぺんが乗っていて、スープはエビの味が濃くなく味噌の香りもしてとても美味しいではありませんか。皆さんがオーダーするのが分かります。





前回の味噌もそうですが、ちょっと麺の量が少ない感じなのでライスと一緒に(笑)。 最後はやはりこれですよねぇ、スープ+ライスで完食です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

尾道ラーメン (冷凍)

2021年08月26日 05時00分00秒 | グルメ~ラーメン
イオンの冷凍コーナーを覗いていたら、300円代のちょっとお高めな尾道ラーメンに目がとまりました。



手に取るとずっしり重い・・・。





どうりで重いはずです、具材・スープ全てがそのままの姿で冷凍になっているのです。







作ってみました(笑)。ただ鍋に入れるだけという簡単で良いのですが、うーん、自分の知っている尾道ラーメンじゃなかった~(泣)。

5月18日に掲載した時も口に合わず失敗したのに、またやってしまいました~。
やっぱり知っている「尾道がんぼうラーメン」を、取り寄せた方が間違いないなぁ。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

岩見沢市 「ボンベイブルー」(インドカレー)が、閉店。

2021年08月25日 05時00分00秒 | グルメ~カレー
2013年8月22日2016年4月21日に掲載した、「ボンベイブルー」が閉店してしまいました。



2016年の時は江別市内のスーパー前での販売車でしたが、この後このスーパーの店舗内で営業していました。
結構テイクアウトで利用していたのに、何時だったか撤退してしまっていました。

また一つ、知っているお店が消えていくことは悲しいなぁ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

石狩市 佐藤水産(サーモンファクトリーのおむすび)

2021年08月24日 05時00分00秒 | グルメ~その他
昨日の続き・・・の、佐藤水産のファクトリー店のおむすびです。
おむすびと、おにぎりってどっち?





店舗が大きくて入り口が2ヶ所、北側のこの入口を入るとすぐにおにぎり専門の屋台?があります。(店内、出来立てコーナーにもおにぎりはあります)




「えーっ、おにぎり1つ高くない?」と、感じると思いますが・・・。







購入して、店舗の裏側にある休憩スポットで食べてみます。
見ての通り2種類、大きさ分かるように運転免許証(古い物)で比べてみてください。
大きくて、重さもあるんですよ。





かじった写真で申し訳ないのですが「てまり筋子」、コンビニの筋子のように一口でなくなるようなケチな量ではなく、
筋子がたっぷり入っていて、味付けが良くて最後にはお米が足りなくなるぐらいの満足感と、おにぎり一つでお腹に結構溜まりますよ。



もう一つの「鮭醤油ハラス」は、自宅に戻ってから包丁で切ってみました。
具材はコンビニおにぎりのフレークではなく、手でほぐしたような感じで醤油味が濃くないハラス身です。
食べてから、重さが分かるように計りに載せている写真を撮ればよかったと後悔・・・。

ミックスと手まり筋子はちょっと高いけれど、2階のレストランで食べる思いしたら安く感じるなぁ、お店マジックに乗せられている?
次回も立ち寄っちゃいそう(笑)

※雑学  「おにぎり」「おむすび」「にぎりめし」の3つは同じもので、単に「呼び方が違うだけ」というのが広辞苑の見解だそうです♪
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クロスバイクで佐藤水産(石狩市)まで行ってみた

2021年08月23日 05時00分00秒 | バイク(自転車)
7月2日に掲載した以来に、久しぶりに北方面のコースを走ってきました。
夏になると南風になり、お昼ごろからちょっと強くなり帰るルートが向かい風で疲れるので避けていました。



7月の猛暑がウソみたいに、オリンピックのマラソンが終わったとたん30度越えの気温が、一気に最高気温17度までに下がった時は寒かった~。
そして20日の朝、気温は18度程度ですが車庫と車の屋根には朝露が・・・、秋です。





① 石狩川を渡るいつもの石狩大橋から河口方面、雲一つない青空が気持ちいいです。



② 新石狩大橋の4車線化のために橋を新たに制作していましたが、すでに接続されて繋がったので、クレーンが取り外されていますね。



③ 農村地区の八幡、約2㎞にわたってひまわりが植えられていてお持ち帰り自由ですが、この日はすでにピークが過ぎちゃっていました(泣)。





④ 国道337号線からの学園都市線(札沼線)、前にも書きましたがこの橋梁は約1㎞で強風が吹くので防風版があるため、列車からの眺望は望めません。



⑤ 札幌大橋もほぼ同じ長さ、歩道は札幌方面に向かって左にしかないのですが、2016年まで片側1車線の対面道路だったためです。
現在は河口側に2車線の新しい橋が作られ4車線になっていますが、新しいのに歩道がない・・・。現実的には歩く人はいないかもしれませんが、この4車線を渡るのは辛い・・・。



⑥ 何時ものコース石狩川の左岸堤防上ですが、必ず自転車とランニングの人が数人いるのに誰もいない・・・何か不気味です。







⑦ ちょっとピンボケですが、ハマナスの花と美が綺麗でした。
10時30分この時点でご覧の気温ですが、この日は空気が乾燥していたので暑さをあまり感じないというよりは、風の中に冷たさを感じます。
6月末のあのジリジリ太陽の影はなく、もう秋の太陽になっているようです。



⑧ 石狩河口橋まで来ましたが、見かけたのは河川敷でラジコン飛行機を飛ばしているおじさんグループと乗馬の2人だけ。
今まで、堤防上で誰にも合わない事なんてなかった・・・。










赤丸がファクトリー


⑨ 北海道では大手で有名な「佐藤水産」、その石狩ファクトリー店です。
多種多様な海産物が販売されていて、新千歳空港はじめ札幌市内数店、羽田空港内にもあります。
このファクトリー店の残念な所は、レストランメニュー価格がほとんどが1,000円以上・・・。
北海道人から見ると、海鮮丼、お刺し身系はちょっとお値段が高い気がするのは自分だけかなぁ。
インバウンドや観光バスの名所だから仕方ないのかな?





