CARP BOYによる「広島カープ 情報発信局」

ファン歴年齢のカープboyによる奇跡の広島カープ情報を毎日更新いたします!

3連覇の陰で【2軍での姿勢もお手本】だった…退団、エルドレッドは数字以上にチームを強くした理由に一同感激とは!?

2018-11-16 04:45:38 | 広島カープ

3連覇の陰で【2軍での姿勢もお手本】だった…退団、エルドレッドは数字以上にチームを強くした理由に一同感激とは!?

 

3連覇の陰で【2軍での姿勢もお手本】だった…退団、エルドレッドは数字以上にチームを強くした理由に一同感激とは!?

いつも動画をみてくださり、ありがとうございます。感謝です。

数字以上とは…

11/15(木) 7:00配信 JBpress

退団…エルドレッドは数字以上にチームを強くした

悲願の日本一奪還が叶わなかった広島カープ。

それでもセ・リーグでその強さは群を抜く。

3連覇を成し遂げたこの3年の貯金数は順に37、37、23と、実に97を数える。

その強さを語るときの

「猛練習」という言葉はもはや代名詞となった。

しかし、

その猛練習を継続し続ける、いわば

「伝統を作る力」

は簡単に得られるものではない。

欠かせなかったのはベテランが見せる姿勢。

新井貴浩、小窪哲也そして忘れてはいけないブラッド・エルドレッド。

退団が発表された「助っ人外国人」はその数字以上の働きを見せていたのだ。

(前原淳、スポーツライター)。

■広島の「猛練習」はなぜ伝統になったのか

3連覇を成し遂げながら、日本一を逃した広島は、11日から秋季キャンプを行っている。

今年は例年以上に主力選手の参加が免除され、若手中心のメンバー構成となった。

猛練習を課せられるだろうが、

誰よりも本人たちがやらなければいけないことを知っている。

なぜか。

今季限りで現役を引退した新井貴浩を筆頭に、広島ベテラン陣の背中を見てきたからだ。

今シーズン、新井は左ふくらはぎを痛めて開幕2軍スタートとなった。

その後、患部の回復とともに練習を再開。

5月1日には実戦復帰した。

若いときから猛練習で鍛えられたベテランは、四十路を越えても自らを追い込む。

それはオフに公開されてきた護摩行やの自主トレの様子を見ても明らかで

、別メニューが与えられた春季キャンプでも、

自主的に坂道ダッシュを繰り返したり、特守を受け続けたりと練習量をこなしてきた。

「もちろん若い選手から見られているというのはある。

だけど、やらないといけないのは当たり前のこと」。

さらりと言ってのける41歳。

若手の中に混じっても決して手を抜かず、名球会入りする大先輩の姿に、

若手はそれ以上やらなければいけないという思いを強くした。

練習態度から、試合での集中力と懸命な姿勢。

当たり前のことをやる。

当たり前のようで難しいことを実績あるベテランが態度で示してくれていた。

中堅からベテランとなった小窪哲也も、新井の影響力を認める。

■パンパンに張った太ももを叩きながら練習した鈴木誠也

「新井さんの姿は大きい。

2軍でも全力疾走。

そういう姿、細かいところは2軍の若い選手たちが見ている。

当然、意識はする」。

2016、17年にはキャプテンを務めたその小窪も、昨年から1軍での出場が激減。

2軍暮らしが多くなっている。

それでも、全体練習後に特打を行うなど練習量を落とすことはなかった。

「高校の時からライバルよりも1回でも多く振るようにしていた。

1年の時から3年生のレギュラーの練習をずっと見てた。

大学時代(青山学院大学)は自主性に任せられた練習が、多かったのもあるかもしれない。

自分の中では頑張ってやっている感覚はない」。

練習量に耐える体力があるということは同時に、

強い精神力があるともいえる。

特に広島のスカウトは肩の強さや足の速さなどの技術面だけでなく

「うちの練習に耐えられるか」

という体力面も見ているという。

猛練習が伝統のように受け継がれるのもうなずける。

12年のドラフト2位で入団した鈴木誠也は、1年目に球団では

99年の東出輝裕(現打撃コーチ)以来となる高卒野手1年目デビューを果たした。

だが、その年のオフには毎日のように広島市内のジムと2軍練習場で自主トレ。

ハードトレの影響で体が思うように動かないときもあったが、

それでも自分で太ももをたたきながらバットを振り続けた。

当時まだ19歳。

プロになって初めてのオフで、気が緩んでも不思議ではないが、鈴木はそうならなかった。

プロ入りから順調に成長曲線を描けているのは、才能だけではない。

