カトリック情報 Catholics in Japan

聖人伝、教会史、格言、みことばなどを掲載します。フェイスブックのカトリックグループにも投稿しています。

12-5 独裁者カエサルの業績

2018-04-13 02:36:31 | 世界史
『古代ヨーロッパ 世界の歴史2』社会思想社、1974年

12 カエサルとクレオパトラ

5 独裁者カエサルの業績

 エジプトを平定したカエサルは、東方に進み、父の遺領の回復を企てていたミトリダテス六世の子ファルナケスに向かい、ポントス西部のゼラで四時間の激闘ののちこれを壊滅させた。
 この知らせをカエサルがローマにいる自分の友人のひとりに書き送ったのが、「来た、見た、勝った」というわずか三語であった。いかにも武将らしい、簡潔明瞭な表現であった。
 彼は将軍であり、政治家であるとともに一流の文章家であることは、彼の著わした『ガリア戦記』などによっても証明される。この書物では、彼は自分の業績を述べるのに、「私は」と第一人称を用いず、「カエサルは」と第三人称を用いて、客観的に冷静に筆を進め、押しつけがましい方法でなく、自分の手柄はちゃんと明記しているのである。
 カエサルは東方を平定したのち、ひとまずローマに帰った。ローマやイタリアの状態はなお混乱し、民衆を煽動して暴動や蜂起を企てる輩(やから)もあったので、カエサルはこれを鎮定しなければならなかった。
 その間に、ルカトーをはじめとするポンペイウスを支持した閥族派の残党は、しだいに勢力を集結し、ポンペイウスの岳父スキピオを頭目とし、ヌミディア王ユバの援助をうけ、十軍団、騎兵一万五千を数える大軍を編成した。カエサルのほうは六軍団と騎兵二千をひきい、シチリアを経て、十二月末アフリカに着いた。
 紀元前四六年四月、カエサルはタプススの戦いでスキピオを破り、ついでユバをもうち負かした。

 スキピオはイスパニアに逃げようとしたが、海上でカエサル軍に捕えられそうになったので自殺した。
 ウティカを守っていた小カトーは、スキピオの敗戦に抗戦の気力を失い、カエサルがウティカに現われた日に、プラトンの『対話論』を読んで心を鎮(しず)めたのち、従容(しょうよう)として自ら命を絶った。
 カエサルは小カトーの命を助けたい気持ちがあったが、カエサルを暴君とみなす小カトーは、ローマ市民の自由を守って死んだのであった。
 彼は紀元前四六年十月、ローマで盛大な凱旋式を祝ったが、同胞ローマ人に対する戦勝では式が挙行できないので、ガリア、エジプト、ポントス、それにアフリカのユバ王という外敵に対する勝利という形式を整えた。
 このときまで六年間も獄につながれていた、ガリア首長ヴェルキングトリクスは行列にひき出され、そののち処刑された。
 クレオパトラの王妹やユバの四歳の王子も引きまわされた。
 イスパニアではポンペイウス派の残党が、大ポンペイウスの長男グナエウスと次男セタストゥスをかつぎ、原住民をも味方につけ、侮(あなど)ることのできない勢いを示した。
 紀元前四五年三月カエサルとグナエウスらのムンダの戦いは、激戦となった。
 カエサルは悪戦苦闘したが、優勢な騎兵隊がきめ手となって、最後の勝利をつかんだ。
 グナエウスはひとまず脱出したが、隠れ家で討たれた。
 セクストゥスは逃げのびることができた。
 こうしてイスパニアの戦いが終わるとともに、内乱はすべて平定し、カエサルの権力はゆるぎないものとなった。

