あずましい日々・・・その後

あずましい(ゆったりすること・満足のいくこと)出来事、旅行・写真・バイクツーリング・グルメ・ランチ・北海道の話題を!

漁礁 炒飯

2015年04月27日 | 手料理
炒飯はいつも作っているのですが、今回は隠し味に「エビの漁礁」を使ってみました。
材料は冷蔵庫に入っている物で、人参、ピーマン、長ネギ、ナルト、栗山ベーコン、生卵とこんなところです。



先ずは、熱したフライパンにサラダ油を適量(適当)入れてますが、今回はベーコンからの油を考慮して少な目にしました。
ベーコンの香りがしてくるところまで炒めます。



そして人参とピーマンのみじん切りを投入し炒めます。



軽く火が入ったところで溶き卵を投入し、油を吸わせる感じで軽く混ぜます。



すぐにご飯を投入し、塩コショーを適量振り半熟感じの卵とご飯を混ぜ合わせるようにフライパンを振ります。



混ぜ合わさったら、ご飯を手元に寄せかせ、鍋肌にエビの漁礁(大さじ1)を流し込むようにして入れると
エビの香りがフットして来たので焦がす寸前のところでご飯と混ぜ合わせます。
そして、長ネギとナルトのみじん切りをいれてから、日本酒をふりかけ最後にフライパンを軽く振って完成となります。



たまたま三つ葉があったので添えてみました。
漁礁を使用したのは初めてでしたが、何かコクが出てきて醤油にはないさっぱり感でいい感じです。
今回はベーコンだったのでちょっと燻製の香りが先に出てくるので、ベーコンでなかったらもっとあっさりしたコクが楽しめるのかもしれませんね。

油の量が大切なので、何度も作って感覚を覚えましょう。
玉子に油をなじませて、ご飯一粒一粒にコーティングするイメージを持つとよいかもしれません。素人考えですが・・・。
今回もそうですが、きちんとパラパラ炒飯が出来上がります。





『男の料理』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 車検終了   | トップ | ホームページの新作写真 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

手料理」カテゴリの最新記事