ベテランが若手に受け継いだだけではない。

外国人選手もそれを体現し、受け継いできた。

■まさにお手本だったエルドレッドの存在

今年の秋季キャンプには3人のドミニカアカデミー出身の練習生とともに、

アレハンドロ・メヒアも帯同している。

アカデミー出身とはいえ、

今年2軍で打撃部門4冠を達成し、

1軍でも22試合に出場し、打率.268、3本塁打、7打点を残した。

それでも昨年に続き、自己鍛錬の秋季キャンプに召集された。

さらに自ら

「外野もやらせてもらいたい」と志願する心意気。

アカデミーから広島イズムをたたき込まれた影響を感じさせる。

残念ながら先日退団が発表された、ブラッド・エルドレッドもまた

広島イズムを体現していた外国人選手の1人。

7年目を迎えた今年、外国人枠の影響で6月9日に2軍降格となり、

再昇格のないままシーズンを終えた。

通算133本塁打、370打点。

2014年には118試合で37本塁打を放ち本塁打王のタイトルも獲得し、

広島球団史上でもっとも長く在籍した外国人選手となったエルドレッドは

、広島の街をママチャリで移動し、

通訳なしで食事や買い物もこなす。

そして2軍での姿勢もお手本のようだった。

指示された練習メニューをきっちりこなし、

ときには若手選手にアドバイスすることもあった。

実績あるエルドレッドの姿に、

水本勝己監督も

「こちらが何も言わなくてもちゃんとやってくれるから本当に助かる」

と感謝するほどだった。

2軍では練習に不真面目になる外国人選手も見られるが、

広島の外国人は懸命に取り組む選手が多い。

印象的な選手は、16年に入団し、1度も一軍に上がることができなかったジェイソン・プライディ。

メジャーで133試合出場の実績を持つプライディもまた

2軍での練習態度はチームメートが認める熱心さだった。

ベテラン、そして外国人までもが広島の伝統に背くことなく実行することで、

自然と若手にも伝わる。

練習で得られた成功体験によって、また練習へと向く―。

好サイクルといえるだろう。

プロの世界、努力が報われないことだってある。

才能と努力、そして運も必要だろう。

ただ、自分自身でコントロールできるのは、努力だけ。

それが当たり前のように、自然とできるのが広島の伝統であり、

強さの秘訣なのかもしれない。

■奇跡のファンの声は?

いくら若手が伸びてきてるとはいえ、寂しいのう。

新井もエルドレッドももちろん優勝に貢献してくれたけど、能力以上にキャラクターが大好きだった。

ほんまに感謝しかない。

最初来たときはただの2割5分のプルヒッターやったけど年々打撃は進化してたね

エルちゃんは、成績だけではなく、人柄が最高だから、悲しむ人が大勢いると思う。

7年は大きいよ。

エルさんはカープにいたら一軍出場はもう厳しい。

功労者だからずっと二軍ていうのも難しい。

引退してカープで何かしらのことに関わってくれるのがいいと思うけど

本人が現役を希望してるならどっかみたいにムリヤリ引退させるよりは

他球団でもプレーできる道筋を探して

本人が納得するまでプレーしたらいいと思う。

引退してまたカープに関わるってのもありだと思う。

広島が強いのは成績もさることながら、

一貫して市民球団であり続けた事が良い意味での『貧乏球団』となり、


それは戦後復興中だった頃の広島県民の情熱となり、

また球団も予算が無いところ、他球団に負けないよう練習の工夫で質を

作りそこへ量も加えたやり方が伝統となり今も当たり前に受け継がれている事が、

選手の力強さに現れていると思う。

ただ広島は今が強いのではなく昔から強いし、最下位だった時期も

選手の質は一級品なので常に個人成績上位の選手がいた。

私は阪神ファンだが、本当に広島は日本を代表する素晴らしい球団だと思う。

新井さんや、エルちゃんのような

いてくれるだけで周りに良い影響を与えてくれている選手が次々といなくなってしまう…

とてもさみしい。

ありがとう、ブラッド。

何らかの形で球団に残って欲しい。

ビジネスにおいて、大事なことは

手段と目的を間違えないこと。

目的は、リーグ優勝であり日本一になること。

その手段としての、もう練習がある。

極論を言えば、優勝する能力

または、その方法がわかっているなら

もう練習の必要はない。

資金力に劣るカープとしては

練習により、一流選手を超一流に

磨きあげるのみなんだろう。

カープが強い理由はコーチが若手の育て方がウマイと言うより

ベテラン勢が若手にとってめっちゃいいお手本になってたんやな!

