きたへふ(Cチーム)のブログ

ファミスタとは特に関係ありません。タブレット・スマホをご利用の方は、できればPCモードで御覧ください。

椎間板ヘルニアで入院してみる・その1(前編)

2020年09月27日 | 雑記
【記事作成日:2020/11/3】
 長らくブログ作成をサボっていたブログ主でありますが、その原因の1つは人生で初めて大病をやらかしてしまったことにあります。(>_<)
 ぶっちゃけた話、椎間板ヘルニアで救急車で運ばれて、全身麻酔を伴う手術をして、半月入院して、その後自宅療養中な訳ですが、今回はその時の体験をブログに残したいと思います。


1. 病院に運ばれるまでの経緯

 ブログ主は体に無駄肉がそれなりに付いているものの、毎週末にスポーツセンターで筋トレやランニングを欠かさない健康体でありました。しかしながら今年の春からコロナ禍の影響でスポーツセンターに行けなくなって運動不足になり、スポーツセンターが再開された夏以降は過労死しそうなくらい仕事が忙しくなってやっぱり運動できない状態が続いていました。

 こういう運動不足な状況に加えて、機材の入った重たい荷物を片側の肩に担いで移動するような出張移動の連続&まともな休息なし・・・という過酷な条件が加わって8月頃から消えない腰痛の症状が出始め、それがどんどん酷くなっていきました。

具体的には

  • 9月上旬には右足のしびれを伴って腰痛が酷くなる(整形外科では痛み止めをもらう)

  • 9月の4連休(9/19-22)の頃には駅から自宅までの徒歩10分程度の移動すら苦しくなる

  • 9/26(土)は杖をついて職場に向かおうとしたものの、数百メートルも歩けず断念(この日は仕事的に重要な日で、自宅テレワークでなんとか凌ぐ)

  • 9/27(日)になると自宅内の移動も杖をついてやっとという有様

という状態になりました。(;´Д`)

さすがに「これはアカン、普通の腰痛ではない。日曜で病院休みやなんて言ってられん」ということで、
救急安心センター事業(#7119)に電話したのが9/27(日)のお昼前後でした。

そこからの経緯は次の通りですが、長くなるので詳細については別エントリで記載したいと思います。

  • 9/27(日) … 救急車で病院に運ばれてそのまま入院(その2で記載予定)

  • 9/28(月) … 朝一の検査で重度の椎間板ヘルニアと診断され、当日中に緊急手術(その3で記載予定)

  • その後10/14(水)まで入院し、以降自宅療養 (その4で記載予定)


~その2へ続く(予定)~
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 赤ちゃん連れで飛行機に乗っ... | トップ |   

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (兵庫の隼乗り)
2020-11-06 01:22:24
はじめまして(*´∀`)隼に乗っています
265号 通行止め の検索でこちらのサイトを見つけました。
ヘルニア痛そうです。。御大事にしてください。

先週、九州弾丸ツーリングに行ったのですが
九州最強酷道とも知らずに軽い気持ちで
143との分岐から265に入ってしまいました。

結果は144に辿り着く前にバリケードで完全に通行止めでした。。
行程に余裕がなく、帰りのフェリーに間に合わないかもしれない
焦りで写真すら撮らずに引き返し、高速にのり阿蘇山もスルー、、

せっかく九州に行ったのにガソリンスタンドしか寄れず
ギリギリ間に合って帰ってきたのですが
自分が走った場所は一体どんなところだったのか?と気になり
こちらの写真がたくさんの詳しく書かれている記事を見つけました。

ああ、こんな感じの道やった!と思い返せてとても嬉しかったです!有り難うございました。
懲りずにまた九州に行けたらと思います。

他の道の記事も楽しそうなので
これから見させて頂きます(*´∀`)

兵庫の隼乗りさんへ (ブログ主)
2020-11-07 14:58:29
コメントありがとうございます。
143の分岐からR265に入ったということは、輝嶺峠でとっ捕まってしまったんですね…

九州は阿蘇・久住辺りが最高にいいところなので、是非とも走りに来てやって下さい!

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事