Bosoっ

日々考えていることをつぶやいてしまうブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「善き人のためのソナタ」を観ました。

2007年08月29日 | Weblog
いままで観た映画の中で最も素晴らしい映画だと思いました。
そして映画こそは総合芸術だと改めて思いなおした作品でした。

ひとむかし前、といってもまだわずか20数年前、世界は東と西にわかれ、ドイツには、あの悪名高いベルリンの壁があったんですね。
当時はこんなに早く、ベルリンの壁がなくなるとは夢にも思いませんでした。

1984年の東ドイツ、シュタージと呼ばれる秘密警察が国民を恐怖で支配していて、この映画の主人公ヴィースラー大尉は、そのシュタージの一員でした。

非情な国家主義者であるヴィースラー大尉は、「脚本家ゲオルク・ドライマン」とその恋人の「女優 クリスタ=マリア・ジーランド」が体制の敵なのではないかと思い、監視や盗聴を始めます。
ところが、カタブツで非情だったヴィースラー大尉が、芸術の力によって微笑ましく愛とおしい善き人にかわっていき・・・。

優れた芸術は、全ての人の中にある「善なるもの」「勇敢な心」を呼び覚ます力を持っている。この映画を撮ったドナースマルク監督の芸術家としての誇りを感じます。
映像もドイツ映画らしく、硬質で緻密で美しく、「マイスター」という言葉が頭に浮かびました。
善意に満ち溢れ、人間を信じる気持ちを思い出す
非の打ちどころのない素晴らしい作品でした。

「黒い変人」はどう?

2007年08月18日 | Weblog
白い恋人」改ざん、石屋製菓社長が週明けに引責辞任

まさに「北海道」の象徴のようなお菓子「白い恋人」がさんざんなことになってます。
まじに北海道、信用なくし始めててやばいです・・・><;

まぁ、いっちゃなんですが、こんなくらい結構みんなやってんじゃないか?
と思われるのですが、内部告発してくださったかたがいたそうで・・・。

何者でしょう?石屋製菓に恨みをもつ人の仕業かも・・・。
まぁ、うみは早いうちに出しちゃったほうがいいですからね。
自浄機能が働いたということで・・・^ ^;

社長さん
顔が黒い・・・。

出直しで一発かます新製品の名は・・・
「黒い変人」ではどうでしょう?

あっちー

2007年08月14日 | Weblog
暑い。本当に毎日暑い。

TVじゃ沖縄より北海道のほうが暑いと報道されている。

でもやっぱりここは北海道。
基本的に空気さわやか。

東京、名古屋のように1日中、誰かにだきしめられてるような暑さじゃないので、エアコンなしでもなんとかしのげます^ ^

1980円で購入した扇風機1台で暑さをしのぎながら、わたしは考察しました。

”エアコンなしでも”・・・ここがポイントだな。

暑い→エアコンのスイッチオン→室外機の空気で外の温度上昇
→暑い!!→エアコンのスイッチオン→室外機の空気で・・・
この悪循環により暑さが増している・・・。

ということで、
暑い!!→エアコン使用禁止!
暑いときにはあたりまえに汗をかき、冬の間にすっかりためこんだ老廃物を排出する。そして、ピークの時間にはシエスタを決め込む。

にするとどうなるのかな?
まちがいなく地球環境によさそう。