だからいい先輩を見習ってみんな必死に練習した結果がリーグ三連覇に繋がったんやと思う!

カープ依存症になってから20年近くなりますがやはり選手の退団には慣れないですね。

移籍にしても引退にしても遅かれ早かれやってきますが、分かっていても複雑な気分になります。

功労者なら尚更気持ちが入り込んでもどかしくなります。

大好きな選手や期待した選手が

退団しても僕がカープを好きであることに変わりはありませんし、

時間が経てば自然と気持ちが切り替わると思いますが、この気持ちはしばらく続きそうです。

広島は本当に良いチームなのが良くわかる。

広島のようなチームが強くなるのは、プロ野球ファンとしては、嬉しい限りだ。

FAする選手も目先のお金だけでなく、

チーム力や居心地の良さ等を考慮して移籍は決めて欲しいものだ。

世代交代っていうのはこういうことだよね。

新井も本人さえ望めば来年も契約できた。

しかし「今後のカープのことを考えて」と自ら退く決断をした。

エルドレッドも、コンディションのことや、バティスタとメヒアが成長して今後の長距離砲の目処が立ったことで出場機会はなくなるということだろう。

カープは他チームに比べて新陳代謝が上手くいってる方だと思うよ。

プロ野球選手が「猛練習」するなんて当たり前のことかと思ってたけど、

これだけ特別に書かれるということは他の球団の選手はさほど練習しないのかな。

カープの選手は毎年どんどん成長する!

今年結果を残せば来年はもっと!と思うし、今年悪ければ来年こそは!と思う。

悪かったら取り替えて捨ててしまうチームには負けないよね。

エルドレッドは普段の姿勢でお手本になったのもあるけど、

新しく入ってきた外人選手とコミュニケーションを取って色んなケアをしてくれていた

助っ人選手のチャリンコ部隊とかいい世話役だっただけに、

来年入ってくるだろう新外国人が上手く馴染めるのか、不安材料ができてしまった

JBprees良い記事出すなぁ

全くそのとおりだと思います^_^

決して実績では最強助っ人じゃないけど

人柄や球団の為に尽くしてくれた事は間違いありません

エルドレッドもいたから今のカープがあるんだと思う^_^

新井さんに続いてエルまで……

丸がFAで退団してしまうと、随分寂しくなってしまう。

若手の台頭を待ってます。

みんな開幕一軍を目指して頑張って欲しい!

エルドレッドは成績以上にチームに貢献した、またママチャリ姿など市民に大変愛された。

現役を続けたいというのは、本人の希望だろうが、ファンとしては、何らかの形でチームに残ってほしい。

今までの外国人選手の中で一番好きな選手です。

エルドレッドがいなくなるの寂しい

選手が無理ならスタッフとして残ってくれないかなって思うぐらい家族みたいな存在だったから寂し過ぎる

昨日からエルロスで仕事にならない

エルドレッドは大好きな助っ人外国人の1人だ

広島は昔からイイ助っ人を連れてくるイメージがあるよね

数字的なものも勿論だが、人情的な深みのある助っ人が多いと思う

当時広島ファンだったからか、1番印象に残ってるのがギャレットとライトルかな、

同じ時期に活躍した選手だけど二人で打ちまくった記憶がある日本大好き助っ人だったね

大してファンでもないが、エルドレッドやジャクソンの存在は大きかったし、とても寂しい。

記事にある練習に対する姿勢は想像もつかなかったし、やはり活躍には必ず裏の努力があるんだなと心打たれる分野、なおさら寂しい。

努力と練習は裏切らない。

それを学生時代に認識していれば…(笑)

