あずましい日々・・・その後

あずましい(ゆったりすること・満足のいくこと)出来事、旅行・写真・バイクツーリング・グルメ・ランチ・北海道の話題を!

砂川市 名がないループ橋

2019年08月30日 | ドライブ
8月19日に掲載した北海道のループ橋の続きです。



砂川市の道道115号と627号を結ぶ全長2.5㎞山越えのルートです。


ここを左折



道道115号からの入り口は、標識も案内も何もないのですが、このような看板がありました。



すぐに二車線から一車線に変わります。



頂上?付近で砂利道に・・・。



北海道では狭隘な林道の部類なのですが、本州から見たら国道クラスでこのような道が多くあります(舗装されていますが)。





ループ橋手前で舗装路に変わりました。





このループ橋は、道道627号の交差点からだと、全貌が見ることが出来ます。
橋に必ずある「橋名板」も設置されていない・・・(泣)。
2001年に25億円かけて作られたこのルートは、現在も地域の方の利用がほぼ皆無というから、何か訳ありの建設だったのかと思ってしまいます。

興味のある方は、ちょっとググってみると良いでしょう。
コメント (2)

ニセコパノラマライン ツーリング

2019年08月29日 | ツーリング・バイク
27日火曜日、天気が良かったのでニセコ方面にツーリングに出かけました。



8時に自宅を出発して、9時30分頃余市町に到着。
メッシュジャケットと防風インナーで、走っていてちょうどいい気温です。
余市の農道では、ぶどうの薫りが風に乗って感じ、稲穂が少し垂れかかり始めていました。







共和町前田を走っていると、このような動物たちが・・・。
思わずバイクを停めてしまいました(笑)
農家さんらしくジャガイモをトラックから下ろしていますが、これは趣味なのかなぁ?



岩内側から、パノラマラインに進入です。
平日なのですれ違う車両は数台のみ、前も後ろも車両がいないので走りやすいです。



頂上を通過してニセコ側まで走りましたが、たぶん気温は一桁台じゃないでしょうか、一気に体が冷え切ってしまいました。



立ち入り禁止だった「大湯沼」も、一部遊歩道が改修されていましたが、一周出来ないようです。
相変わらず、もの凄い硫黄臭と高温の湯が沸き出ています。

道の駅「ニセコビュープラザ」で、新じゃがとでんぷん粉(片栗粉)、枝豆を購入して支笏湖経由で帰宅、7時間で302㎞の行程でした。
コメント

札幌市厚別区 餃子の王将

2019年08月28日 | グルメ~中華
今年3月26日に掲載した「札幌市厚別区 餃子の王将」です。

今回はディーラーで車の点検が終了し、ちょうど近くの王将の開店時間だったのでテイクアウトで立ち寄りました。



 


前は単品メニューをテイクアウトしていたのですが、お弁当があることに気が付きお弁当に。
このメニュー、レジにしかないので気が付かない人もいるはずです。





待つこと10分ちょっと、熱々弁当登場です。
自宅で食べましたが、ザーサイ、チャーハンとも満足できる量です。
餃子も3つ、鶏のから揚げ、ポテトサラダと満足な内容でした。
コメント

江別市 アジアン食堂 スーリヤ 江別野幌店

2019年08月27日 | グルメ~カレー
4月11日に掲載した「アジアン食堂 スーリヤ 江別野幌店」です。





平日13時過ぎ、お客さんが一段落した感じで帰っていくお客数組。

  

毎回ですが、何を注文するか迷ってしまいます。
(メニューは他にもあります)



相棒は、「スーリヤセット」。
ナンの下には、ターメリックライスが隠されています(笑)



自分は、「チキンと野菜のスープカレー」辛さ4です。
ここのお店は、全般的にルーもスープも多いので自分は好きです。

後から来た学生さんらしいお客さん、メニューには辛さ6しかないのですが、なんと辛さ20を注文していました(驚)!
いやー、どんな味なんでしょうねぇ?
コメント

江別市 EBRI  MENZO

2019年08月26日 | グルメ~ラーメン
野幌駅近くの商業施設内の「MENZO」です。





ブログに毎回は掲載していませんが、何度か行っています。





あっさり醤油登場です。
柔らかいチャーシュー2枚、濃い感じのスープの色ですがあっさりしています。



壁にこのようなポスターがあるではありませんか。
朝らーですかねぇ。
どのような味なのか、とても興味が沸きます♪
コメント

レーダー探知機の更新

2019年08月23日 | その他
自分の車には、交通安全啓蒙のつもりで探知機を積載してあります。
この度5年ぶりに、新機種に更新してみました。



上の箱が、今回購入したものです。
取り締まりは、登録されている場所を事前に知らせてくれますが、それ以外の場所で単独で走行中の測定には効力はないですね(泣)。
まして今のパトカー積載は、レーダー測定ではなくレーザー測定が主流になりつつあり、カメラも付いているので、法定速度を守りましょう。

この機種は、「災害・危機管理情報サービス」(地震、津波などの災害情報、避難勧告などの発令状況について、人工衛星みちびきから送信するサービス)が表示と音声で知らせてくれるのがいいです。
7月初旬に購入して走っていたら、北海道地区の大雨に関する情報が鳴りビックリしました。

情報データも、自宅Wi-Fiを自動接続して毎月更新するので手間が省けます。

北海道は、特に測定器を搭載しているパトカーが多いです。
取り締まり職員の冬期間の防寒対策、市外までの距離があるのでパトカーのみの移動で済むなどの理由かなぁ?

