A White Night 

「眠れない夜」ってぐーぐー寝てますが・・
好きなことやってる時は目がらんらん。

blogについて

趣味でやっているBlogです。大好きな音楽が聴きたいだけ。
どこを押しても¥なんぞは、私の懐に一切発生致しません。

斉藤和義 - 19th Album「Toys Blood Music」トレーラー


 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ルパン三世vs名探偵コナン』

2009-03-29 00:38:22 | Movie

一昨日、金曜特別ロードショー観ました。

はっ?っていう組み合わせ。
ルパンとコナン君のアニメが一つになるなんて、、
アニメの画風だけでも全然違う気がするし、
どうなるの?って思ったのです。

それが、全然違和感無し。
それどころか、ルパン、次元、不二子とコナン君が、
銭形警部と毛利小五郎が登場人物として
ホントに上手くコラボしていて面白かった。
話も、ルパンはルパンの王道を、
コナン君はコナン君の王道をきちんと通しており、
なおかつ最後にルパンがコナン君を助けるというオチもあって、
ホント洒落が利いてたわ。

両者のスタッフにはホント、です。
こんなこと出来るんだっていう、面白い作品でした。

公式サイト。
http://www.ntv.co.jp/lupin-conan/

Comment

苦手だったはず

2009-03-07 00:00:22 | Music

ずっと聴いているデレク・トラックス・バンドの『ALREADY FREE』
amazonによると、ブルース・カントリーのジャンルで1位になっています。
このジャンルで一番聴かれているALBUMということですね。

しかし、実は私、
この「カントリー」というのにめちゃめちゃ不意を衝かれた気分になりました。

何を隠そう、昔ウィリー・ネルソンを聴いた時、
あ~~、私カントリーはダメだわっ。
と思ったのです。
それ以来、避けていた音楽。笑。

デレクのこのALBUMは
「ブルース、ソウル、ジャズ、アフロ・ビートからカッワーリー(イスラム教の祈りの音楽)まで
様々なワールド・ミュージック、そして近代ヨーロッパの巨匠たちが生んだ
高度なトーナリティーまでもが網羅されている。」
というお触書だったのですがね、
彼を「最高のギタリスト」と褒めているのがウィリー・ネルソン。
これを読んだ時、うん?と一瞬思ったのですが、
あ~、やっぱりそうなのかぁ~。

でも、これがこのジャンルに入るなら、
私のカントリーの印象が変わってくるというものです。
奏法に詳しくない私でも、演奏が素晴らしいのには気がつきます。
なんだか、また新しい発見をした気分。
また、ウィリー・ネルソンを聴いたのは、かなりのかなりの昔だから、
あの頃より自分自身も少しは進歩してるかな。

Comment

『ALREADY FREE』

2009-03-05 09:22:29 | Music

デレク・トラックス・バンドのALBUM届く。
昨日から聴きはじめ、今日からは車と職場と、
Hardに聴き倒しです。
面白い。
色んな曲調があり、やっぱりギタリストのALBUM。
たっぷり演奏が~。

聴きながら思ったのは、
人は誰かにならなくていいということ。
人には、自分の良さがあるということ。
これはなんか、こんな才能ある人だけでなく、みんなに言えることだと思ったのです。。

Comment

おおーっ、デレクさん

2009-03-03 01:04:53 | Music


昨年チェック入れてたデレク・トラックス・バンドのNEW ALBUM。

もう発売になっていて、評価も上々です。
俄然、聴いてみたい気を刺激され、、

買っちゃいましたー。

ブルースに続き、今年二枚目はこれだ。

まだ届くの待ちなんですけどね。
未知との遭遇な気分です。
デレクさん聴くの初めて。
なんかね、バンド・サウンド重視で、
スライドがうねるそうなのです。

Comment