広島の強さは自分が強くなる・上手くなることがチーム力の向上だとみんなが知っているから。

個々の技術の結集がチームワーク。

それを知っている選手が自主的に努力するから、広島は強い。

体から醸し出される気品のある温厚な態度は

まるでゴールデンレッドリバーが、

もたれかかっても嫌な顔をせずに暖かく

包み込んでくれるような。

2軍でも不貞腐れず頑張るエルドレッド選手や

代打の為に万全の準備をして待つ新井選手の

姿を見て、己を鑑みる良い機会となりました。

本当にありがとうございました。

巨人ファンです。

エルドレッド選手には、痛い所でバカでかいのを打たれた印象しかありません。

それでもなんだか憎めない、明るい雰囲気かある選手でした。

この記事で、彼の人となりを詳しく知りました。

今季限りで広島を去ることになったのは、本当に残念です。

去年優勝した時に、骨折してた鈴木選手をおんぶして出てきたエルドレッド。

とても優しい、チームにも愛されてる選手なので、カープからいなくなるの寂しいです。

これからもママチャリで広島の街をぶらぶらしててほしいです。

本人が現役続行を希望しているならどこか手を挙げてくれるといいなと思う。

ロサリオの抜けた阪神とか楽天とか…どうでしょう。

対戦相手になってしまうけどまたプレイする姿が見たい。

そして、巡り巡ってまたカープに帰ってきてくれたら…またいつかエルドレッド監督誕生とかあったら泣くわ。

三年間累計で97も勝越している広島ですら

パリーグに勝てないというのをもっと意識しなければならない

二大人気チームの巨人阪神があって、地元の熱烈なファンが多い広島

集客力は抜群だが、パリーグには勝てない

一方、パリーグは札幌や福岡に強烈な地盤を

チームの努力で築き上げた。

共に古くから札幌福岡にあったチームではないのに

ロッテの応援は観てて楽しい

埼玉には古豪西部

新生楽天は東北唯一の球団

オリックスは置いといて(笑)

予告先発をいち早く導入し、DH制などセリーグよりはるかにファンを見据えて白熱する試合を

演出したおかげで

人気のぬるま湯セリーグより明らかに強くなった

セパ共通ルールにして

偶数順位は入れ替えなんかにして

野球をもっと盛り上げてほしいな

エルドレッド、勿体ないなー。

フルで出れば30本は打てそうなのに、怪我の具合が良くないのかな。

他チームのファンだけど、ネクストにエルドレッドが立ってるとかなりの威圧感がある。

大振りの一言では片付かはないバッティングはたとえ代打の1打席だとしても、

対戦球団のファンからしたら恐怖以外の何ものでもなかった

年齢もあるとはいえ勿体ない気もする

55番も永久欠番にすべき!

エルドがいなくなるのは寂しすぎる。

何らかの形で広島に残ってくれ。

コーチ、スカウト、何でもいいから。

エルドレッドは阪神に欲しい!日本での実績に加えて真面目な性格は関西でも間違いなく活躍すると思います。

当たり外れの多い新外国人を獲得するよりずっとマシです。

彼のような選手の価値を讀賣なんかはいつまでも理解出来ないと思う。

楽天も人見る力があればなぁ、アンドリュー・ジョーンズをクビにするの、

今考えても大きな間違いだったと思う。

エルちゃんが大好きだった。

大ぶりの三振もあるけど、それもまた愛嬌で、チームを主砲とそのキャラクターで沢山支えてくれた。

ママチャリもカタコトの広島弁も。

ありがとうがいっぱいある。

また広島と何かで関わってもらえたらと願うばかり。

新人が開花するのはホントに嬉しい!

鬼のような練習をしてきた賜物!

その一方功労者が離脱していく現実・・・

何とも言えないぐらい辛い。

新井の引退よりエルドレットの退団の方がショックなんだが。

なんでって新井は今は良くても一度裏切った人間だからな

エルにはカープに関わる仕事をしてほしいな

カープのユニフォームが似合う素晴らしい選手だと思います!

まだ居て欲しい選手だわ。

おつかれさまでした!

若手のお手本となる助っ人を取るという強化方法もあるんだな

エルドレッド人気ありますね。

ベテランになり控えでも出場するだけても盛り上がりますね。

こういう選手は大切ですね。

……………

エルも新井さんも人間性が素晴らしいから、これだけのファンがいたんでしょうね!

貴重なお時間を使って、最後まで動画をみてくださりありがとうございます。感謝です。

【チャンネル登録よろしくお願いします】
BY カープBOY

文章&画像引用元:
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181115-00054664-jbpressz-life

http://news.livedoor.com/article/detail/15597371/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« あの元エースは分かっていた... | トップ | 11月16日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

広島カープ」カテゴリの最新記事