気まぐれ徒然かすみ草

近藤かすみ 

京都に生きて 短歌と遊ぶ

ね。と結び空気をすこし落ちつける罫紙の白は冬のはじまり

時時淡譚 小潟水脈 ながらみ書房

2019-10-09 22:48:37 | つれづれ
兎ひとつ座れる形にレジ袋ベンチにありて夕暮れてゆく

カレー食はせた知人の歌集の批評会意地でも短歌にしやうぢやないか

暗き窓にわが首ひとつ流れたり電車ゆるゆる車庫へと動く

かくしごとしてゐるのかと問はれしは「書く仕事」のことカウンターの席に

包丁持ちて湖岸に出れば気も晴れむ研ぎ屋は今日から三日来てゐる

飯はまだかと言ふおつさんを持たぬこと幸ひとする夕の図書館

「富田尚三」線対称の氏名ある抜けられなかつた小路の正面

詰められた棒の重さだ六角のおみくじの箱振る時あるのは

佐佐木幸綱かと再び見る運転手ぐるりと大きくハンドル切れり

ホール出口に向かふ横顔靴脱いで会ふことはなき人と思へり

(小潟水脈 時時淡譚 ながらみ書房)

この記事についてブログを書く
« ポストの影 小島熱子 砂子... | トップ | はるかカーテンコールまで ... »
最新の画像もっと見る

つれづれ」カテゴリの最新記事