移動式のオービスレーザー取り締まり機も登場して、市街地でのサイン会場が必要ないことから、これから主流になるかもしれませんね。
法定速度を守りましょう♪
コメント

神恵内村 まるまん食堂

2019年08月22日 | グルメ~食堂
積丹一周ツーリング時、お昼前に神恵内を通ったのですが、いつもなら「勝栄鮨」となるのですが、
月曜日は定休日なので、このチャンス(笑)にもう一軒のお店「まるまん食堂」に入ることにしました。









入店すると、厨房から大将が「いらっしゃい」と。
店内は、昭和そのままの姿でテーブルといす、小上がりにテーブル二つ、お水はセルフ体制。

 


各テーブルにはこのメニュー表が掛けられていて、入り口に写真入りのメニューが一つ用意されていました。





「浜ラーメン」、何か懐かしい響きではないですか。今風だと海鮮ラーメン?の呼び名でしょうか。
名前に負けて注文しました。
待つこと数分、とても不愛想な奥さんが期待通りのラーメンを持って来てました。
市場の食堂なら豪華な具沢山なイメージですが、昔ながらのシンプルな具材姿、ワカメたっぷり♪
スープ、ちょっと辛みがあるのですが魚介の臭みが全くない塩味、美味いです。
今回は立ち寄ることが出来て良かった。

昔、函館朝市で蟹ラーメンと言うのがあって、毛ガニ一尾乗っていたのがあったけれど・・・。



コメント

日帰りツーリング

2019年08月21日 | ツーリング・バイク
暑かった日々も和らぎ、天気も良かったので積丹一周ツーリングに行って来ました。



小樽から国道5号を走り余市町に入るとすぐにある標識、読めないですよねぇ。
近くに「フゴッペ洞窟」の文化施設があります。





同じく余市町の「えびす岩と大国岩」。
余市市内から積丹半島に延びる国道229号の旧道沿いに立っていますが、今では行き止まりの小さな漁村なので静かな場所です。
まだメイン道路時代から思っているのですが、地震や台風でいつ倒れても不思議でないと思いませんか?



5月の旅でフェリーから見た「神威岬」。
もう3ヶ月も経ってしまうんですねぇ。



帰りに小樽フェリーターミナルに立ち寄ると、17時発新潟行きのラベンダーが停泊していました。
夕方には多くのバイクが乗って、帰るんでしょう。

コメント

伊達市大滝区 和楽来

2019年08月20日 | グルメ~食堂
旧大滝村でしたが今は伊達市と合併し、支笏湖~洞爺湖の国道453号の交通量が多い地区です。
町並みは直線約1㎞、車だと1分程度で通り過ぎてしまう地区ですが、中央付近にお店があります。



年間何度も走るこのルート、前々から気にはなっていたのですが立ち寄る機会がありませんでした。
12時50分頃だったので、この付近で食事が出来るのはここだけなので立ち寄ってみました。





夜はお酒処でもあるようで、ボトルが並んでいます。

  

  

 


メニューが豊富で、洋食系統が充実していますね。
幻の「奥洞爺牛ステーキ」に目がとまりましたが、初めてのお店でちょっとチャレンジの勇気がありません(泣)。



迷った末「豚リブロースチャップ定食」登場です。
おーっ、ただの食堂ではないとすぐに感じます。
サラダはシーザードレッシングで、野菜が美味しい。
お肉の火の入れ方が抜群で、ケチャップソースもしつこくなくお肉とのバランスが良いです。
そしてお味噌汁、和食旅館のようにきちんと出汁を取っていて美味しい。

ご夫婦で賄っているようですが、大将は凄腕だと思います。
近く、洞爺サミットでも出された奥洞爺牛ステーキに、チャレンジしに行きたいと思います。


コメント

豊浦町 大和大橋(ループ橋)

2019年08月19日 | ツーリング・バイク
知っている限りですが、北海道には確か5か所にループ橋があります(汗)
あくまでも私の視点ですが、そのうち2か所のループ橋は1日の利用がどれだけあるのかと不思議な場所にあります。





その1か所がここ、虻田郡豊浦町の胆振西部広域農道です。
地図を見ても、北海道なら当たり前のような遠いう回路があるのに、何故ここにループ橋を作る必要があるのか不思議ですねぇ?







この橋が完成する前は、旧道があったのかは不明です。



近くの道道、ラッキーな道です(笑)

コメント