恍然如夢

恍然如夢

戳“膿包”降杠桿金融體係抗風險能力在提升

2017-07-21 12:25:58 | 日記

  


  我要負責任地說,中國有能力防範、也不會出現係統性金融風險。


  ——李克強


  ■本報記者傅蘇穎


  3月20日上午十三屆全國人大一次會議閉幕後,國務院總理李克強在人民大會堂三樓金色大廳會見采訪十三屆全國人大一次會議的中外記者並回答記者時提出,“我要負責任地說,中國有能力防範、也不會出現係統性金融風險。”


清數,即是指已還清貸款。為回饋社會,回饋客戶,給新老客戶優惠,現在將面對所有新顧客以及已經在本公司已經完成清數的老顧客,推出新一輪的優惠,為廣大顧客提供年利率低至8%私人貸款,解決顧客的後顧之憂,力爭成為顧客幸福路上的守護者,讓顧客笑對人生的大磨小難。


  李克強指出,因為中國經濟的基本麵是好的,金融運行也是穩健的。“當然了,中國經濟總量已達80多萬億元,銀行資產有250多萬億元,你說沒有點風險,那是不可能的。常言道:雲多易生雨、樹大常招風。但是我記得我在這裏曾經說過,我們銀行的資本充足率和撥備覆蓋率是比較高的,高於國際標準。我在這裏還想說,目前我們商業銀行法定存款準備金率在15%左右,這也相當於存了20多萬億元的準備金,或者叫做風險準備金。”


  對此,中國人民大學教授、財政金融學院副院長趙錫軍昨日對《證券日報》記者表示,確實上述提及的因素可以讓中國避免出現係統性金融風險。我國當前處理和應對係統性金融風險的能力是比較強的。


  蘇寧金融研究院宏觀經濟研究中心主任、高級研究員黃誌龍昨日對《證券日報》記者表示,我國不會出現係統性金融風險的原因有三方麵:一是黨中央對金融和經濟工作領導得力,金融監管政策及時、有效,執行有力度;二是金融機構自身抵禦金融風險的能力明顯增強;三是資本跨境流動的管理更加有效,使得境內外資本同步沖擊金融體係的能力有限金融投資


  李克強同時提出,金融領域也有一些違法違規行為或者規避風險的行為在興風作浪,最近我們監管部門主動出手、果斷處理,就是要讓這些點狀的風險不擴散,該戳的“膿包”還是要戳,否則也有道德風險。


  對此,黃誌龍認為,金融領域的違法違規行為被銀監會總結為“三三四十”行為,針對這些違法違規行為,去年以來銀監會已經出臺一係列組合拳和監管舉措,對於金融體係去杠桿產生了積極效果,社會融資也逐漸從表外轉向表內業務。


  趙錫軍認為,如何加強監管讓金融行業和金融市場能夠更加健康規範的運行,能夠更好的服務於實體經濟,這些對於我國防控金融風險都是有更加積極的意義。


  李克強指出,此次機構改革把銀監會和保監會合並,也是要防止規避監管的行為發生。對此,黃誌龍表示,銀監會和保監會的合並,二者對金融機構監管有很大的相似性,商業銀行和保險公司重點是強調資本充足率監管、杠桿率水平監管、違規業務監管等,因此,二者的相似程度相對較高資金流向


  趙錫軍認為,銀監會和保監會合並是為了防止監管套利,防止一些非法機構和金融活動行為繞開監管。


  原文地址:http://news.10jqka.com.cn/20180321/c603506749.shtml

コメント

るほど待を求

2017-07-11 12:18:14 | 日記


眼が溶けるほど泣き崩れたクシナダヒメは、やがて涙を拭き神々の住む高天原からの祝福を受ける。
大地を統べる女神として、クシナダヒメはこのまま泣き暮らして地上の稲穂を枯らすわけにはいかない。
そんな天地の理を受け入れ、神々の裁可に従って、クシナダヒメはスサノオの妻となる道を選んだのだった。

だがその胸には、最後に息絶える寸前のオロチが気力を振り絞り、辛うじてつないだ絆の鏡がある。
鏡の中に二人で過ごした時間を、持てる霊力で出来るだけ閉じ男士不育込めて、二人は密かに遠い未来に来世を誓った。

