A White Night 

「眠れない夜」ってぐーぐー寝てますが・・
好きなことやってる時は目がらんらん。

blogについて

趣味でやっているBlogです。大好きな音楽が聴きたいだけ。
どこを押しても¥なんぞは、私の懐に一切発生致しません。

斉藤和義 -「Toys Blood Music Live at 山梨コラニー文化ホール2018.06.02」

[Trailer]

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

My Collection②ーALREADY FREE

2017-11-19 16:52:27 | Music

THE DEREK TRUCKS BAND

↓2008年12月5日に私が書いた記事

デレク・トラックス・バンド』

来年2月18日発売予定。
Eric Claptonから辿り着いた人なのですが、相当興味を惹かれる人です。

デレク・トラックスは26歳にして、クラプトンに認められ、
ウィリー・ネルソンをして「最高のギタリストの一人」と言わしめ、
米ローリング・ストーン誌ではレッチリのジョン・フルシアンテ、
ジョン・メイヤーとともに「新世代のギター・ゴッド」として表紙で紹介され、
現在いまだ29歳という若さのギタープレイヤーだ。

そしてこの『オールレディ・フリー』では
オリジナル曲を書くとともに昔の曲を蘇らせ、深遠なヴィジョンを新たに吹き込んだ。
本作にはブルース、ソウル、ジャズ、アフロ・ビートからカッワーリー(イスラム教の祈りの音楽)
まで様々なワールド・ミュージック、そして近代ヨーロッパの巨匠たちが生んだ
高度なトーナリティーまでもが網羅されている。
ときています。
多種なジャンルを読むだけでめちゃめちゃ聴いてみたい・・・という
興味をそそられます~~。
そして、昔の曲を蘇らせる。。これも気になる。


29歳“新世代のギター・ゴッド“が放つ最新作は、早くも最高傑作との呼び名も高い。

来年の注目作品?

今聴いても、心躍るAlbumです
Guitarがいいわ~~~!!!!!

The unbelievable Derek Trucks "Chevrolet" instudio WRDU

お借りしました。

Comment

My Collection①ーLive Johnny Winter And

2017-11-18 16:24:45 | Music

たまに持っているCD、DVDを全部出して、棚の中の入れ替えをする。

暫く聴いていなかったCDを手にすると、ああっ、、と思い出したような気分になる。
それと共に、買った頃の懐かしい記憶・・。
どれも大事な私のCollection。

一つずつ、少しづつ、ここに残していきたいな。

まずは、『Live Johnny Winter And』

Openingを飾るには、サイコーのテンションです 

音だけで伝わってくる臨場感は半端なく、想像力を掻き立てられる。

曲と曲の間に空白があるのが残念といえば残念なのですが、
改めて聴くと、やっぱり凄い1枚です。

収録曲

   1. Good Morning Little School Girl

   2. It's My Own Fault

   3. Jumpin' Jack Flash

   4. Rock And Roll Medley: Great Balls Of Fire/Long Tall Sally/Whole Lotta Shakin' Goin' On

   5. Mean Town Blues

   6. Johnny B. Goode

Johnny Winter Johnny B. Good 1984

お借りしました

Comment

独り言

2017-11-13 22:44:39 | other

もう直ぐ、せっちゃんの2018のTOURのFan Club先行抽選の締め切り。

今日になって一か所増やしてしまった。

外れる所もあるだろうな~。

神様~
強行軍にも耐えますから~。

iTunesから次々に流れてくるせっちゃんの曲が、、、
沁みる~~

 

Comment

OKAYAMA MARATHON 2017の限定

2017-11-13 17:58:42 | other

きびだんご。

昨日はOKAYAMAマラソンでした。

これが欲しくてね。。

えっ?

私はマラソンは全くダメです。

家族が、毎日毎日、本当にコツコツと走ってて、
 

昨日参加し、そしてこのメダルを見せてくれました。

参加の皆様、本当にお疲れさまです。
42.195キロ走った後の足の状態の凄さに驚きます。

でも、完走したという爽快感は何物にも代えがたいでしょうね~。

余談ですが、
夜はドラマ「陸王」にハマりまくり。
今日はTVでも、足袋型シューズのCMが流れてました。

Comment

GACHIに行くぞーーーーーっ

2017-11-03 08:44:26 | other

GACHI クラブクアトロ 4連戦

  ~其の二
  浜崎貴司 vs. 斉藤和義

のチケット、当選です~ 

浜崎さんは・・FLYING KIDSですよね。
何曲か、曲聴いたことがあります。
確か、Radioに出られているのを聴いたんですよ~。(遠い目)


せっちゃんとのBattle、楽しみです。

濃く~、濃く~、

そして熱い一夜になります様に

冬の夜だから・・熱くなって帰りたい。。

えっ?

Comment

陶芸体験

2017-11-02 20:40:26 | other

以前から、陶芸をやってみたいな~と思っていたところ、

毎日体験出来るところを発見。

友達とドライブがてらせっちゃん号で行ってみると、のどかな落ち着いた雰囲気。

 

足守は緒方洪庵さんの出身地なんですね。
緒方洪庵さんとは江戸時代後期の武士で医師、蘭学者である。大阪に適塾をひらき人材を育てた。
天然痘治療に貢献し、日本の近代医学の祖といわれる。(Wikipediaより)

知らなかった・・・。そんな偉大な方のゆかりの地がこんなに近くに。 灯台下暗し・・。

で、今回作ったのはお茶碗。

とりあえず、初心者なので、簡単に出来るところから始めてみました。
柄は自分の好きに付けるのですが、
何にしようかな~と思い 閃いた!!! 

せっちゃんのGuitarの絵を書いてみました。

これをシリーズ化して、茶碗、お皿、マグカップ、スープカップ、そばちょこ、etc
一つずつ違うせっちゃんGuitarの絵を書いていこう!!!
使うのがめちゃめちゃ楽しみになります。

値段的にも良品的で、良いわぁ~。

また、足守は江戸時代の伝統的家屋を多くとどめていて、
帰りによったのは「足守藩侍屋敷」

えっ?

フツーに小学校の側にある。

門から中を覗いたら、そこにはドラマに出てくるような家が。

 

 ここは、庭に面したところにある門で、殿様が使う門だとか。
 ここは殿様が上がる庭に面した部屋。

釜戸も井戸も籠もあり、本当に江戸時代の風情がそのままに!!!!! 歴史好きにはたまりません。

立派なお城のある観光地じゃなくても、あるのですね~、こんなこと。
写真が少なくてすみません。

陶芸に来るのが、ますます楽しみに。

Comment