 カエサルはすでに紀元前四九年と四七年の二度、独裁官になっていたが、四六年には向こう十年間の独裁官となり、ついに翌四五年末には、終身独裁官の地位についた。
 同時に四八年以来、執政官を兼ねていた。
 また終身職の大神官にはすでに紀元前六三年に就任していたことは前にのべたが、紀元前四六年からは戸口監察官をも兼ねた。
 凱旋将軍に一時的に与えられるインペラトルの栄称も彼は永続して保持していた。
 そしてすべての公式の席に出席するときには凱旋将軍の衣服をつけ、頭に月桂冠をいただくことが認められた。
 このほか、政務官指名権、元老院で最初に発言する権なども与えられ、今や名実ともに独裁者となった。
 確かに彼はスラのように引退する気持ちはなく、ローマ史上先例のない独裁者となった。
 カエサルはすでにアフリカから凱旋後、さまざまな改革に着手した。
 その第一は大神官の職務に関連して、これまで混乱していたローマの暦法を、エジプトからよびよせた天文学者の意見に従って改正した。
 すなわち紀元前四五年一月一日から新しい太陽暦を採用し、一年を三百六十五日と四分の一とし、四年ごとに二月に一日の閏日を設けた。
 このユリウス暦は一五八二年、ローマ教皇グレゴリウス十三世によって改正され、現在我々が使用している暦となった。
 第二にこれまで膨張していた穀物の無料受給者を整理して、三十二万人から十五万人にと大幅に減らした。
 その方法は無料配給によらなくても暮らせる者をうち切り、八万人の貧民を海外各地に植民させた。
 そのなかにはあのガイウス・グラックスが計画して失敗したカルタゴの復興が含まれ(実行されたのはアウグストゥスになってからである)、コリントもふたたび繁栄をとりもどした。
 またローマ市の住民の暴動の根源を絶つため、古来の同業組合をのぞいては政治結社を禁止し、またイタリアの大土地所有者が牧場を経営する場合には、その労働者の三分の一は自由民たるべきこととし、奴隷反乱の防止策をとった。
 そのほか法廷の秩序の回復をはかり、陪審員は元老院議員と騎士身分の者にかぎり、刑罰を厳正にし、執政官と法務官の前歴者の属州知事の任期を前者は二年、後者は一年にかぎり、長年在職して弊害を生じないようにした。
 とくに彼はイタリアの田園地域の都市化を計るとともに、これを属州に拡大し、上記のように多数の植民を送り、ローマ市民権やラテン市民権を属州民に惜しみなく与えた。
 こうして彼は都市国家ローマを広域領土国家ローマへと編成がえを行なった。
 元老院議員の数もしだいに増加し、九百人までにし、イタリアや属州の自分の子分を、元老院にどしどし送りこんだ。
コメント

暴君の末路 聖トマス・アクィナス

2018-04-13 01:02:08 | 格言・みことば
 かてて加えて僭主は君主として当然授けられるべき至高の浄福を剥奪され、もっと深刻なことに、刑罰として最大限の苦痛を身に招くのである。というのも一人の人間から略奪をし、その人を奴隷の境遇に陥れ、あるいは殺害する者が最大の刑罰に、つまり人間の裁きにおいては死、神の裁きにおいては永遠.の呪誼、という刑罰に価するとすれば、すべての人から掠め取り、すべての人の自由を蹂躙し、自分の意のなすままに誰彼となく殺害する僭主に、いったいどのような刑罰が考えられるというだろうか。

 のみならずこのような者は容易に悔いることはない。驕慢の風に巻き上げられ、罪の報いとして神に見放され、人びとの追従によって無感覚になっているので、かれらがきちんと償いを果たすことはほとんどないのである。いったい何時、かれらは正義の義務を逸脱して横領したすべての物を返還するのだろうか。かれらがそれらの物を返還するように義務づけられていることは何人も疑いえないところである。いったい何時、かれらは自分たちが抑圧し、いろいろな手を使って不当に傷つけた人びとに償いをするのだろうか。

 その無悔俊ぶりに加えて、かれらは自分が罰せられずに、そしてなんの抵抗も受けることなく、しでかしたすべてのことを正当なことだと思っているのである。それゆえかれらは自分の悪業を悔いて償おうとはしないだけでなく、自分の慣習を権威のごとく利用しながら、後継者たちに罪悪を犯しても恥じない不敵さを伝えようとするのである。かくてかれらは自分自身の所業に対してだけでなく、自分が罪の機会を与えてしまった人びとの罪業に対しても神の御許において問責されねばならない。

 かれらの罪はさらにその任じている職務の尊厳からいってもいっそう重大である。あたかも地上の王が自分に仕える者の不忠に気づいた場合、よりいっそう重い罰をその者らに加えるのと同じように、神はご自分の統治の実行者、奉仕者となし給うた者が不正を働き、神の裁きを悪用して恥じない場合、その者らに対してより重い罰を課すことであろう。それゆえ「知恵の書」(6:4-5)では、不正な王に対してこういわれているのである。「あなたたちは国に仕える身でいながら、正しい裁きをせず、掟を守らず、神の御旨にそって歩まなかった.、神は恐るべき姿でただちにあなたたちに臨まれる。上に立つ者は厳しく裁かれるのだ」。また、「イザヤ書」(14:15-16)はネブカドネツァルに向かっていう。「お前は陰府に落とされた/墓穴の底に。お前を見る者は」あたかも罪に深く沈んだ者のように、「まじまじと見つめる」。

 かくて王が現世の利益をふんだんに得て、神から素晴らしき位の浄福を用意される一方、僭主はかれらの渇望する現世的満足さえ得ようとして叶わず、多くの危険を冒し、さらに悪いことには永遠の幸福を奪われ、最も重い罰に処せられるのである。そうであれば、統治の任に当たる者はよくよく心して自分が臣下に対して、僭主ではなく、王であることを示さねばならない。

 王とは何であるか、民衆にとって王を戴く利益は何か、さらにはまた民衆に対して自分が僭主ではなく、王であることを示すことが王にとっていかに有益かなどに関して、われわれとしては以上で意を尽くしたと思う。

