キャットてぃるのサックス遊戯+ベース

42歳から始めたジャズプレイヤーへの道のり

ATELIER Z E#289

2019年01月12日 11時57分21秒 | ベース
お正月に新しいベースを買いました。

今回、新しくベースに辺り、自分なりに条件を設けていました。

まずはジャズベースタイプであること。

そして国産メーカーであること。

次にパッシブ系のピックアップが付いていること。
もちろんアクティブもあっても可。

そしてカラーはナチュラル系。
もう絶対にナチュラル!

ネックのインレイはブロック系。
ドットでもいいけど、ブロック系の方がいいな。

それからヒップショットがあったらいいな。
もしついていなかったら、後付けでも付けるつもり。

最後に一番の条件は、指板がメイプルネックであること。
もうこれは絶対!!

あともうひとつ譲れない条件はウエイト、つまり重さで、。
ボディがアッシュで4キロを超えない個体。



そんな厳しい条件をクリアしたのが、これ↓



ATELIER Z E#289 です。



まずは、メーカーはATELIER Z。



国産です。




このモデルは、最初からヒップショットが標準装備。



パッシブとアクティブが標準装備。



ブリッジはメーカーオリジナル。


で、最初は、ピックアップフェンスが標準装備だったのだけど、スラップ、指弾きとかやってみて、ちょっと邪魔だったので取りました。



そして肝心のウエイトは、約4キロ弱。
たぶん今、家にあるベースとほぼ同じ重さ。

ちなみに価格は、(実は、)中古だったので、定価の半額。

でも中古にしては目立った傷もなく、全体的にはかなり綺麗な状態。
フレットも減っていないし、ボディもほとんど傷もなく、前の持ち主は相当大切に使っていない違いない。

、、というのも、なぜかなり使っていた感があるかというと、ボリュームのネジの塗装だけが剥げていたのと、付属のソフトケースのジッパーが相当くたびれていたから。

本当は、(当初は、)新品を視野に入れてベースを探していたけど、たまたま中古で気に入った条件のベースが見つかった為、購入に至った。
なにしろ欲しかった条件をすべてをクリアして、たったひとつ違うところは中古であることくらい。

なにしろ試奏したとき、なんとなく自分にベースが、「弾いて☆」と語りかけた、、という胆地になったのは、、、たぶん、気のせい。(笑)
でもそのくらい手にした時に感じることがあったので、もうこれは「一目惚れ!」としかいいようがないような気も。

そんなこんなで憧れのメイプルネックのジャズベースが我が家に。



そして、これから新たにベースとの戦いが始まるのはいうまでもない。

がんばろう。



『楽器』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 新しいベースを買いました | トップ | アルトサックス練習再開! »
最近の画像もっと見る

ベース」カテゴリの最新記事