『今度、生まれ変わったなら、家を教え名を答えよう。』

そうして気が遠くなるほどの長い長い時間をかけて、オロチは霊力を取り戻し、クシナダヒメの転生を待ったのだ。

鏡の外の世界から来た記憶の無かったクシナダヒメは、すべてを知った。
最愛の娘をかばって倒れたオロチを思って、ほろほろとしとどに泣き濡れていた。
命がけで娘を守った、大蛇の愛に心を打たれていた。

どうやって鏡のこちらに帰ってきたのか、分からなかった。
いつしか、見慣れた部屋に戻ってもずっと涙が止まらなかった。
丸く身体を丸めて、ひたすらの涙が畳に吸われてゆく。
締め付けられるような、信実の恋を知ってつきんと胸が痛かった。

初めて、こんなにも深い思いがあることを知った。

オロチご当主さま。」

鏡の中に閉じ込められた、オロチとクシナダヒメの誓いは永遠だった。

クシナダ大事ないか」

そこに居るのは、ご当主の海槌緋色なのか、それともオロチなのか、その姿は鏡の中のオロチに似ていた。

「ぅっうわあぁあんっ」

側に来た海鎚緋色、転生したオロチに縋って、ぼくは初めて人前で声を上げて泣いた。
ご当主は相当、困惑したのだろうとおもう。

傍によるな~と青い顔で泣き喚いていたぼくが、今や取りすがってわんわんと、小さな子供が微量元素乳房めるように無防備に泣いていたのだから。

オロチご当主は懐の中にいるぼくに手を回すて、おずおずとやがてきゅと力を込めた。

「クシナダそなたが泣くと我は、辛い涙は、止まらぬか?」

「ふも、いいよ」

しゃくりあげながら、ぼくはついに運命を受けとめた。

神楽で踊ればいいんだろ?そうすれば、ご当主様の念願が叶うんだろ?」

「ぼくでいいなら、オロチが大好きなクシナダヒメと代わってあげるよ今までずっと、気が遠くなっていたんだろ」

ご当主は、何も言わずぼくを抱きしめた腕に、なお一層の力を込めた。
人型の大蛇の虹彩がすっと細くなり、ぬめと光った気がしたが、今はそれほど怖くなかった。

オロチは転生かなって、今は「海鎚緋色」と名乗っている。

名前にある「緋」の字は、きっと川となって流れるほどの狂おしい血の色を忘れぬように入れたのだ。
まぶたの裏で、真っ赤な濁流が映像になった。いよりも、もっと深くて悲しい思いを知ってしまったから、俺は泣きすぎてがんがんと痛くなった頭で考えた。
もしかすると、普段使わない頭でいっぱい考えたから、頭が痛くなったのかもしれないけど今は、そんなことどうでも良かった。

さっき見た映像は、きっとオロチが渡した鏡に閉じ込められていた信実だ。
一撃でスサノオの頭を打ち砕く機会があったのに、結局オロチは命がけでクシナダヒメを守ったんだ。
スサノオの水連(みずら)に結った頭に、誰よりも大切な愛おしいクシナダヒメが赤い櫛に姿を変えられて、挿してあったから自分を犠牲にした。

でもね、ぼくも子どものとき読んだ神話物語で、知っているけどね。
もしかすると、親父やお袋が何か思って、寝物語に読ませて刷り込んだのかもしれないけど。

その後、涙を拭いたクシナダヒメはスサノオと結婚して、驚くほど多くの神々を生んだんだよ。
きっと小蛇になったオロチは側にいて、長いこと自分の力が戻るまでそんなクシナダヒメを見守るしかなかったんだ。
大好きな彼女が、自分の恋敵と結婚して子供を生み育ててゆくのを、ずっと眺めているしかないなんて
きっと、優しい笑顔を向けたこともあったはずだ。
だって、ぼくの知っているクシナダヒメは過去を思い起こして泣いてばかりいるような、儚げなお降血壓食物姫さまじゃなくて、すべてに優しい大地の神さまだったんだもの。

胸が痛んだ。

ごめん、オロチごめん。不実でごめん。」

ぼくが直接裏切ったわけじゃないし、全てが仕方がなかったことなのだとしても、謝らずにはいられなかった。
コメント