聖トマス・アクィナス 『君主の統治について』
コメント

第3課 教会の設立

2018-04-13 00:54:32 | 新・旧約聖書まとめ
浦川和三郎司教『新約のはなし』1949年、中央出版社

第3課 教会の設立
(1)12使徒

30
○御主は、荒野を出てから何を為し給うたのですか
△御主は、荒野を出てから、救いの福音をのべ伝えなさいました。
 そしてご自分は、いつまでもこの世に留まるわけにはゆかぬ、しかし、救いの恵みは全人類に及ぼし、世の終わりまでに至らしめねばならぬので、自分が世を去った後にも、その事業を続けるに足るべき人物を選び、これが教育に特別の注意を傾けなさいました。最初弟子となったのは、アンドレアとヨハネ、それからペトロ、その次にフィリッポとナタナエル(バルトロメオ)でした。

31
○その弟子の中から特に選び抜かれたものが居ましたか
△はい、だんだんすると、弟子の数も次第に増えました。
 御主はそのうちから特に12名を選んで、これを使徒と名づけなさいました。
 「使徒」とは、「遣わされた者」という意味で、主のみおしえをのべ伝えるために遣わされるはずでしたから、そうした名を得たのであります。

 その12使徒とは、ペトロ(またの名はシモン)と、その兄弟アンドレア、ヤコボとその兄弟ヨハネ、フィリッポとバルトロメオ、トマとマテオ、ヤコボとその兄弟ユダ(タツデオとも言う)、シモンと主を売ったイスカリオテのユダでありました。

32
○彼らは皆同じ時に、同じようにして召されたのですか
△いえ、そうではありません。
 宣教のはじめから、御主に従っていたペトロ、アンドレア、ヤコボ、ヨハネにしても、まだ一切を打ち捨てて、御側につきっきりになっていたわけではない、彼らがいよいよ最後の御召しをこうむって、主の弟子になった次第はこうであります。

 ある日、御主はゼネザレト湖の浜辺を歩いておられましたが、ペトロとアンドレアが網を打っているのをご覧になりまして「私の後においでなさい。人を漁る(すなどる)ものとなしましょう」と仰せられました。二人はすぐさま、網も船も遺して随行しました。そこから少しお進みになると、ヤコボとヨハネが父のゼベデオと船の中で網をつくろっていました。彼らも御主に召されるや、早速網も父も棄て置いて弟子となりました。

 その日のことですか、その後のことですか確かにわかりませんが、イエズス様はペトロの船により、湖畔に群がる人々に教えを説き、それがすんでからペトロに向かい、「沖へ漕ぎだして網を打て」と命じなさいました。

「先生、昨夜は夜中働いて何も獲れなかったのです、しかし御言葉に従って網を下ろしましょう」
とペトロは答えて網を下ろしますと、入りも入ったり、網も破れんばかりにたくさんの魚が入りました。仲間の船を招き、加勢してもらってようやく網を引きあげました。
船は、2そうとも沈まんばかりでした。

 ペトロは大いに恐れ、イエズス様の御前にひれ伏して、
「主よ、私よりお立ち退きください。わたしは罪人ですから」
と申しました。
「恐れぬでもよい、今から人を漁る者となるのです」
とイエズス様は御答になりました。
その後、マテオ(またの名はレウイ)という税吏が、税関に座って事務をとっているのを見て
「私に従いなさい」
とおっしゃると、マテオは言下に立ちあがって従いました。他の七名は、山上の説教のすぐ前に選抜されたもののように思われます。



よろしければ、FBのカトリックグループにもご参加ください。
コメント

聖マルティノ一世教皇殉教者

2018-04-13 00:50:24 | 聖人伝
聖マルティノ一世教皇殉教者         記念日 4月13日



 マルティノ1世教皇は殉教の苦しみを受けた最後の教皇であった。彼はイタリアのウンブリアで生まれ、聖職者として早くから重要な職務について、教皇テオドロ1世の大使としてコンスタンチノープルに赴任した。

 その頃、多数のキリスト信者たちが、キリストは神であるから、人間としての意志は持たないという異説を主張していた。649年に教皇に選任されたマルティノは、ラテラノ公会議を召集してこの説を排斥した。これは勇気のある行動であった。なぜならこの異説は東ローマ皇帝コンスタンティヌス2世が支持していたからである。皇帝は激怒して、病気の教皇をコンスタンチノープルへ強制的に送って、3ヶ月間、牢獄に入れた。その後、法廷で死刑の宣告を下した。

 コンスタンチノープルの総大司教は瀕死の状態であったが、マルティノのために嘆願して、追放の刑に変えさせ、教皇はクリミア半島のケルソンに追放された。病気に苦しめながらマルティノ教皇は多くの辱めを忍んで656年に獄死をとげた。


よろしければ、FBのカトリックグループにもご参加ください。

コメント