Bosoっ

日々考えていることをつぶやいてしまうブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

神戸 泣いてどうなるのか。

2008年10月16日 | Weblog
※画像は「神戸のおすすめスポット」というHPからお借りしました。

正確には神戸の近くの淡路島ですが転勤しました。

今、淡路島の住人です。

まわりは関西弁、関西弁、関西弁こてこてこてこての関西弁です。

姉につきそわれて秋田空港から移住のため伊丹に向かうも
「ホントウに自分はいくのか?
関西?ずっと北方系民族だったのに?」

信じられないまま、ぼんやり伊丹空港に到着。
ホウライの飲茶セットが安くておいしかったです。

伊丹からバスで神戸三宮に向かいました。

これがあの神戸かー。これが・・・。

たしかに女の人たちは綺麗でおしゃれな人が多かったです。

神戸では異人館通りとポートアイランドを観光しました。
異人館どおりは急坂がすごくこたえました。

ポートアイランドでは、観覧車に乗ってきらめく景色や遊覧船たちを眺めました。

「綺麗だねー。あれななにー?」などと会話しながらも
何故ここにいるのか?なぜポートアイランドで観覧車にのってるのか?
という考えが頭をよぎり続けました。

ホテルに帰るのにタクシーを利用しました。
とても親切な運転手さんが市街地の夜景の穴場を紹介してくれ夜景も見ることができました。
これが神戸の夜景なんだー。

翌朝、高速バスで、三宮から明石海峡大橋を渡り、新しい職場のある「淡路島」へ。

淡路島郊外の「イングランドの丘」という観光スポットで姉と”生コアラちゃん”見ました。
コアラちゃん、ガラスをたたきわって捕まえて抱きしめたいほどの可愛さでした。
ぬいぐるみとまるで見分けがつきませんでした。

「おきもんやー(笑)」と近くのおじさん。たしかに。

市街地に戻るため「タマネギのモニュメント」があるバス停に向かうと、またまたとても親切なタクシーの運転手さんが。

「淡路島のたまねぎは最高にうまいんや」
「鳴門のうずしお見にいったらええわ」
と淡路島の素晴らしさをいっぱい教えてくれました。
おじさん、ずっとお幸せであるようにと思ってしまうほど良いかたでした。

翌日、姉は付き添いを終えて帰路へ。
自分は新しい職場に初出勤しました。

いろいろなれないことや久々のことがいっぱいで、毎日、夕方くらいにいっぺんタレますが、無我夢中で生きてます。。。。。。。