⑩ 帰りも同じルートでしたが、この時点では誰もすれ違わなかったけれど、来るとき乗馬している女性二人に承諾を得てパチリ♪
子どもの時、近所の農家の友達が鞍のついていない道産子に乗って来て、その馬に乗って遊んだことがありました。当然落ちたことも(笑)。
今でも馬に乗れるかなぁ、手綱の使い方は覚えているけれど・・・。

⑪ 写真はありませんが、ママチャリと初めてすれ違うと、その先に歩いているような人が・・・。
ロードバイクを裸で押している人です・・・、「大丈夫ですか?」と声をかけると「パンク・・・」と一言。
石狩方面に向かってパンクしたのでしょう、引き返してサイクリングシューズなのでペダルに付けたままで靴下で歩いていました。
パンク修理キット、積載しようかと思っているのですが自分の自転車はタイヤが太く(接地面は細い)パンクしにくい仕様なので迷っていて購入していません。
「ゴメンナサイ、持っていなくて」と言うと、「声かけてくれてありがとう」と。



⑫ 文学の碑で休憩です。 ここからJRの下の砂利道・・・。 



⑬ あーっ、やっぱりこの砂利道は嫌だなぁ~、押して歩いてもタイヤ真っ白になるし・・・。



ポケットからぶら下げているのですが帰りの自宅付近の気温、やっぱり秋の風が混ざっているので汗を感じません。
しかし、自宅内に戻ると一気に汗が噴き出してきました。
半袖半ズボンで走れるのも、もうあとわずかと思うと気が重くなってくるなぁ~、除雪かぁ(笑)。

 


携帯アプリのデータです。


つづく
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

江別市 味処 一 (はじめ)

2021年08月21日 05時00分00秒 | グルメ~居酒屋
7月22日に掲載した「味処 一」です。
ワンコインで食べられるお店、カレーのパンドラ、とりしょうと次から次と閉店してしまい、ここ「一」と「とっちゃんカフェ」しか無くなってしまいました。
とっちゃんは近日値上げすると言っていたし、どの程度の値上げなのかなぁ。







土曜日の13時過ぎでしたが、先客2名とすぐにお一人様入店で、大将暖簾外しちゃった。



相棒は猛暑も過ぎたので、いつもの鍋焼きうどん(笑)。



自分は珍しく天丼、具材は海老、厚いイカ、しし唐、ナス、アスパラ、ピーマン、厚切りサツマイモ。
目の前で揚げてくれるサクサク天ぷら、600円で食べられるなんて嬉しいです。

駐車場は、前回掲載したので参考にしてください。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

栗山町 食事処 案山子(かかし)

2021年08月20日 05時00分00秒 | グルメ~食堂
中心部からちょっとだけ離れた住宅内にある昭和レトロな食堂「食事処 案山子」です。











18日に掲載した「名取屋」内で話した「すでに口がチャーハンになっていたので・・」、実はこちらのお店に来たのですが、臨時休業だったんです。
GoogleMapで見つけて、チャーハンが美味しそうだったので今回リベンジ訪問です(笑)。
店内は昭和レトロな感じ一杯、年配のご夫婦で営んでいるようですが、自分が座ったテーブルの上には大きなケースが乗ったまま(汗)。





7月1日に値上げしたようで、チャーハン100円高くなっていました。
お任せ定食と焼き魚定食は、700円から1,000円に、上げ幅がランダムのようです。





調理工程が見えたのですが、普通はたまご入れてからご飯、そして具材が普通だと思うのですが、具材を炒めてからご飯投入していますよ。
ここもまた愛想の無い奥さん登場で、「はい」と一言配膳、そしてテーブルの上にあったケースを無言でやっと奥のテーブルに移動、「ごめんなさい」も「すいません」もなし。
あれ?GoogleMapに掲載されているチャーハンには、コロッケ?が乗っていたのに無い・・・。
キャベツの千切り・・・、マヨネーズもドレッシングもかかっていない(泣)。
チャーハン自体は、小さく刻んだ具材(人参・チャーシュー?・他分からない)が入っていて、最後に醤油を鍋肌にマブシタちょっと濃い目の味で、ここもお味噌汁でした。

出前の予約が入っているようで、大将仕込みしているのですが・・・、エビフライの衣作っていましたが、奥さんに目の前にある「この玉子、何であるんだっけ?」とそれらしい質問が数度。
気になる方は、早めの訪問をお勧めしたいです。
支払い時、大将が対応してくれましたが、奥さんに「何だった?」と聞いて、「750円!」と一言奥さん。
大将は「ありがとうございました、自転車気を付けて」と声かけてくれましたが、奥さんからは、一言も無し。
北海道内、田舎にある一軒だけのお店に散見される昔ながらの食堂でした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする