あずましい日々・・・その後

あずましい(ゆったりすること・満足のいくこと)出来事、旅行・写真・バイクツーリング・グルメ・ランチ・北海道の話題を!

鵡川町 大豊寿司

2014年10月29日 | グルメ~寿司
この時期、鵡川では「ししゃも漁」がピーク。
毎年、シシャモ寿しを食べようと思うのですが、短い期間のため気がつけば終っていました。

今年は行く気満々で、有名なお店「大豊寿司」に望みました。



実は春に1度立ち寄ったことがあります。
入り口を開けている途中から「いらっしゃーい」と通る大将の大きな声で驚くのです。
何か怒られているのかと思うぐらいのインパクト。

11時ちょっと前、すでにほぼ満席状態でカウンターに案内されました。



春の時と偶然同じ席。



早速シシャモ寿しを注文、シシャモ3貫とトビッコ1貫のセット。
シシャモ高騰のため確か865¥程度だったと思います。
タンパクな味の中にサッパリした脂がのっていて、美味しかったです。



さすがにこれだけではお腹満たされないため、相棒は上にぎり。
赤印は、シシャモを移動したのものです。



自分は生チラシ、実際に目の前に来たとき、山盛りに絶句、イクラが流れ落ちています。
具材的には料金よりはお得感がありますが、この具材に埋もれているご飯の量に驚きです。
食べても食べてもご飯が減りません。
小さな声で「食べきれないかも」と話すと大将が、「人見てご飯の量決めているからねぇ~」と笑って話してくれました。
そして、「高いお寿司食べてくれるのだから、ご飯沢山食べてもらわないと嫌なんだ。」と話してくれました。
これで1.400円。
長い人生、数えられないぐらい生チラシ寿司を食べましたが、ご飯を3分の1程度残したのは初めてでした。



この店、大将の元気感と仕事の速さが凄いのですが、フロアーの女性たちが上手く動かない。
大将が「出来上がっているよ~」と言っても返事もしないし、取りにも行かない。
声を掛け合わないから、無駄な動きばかりでお客さんの案内も出来ない。
この1ヶ月あまりの繁盛期間だからでしょうね。



実はこの日の約一週間前の休日、店の前をお昼に通った時の様子。
お客さんが並んでいてました。

メニューは回収されて、写真撮れませんでした。


勇払郡むかわ町文京1丁目8番地
営業時間 10:00~22:00 (10/10~11/10の期間は10:00~21:00)
土、日、祝は完売次第終了します。
定休日 月曜日         
電話番号 0145-42-5222 







コメント

岩見沢市 萬珍閣

2014年10月28日 | グルメ~中華
岩見沢市内の萬珍閣というお店に行ってきました。

4条通りから細い道に入り、なかなか見つけづらいお店かと思いや、4条通りを挟んで2009年11月18日に掲載した「来久」というラーメン店の並びにありました。
何故この店に来たかというと、「台湾ラーメン」が食べられる!!!
恥ずかしい話、「台湾ラーメン」というものを知りませんでした。
そこで隣町に存在することを知りやって来たのです。



ランチメニューから今回は、「豚骨台湾ラーメンとチャーハンセット」「台湾ラーメンと春巻きセット」を注文。
開店10分後の入店だったたため、お湯がまだ沸いていなかったのか少し静かな時間がながれましたね。
その間、他のメニューを眺めながら時間を過ごしていましたが、何を見てもとっても美味しそうな感じ。











厨房から調理の音がしてきました。
店内には、色々なメニューが張られていて目移りしっぱなし。







まずは「台湾ラーメンと春巻きセット」がやって来ました。
麺の上には挽肉とゆで卵。
スープを飲んでみると、すっきりした醤油ベースなのですが、あとから何処かにビリッと辛味があります。
春巻きは、私には少し味が濃い感じですが、ご飯のおかずとしてならちょうど良い感じ。



「豚骨台湾ラーメンとチャーハンセット」が続いて登場。
とても綺麗な白いスープ、豚骨系の臭いは一切しません。
飲んでみると、驚きの味。
サッパリしているのにしっかりした動物系の味、とてもクリーミーで体験したことのないスープです。
そして、やはり何処かに辛味があり食べ終わる頃には汗が流れていました。
チャーハンは、具材は卵とネギ、かまぼこ系?でシンプルですが、ふっくらした薄味。

私はラーメンスープは体調のために飲み干しませんが、このスープは別格です。
是非近く、また食べたいセットでした。

岩見沢市4条西2丁目1-2
TEL 0126-35-4466
   
営業時間 11:00~22:00
  定休日 不定休


コメント

積丹町余別町  浜寿し

2014年10月27日 | グルメ~寿司
夏の盛り、積丹の先端余別にある「浜寿し」に立ち寄って見ました。
ちょうど、ウニの最盛期でしたが、あえて特上生を頼みました。







夏休みなので、アルバイトのお兄ちゃんとおねぇちゃんがあたふた。
すぐに年配の家族が入店し、ウニ丼を注文していました。
ウニ丼は好きですが、途中から味が飽きてしまうのでお店で食べる事が少なくなりました。



やって来ました。
うーん、この積丹の先端で見た目は普通。

食べても特別な感想はなく、場所柄ちょっと自分では期待大だったせいもあり、感動はありませんでした。

この後、いつも行く神恵内の勝栄鮨の前を通ったのですが、いつも混んでいるはずの店が並んでいなかったのでちょっと残念。


所在:北海道積丹郡積丹町大字余別町9-12
電話:0135-46-5334
時間:11:00~21:00
不定休
コメント

留寿都村 元祖みそまんじゅう本舗梅屋

2014年10月21日 | グルメ~ケーキ・お菓子
留寿都といえば遊園地かスキー場が頭に浮かぶと思います。

小さな町の中に「梅屋」みそまんじゅうが販売されています。
なんとも不思議な味が魅力で、私は子どもの時から食べていました。
数年前、店舗を新しくしたので分かりやすくなりましたが、その前は木造で知らなければ入る気分には勇気が必要な雰囲気でした。



お店に入って声をかけると、奥からおばちゃんが出てきました。
「バイクかい、今日は天気がよいからいいねぇ」と。

二箱買うと、おまけに二つ袋に入れてくれました。
防腐剤を一切使用していない、昔ながらの味。





遊園地など行ったときに、是非お試し下さい。


留寿都村留寿都53−1‎
0136-46-3450
8:00~19:00
不定休

コメント

浦臼町 しいたけ飯店

2014年10月19日 | グルメ~中華
浦臼町にある中華店「しいたけ飯店」。
私はけつこう昔から年間数度ですが利用していましたが、ご無沙汰していました。




昔、日曜のお昼時は席が埋まって待ち時間があるぐらいの人気店でした。
料理人は本場の方がたしか2人ぐらい居て、ホールスタッフも数名いたぐらいの混雑。
私の職場でも、一度宴会をしましたが美味かった。



(メニューは一部だけ写真)

その当時、必ず食べていたのが「しいたけラーメン」と「蒸し餃子」「水餃子」でした。
ラーメンはしいたけたっぷりの塩味で、サッパリ味の中にコクがありました。
餃子は、厚皮のモチモチ、アンの味も文句なしでした。

しかし、今は平日のお昼しか行っていませんが、お客はそれなり。
いつも頼んでいたメニューの味も、変わってしまいもう頼まなくなりました。
私の趣向が変わったのかもしれませんが・・・。



先日、お腹が空いて偶然お店の前を通ったので、思い切ってチャーハンを。
前にも言いましたが、チャーハンはなかなか頼まないメニューなのですが、何故か食べたくなりました。

見た目は綺麗な彩りで、昔と変わらない感じです。
さて味は、・・・変わっていました。
キュウリの漬物は私の苦手な発酵しずぎのすっぱさ。

一時、国道12号線「三笠道の駅」で支店を運営しているときに利用したのですが、頼んだメニューが品切れとかあり得ない返答が帰ってきて驚いたことがあり、やはり閉鎖になってしまいました。

昔の味が懐かしいお店でした。


浦臼町 字浦臼内174番地40
午前11時~午後9時(ラストオーダー午後8時30分)
定休日:毎週水曜日
0125-68-2128

コメント

室蘭本線 母恋駅の駅弁 「母恋めし」

2014年10月17日 | グルメ~駅弁
すっごく久しぶりに室蘭へ行ってきたので、懐かしい母恋駅の駅弁「母恋めし」を購入しました。

今では1時間に普通列車がのぼり1本、くだり1本程度しか走らない室蘭~母恋~御崎~輪西~東室蘭間。
それなのに、駅弁が売られているのです。






駅内の小さな売店に数個並んでいました。
とても綺麗でおしゃれな包装。



包装を開けるとかわいい絵で内容が描かれています。
初めての方は、期待大になりますよね。



フタをけると、一つずつ包装されている具材がぎっしりと。



本物のホッキ貝に、昆布とホッキの出汁でたかれたおにぎりに、ホッキ貝が入っています。
少し甘口のご飯に、プリッとした貝は絶妙なバランス。

他、燻製玉子、燻製チーズ、茄子の漬け物、ハッカ飴。

この顔合わせは、絶対に列車内でチビチビ飲みながら車窓を楽しむ為の品揃えではないかと私は思います。


コメント

2014年バイクシーズン終了

2014年10月16日 | あずましい話題
ついに今年もバイクを冬眠させる時期が来ました。
昨年は10月18日、今年は2日早い本日。

昨日、天気が良くウィンターブルゾンを着込んで支笏湖、洞爺湖、ニセコパノラマライン、岩内、神恵内、余市、小樽と380㎞のツーリング。
すれ違ったツーリングバイクは6台のみ。
さすがに空気は冷たかったのですが、風もなく信号待ちなどは気持ちが良いぐらい。
グリップヒーターの有り難さが一番分かるこの時期、MAXで使用しているとポカポカ。

昨日帰ってきてから洗車ワックス掛けして、本日除雪機と場所の交代。
保険屋さんに、任意保険の解約も連絡しました。

今年は4月19日に乗りだし、今年の走行距離は8,056km。
来年の4月は車検なので、4月に入ったらすぐにバイク屋さんに持ち込まなければなりません。
ついでにタイヤも交換しようか迷うところです。
まだまだタイヤの溝はあるのですが、特有な片減りが現れていて、コーナーなどバイクを傾けるとハンドルに振動が伝わってくるのが気になるのが嫌なんですよね。



又半年、この除雪機が活躍する季節、いやだなぁ。


コメント

稚内市 おまん (おでん)

2014年10月15日 | グルメ~居酒屋
毎年秋に用件があって稚内に行きます。

宿泊は数件泊まりましたが、今回は稚内駅近くのホテルに泊まりました。
稚内駅周辺は、駅前開発やらで雰囲気が変わっているのですが、その前に居酒屋などの飲食店は少なく、
飲食店が多いのは「南稚内駅」周辺であり、営業車を利用してまで行く必要性もないですね。

だいぶ前に個人の食べ歩きブログで、おでんが美味しいお店の紹介を見つけていました。
そのお店が今回のホテルから歩いて数分、行ってみることに。
何度もお店の前を通っていましたが、あまり気にとめていなかったらしく記憶にありません。



入るとカウンター席5人程度、小上り席3つのこぢんまりとした店内に、白髪を後ろで束ねた年配の女将さんが笑顔で迎えてくれました。
この日は大荒れの天候で気温が低く、おまけに風が強く、ホテルから歩いてくるだけでも大変でしたが、ビールを注文。



ビールが来る前に、おでんをのぞき込んでいるとお通しが来ました。(いつもこのホタテ煮らしいです。)
具は見えているのだけでなく、下にも色々と沈んでいると説明してくれて、箸で持ち上げて見せてくれました。





説明のいらない具ですが、このすじ肉がすごい。
厚みがあって大きいのですが、とても柔らかく口の中でとろけてしまいそうなぐらい。

昆布だしなのですが、関西風よりまだ味が上品で薄味なのに、どこか芯があって食べ飽きない。
大根はもとより、昆布がうまい。






なにやら旭川の男山で造っているお酒と、サンマ煮を注文。
このサンマ煮、脂がのっているだけでなくこれまた薄味なのに絶品な味。
途中から、女将さんより若い女性スタッフが加わり、会話が弾みます。

