イエス様への応答文

カトリック姫路教会宣教チームです.ミサの中で心に残った一言を皆で分かち合いましょう.

待降節第二主日

2018-12-10 20:40:03 | 日記

みなさん,こんにちは!姫路教会宣教チームです.

待降節にはいり,姫路教会でも教会の入り口に馬小屋が

飾られました!昼間見てもすばらしいのですが,

夜のライトアップの様子は,聖夜の雰囲気がよく表現されていて

とても素敵なのです!皆さん,ぜひ見に来てくださいね!!

今週の応答文をご紹介いたします.

-----------------------------------------------------------

主の道を整え、その道筋をまっすぐにせよ。谷はすべて埋められ、
 山と丘はみな低くされる。曲がった道はまっすぐに、
 でこぼこの道は平らになり、人は皆、神の救いを仰ぎ見る。」(ルカ3・4-6)
イエス様が2千年前にこの世に来られたことの意味,「主の道」の意味を黙想しつつ,過ごしたいです.
「主の道」をともに歩んでくださるイエス様のご降誕を待ち,祈りのうちに.


待降節第1主日

2018-12-02 20:24:45 | 日記

皆さま,こんにちは!姫路教会宣教チームです.

応答文をご紹介いたします.

待降節は主の降誕を待つ.

主の来臨の時を待つ.

待つためにどのように生きなければならないのか、

悔い改めを願うという説教が心に残りました.


王であるキリスト

2018-11-28 08:50:42 | 日記

皆様こんにちは!姫路教会宣教チームです.

日曜日に教会の方からミカンをいただきました.

亡くなったご主人が庭に植えた木だとのこと,生前は全く実をつけなかったらしいですが

ご主人の死後,急に豊作になったのだとか.しかも,驚くほど甘くておいしいのです.

「ご主人は天国で口惜しがっていますね,イヒヒ・・」と浅慮なわたしが言ったら,以下の答えが返ってきました.

「わたしは不精だから,実がなっても採らない.だから誰かが実を採りに来てくれるでしょう?

実がたくさん採れても一人じゃ食べきれないから,誰かに配り歩かなきゃならない.

わたしが寂しい思いをしないように,彼が準備してくれていたのよ.」

今週の応答文をご紹介いたします.

--------------------------------------------------------

真理に属する人は皆、わたしの声を聞く。」(マルコ18・33)
ピラトやユダヤ人と同じように,わたし自身もなんと真理からはほど遠い生き方をしていることでしょう.世の中は,経済的なこと,合理的なことが最優先として回っていきますが,それじゃだめだと思いながら,でも仕方がないよね,とその流れに身を任せてしまっています.「王である」イエス様の招きにどうしたら応えられるのでしょうか・・・


年間第33主日その2

2018-11-22 08:52:19 | 日記

皆様,こんにちは!

わたしは,毎日備前の山中を通り抜けて出勤しているのですが,

ただ今,紅葉が素晴らしいです!和気の閑谷学校は紅葉で有名ですけど

なんと週末は駐車場が2時間待ちだったとか・・・

和気までは行けませんでしたが,近くの後楽園で落ち葉を拾ってラミネートしましたので

見てください!

今週の応答文その2をご紹介いたします.

--------------------------------------------------

その日,その時はだれも知れない.だから今日一日を神さまに喜んでいただけるように行動したいと思います.


年間第33主日

2018-11-19 15:33:26 | 日記

皆様,こんにちは!姫路教会宣教チームです.

教会の暦もカウントダウン,いよいよ待降節も目の前です・・

日々のことに忙殺されて気は焦るばかり,イライラも頂点だったのですが

職場の(信仰でも)先輩から家庭菜園で採れたレモンをいただいたのをきっかけに

クリスマス用のケーキを準備し始めました.

出張から帰ってきてクタクタの日でしたが,オレンジピールやレモンピールをたくさん炊いたら

気持ちが満たされました.

応答文をご紹介いたします.

--------------------------------

そのとき,人々は人の子が大いなる力と栄光を帯びて,雲に乗って来るのを見るであろう.」(マルコ13・26)
わたしたちの人生は,苦難の連続です.しかし,神様はわたしたちを忘れておられるわけではない,いつも見守って下さり,苦難が苦難の結果として終わるわけではない,ということに心を向け信仰を強めたいと思います.