2時間半カウンターにて時間を過ごしましたが、途中他の3組のお客は食べてはすぐに帰って行くのです。
そのたびに、会計額がとても気になりました。
実はこのお店、メニューが何処にも無い。

おでん以外にも何があるのか聞かなければならないのですが、2人とも気さくな人なので聞いてみましょう。
最初はこちらから話しかけなければ、話しかけない感じです。
よく言えば、お客さんの意向を探っているようですね。
私は楽しくお話しできましたから。

創業55年、16時から開店していますが、昔はお昼過ぎからやっていたと話していました。

また伺いたいお店です。


稚内市中央2丁目13-7
16:00~23:00
日曜(年末年始休)
0162-23-4188





コメント

美深町 むつみ食堂

2014年10月14日 | グルメ~食堂
お昼時、道北にある美深町を通りかかったので、目にとまった「むつみ食堂」に入ってみました。
美深と言えば、「井上食堂」が思いつくところですが、勇気が無く未だに入る決断が出来ません(笑)。
(興味がある人は井上食堂を検索)
その昔、美深温泉でチョウザメ丼を食べたことがありますが、ヤツメウナギ(北海道ではちょっと有名)に似ていて私の口には合わなかった。



さて、まだ11時過ぎなため誰もいない店内に入ると、小さな声で「いらっしゃい」と娘さんかな。
ご夫婦と娘さん?で切り盛りしているようです。
美深は蕎麦も美味しいし、暖簾に「手打ち蕎麦」とあったので胃袋は蕎麦モード。
メニューは食堂だけに、麺類からご飯物だいたい揃っていますが、テーブルに夾んであった特別メニューが目にとまりました。



うーん、この3点盛りは他の店に無いメニューなので、迷った末に注文しました。



「おまちどうさま」と娘さんがまたまた小さな声で持って来ました。
カツは3切れ、エビは1本のとじは、特別ではありませんが、手間がかかる感じです。
豚肉は、甘いタレにサンショウがふりかけられていて、サンショウのアクセントが好きでした。
ボリューム満点とありましたが、ご飯の量は普通で物足りない人もいるかもしれません。



醤油ラーメンは、美深産の小麦ハルユタカで造られているそうです。
スープは旭川ラーメン風、それなりの食堂のラーメンでした。

食事中に、奥さんが厨房の奥から出で来るなり「いらっしゃいませ」と大きな声が響きました。
この店は、この奥さんの声でもっているのかなぁ。
一度もご主人の声は聞くことが無く、職人気質なのかもしれませんね。

美深だからいいのかも。

美深町大通南4丁目
[定休日]不定休
[営業時間]11:00~20:00
01656-2-1271





コメント

旭川市 ラーメンふるき

2014年10月11日 | グルメ~ラーメン
知人に連れられて、旭川市の「ラーメンふるき」に行ってきました。
行く前から「1時間ぐらい待つの大丈夫?」と言われ、「えっ、そんな人気店?」とちょっと覚悟して行くことに。

まずは「店の前に車を停めて」というのでその通りに。
店前には待っている感じの人が数人、お店横の駐車場の車の中にも数人います。
知人はお店の中に入っていき、ちょっとしたら出てくると、「40分程度待つよ」。

聞くと、カウンターで人数と何を食べるかと携帯番号を記入してきたと。



知人のお勧めは味噌ラーメンと言うことでその通りに。
待つこと40分、電話で店内へと案内されるます。





小上がりは狭く、一つのテーブルに大人4人は辛いです。
ちょうどお昼時なので、座席に座ったときには1時間待ちに。
数組、諦めて帰って行きました。



「おまちどおさま」と来ました。
旭川ラーメンの黄色いちぢれ麺、スープはちょっと濃い感じかな。
何処かで食べたことのあるような味、思い出せないなぁ。
女性スタッフ5人、具材が無くなり次第閉店。
開店前から並んでいるらしく、ハードルが高いお店でした。



ラーメンふるき
旭川市緑が丘3条1丁目1-43
0166-65-1207
平日・・・・・・11:00~15:00ごろ
土・日・祝・・・10:30~15:00ごろ
定休日 月曜・火曜
駐車場は店舗前、横、裏にあり。



コメント