Caroの住人たち~Caroどうぶつ病院のスタッフブログ~

Caroどうぶつ病院の看板犬・猫などのスタッフ紹介や院長のひとり言、院内の様子や新情報、病気のお話などを紹介します。

アロマの力?

2010年05月20日 13時04分43秒 | 病院STAFF
つい先日、caro動物病院の看板犬こと「caro(カロ)」に皮膚から吸収するタイプの脂肪酸スポットを院内モニターとしてつけてみました。


私自身、使用したことがなかったですし、実際に使用しないとその効果を体感することができないので、うちの子に試してもらうことにしました。

ちなみに「カロ」は普段は、病院の奥の小部屋で待機して頂いております。

ダックスという犬種がら、どうも初対面の人は苦手のようで、数分はワンワンと吠えてしまうのです。看板犬への道のりは限りなく遠いようです

シルバーダップルの「カロ」ちゃんは現在5歳。
幼い頃は「毛包虫症(アカラス症)」という皮膚の毛包に住みつくダニに感染してしまい、ハゲハゲちゃんでした。今はまずまずですが、普段からの手入れが行き届いていないのか、毛艶がイマイチ…
そこで、今回毛艶の治療モニターに起用されたのでした。


このスポット剤の特徴としては、
皮脂腺に蓄積してくれる、という点(滴下が数か所で良い
ローズマリーやティーツリーオイル、ハッカエキスなどの数種類のエッセンシャルオイルが配合されている点
ビタミンEが配合している点
などです。

確かに滴下した日は、かなりエッセンシャルチックな香りが漂っておりました。
エッセンシャルオイルの香りが苦手でない方には、消臭効果として使用しても良いかも知れません。
今後の経過を見てみます。
ちなみに最初の2カ月は1週間に一度の滴下、その後2週間に一回の滴下が推奨されるそうです。
猫ちゃん用もあります。

脂肪酸の投薬になると、毎日の投薬が必要なので、滴下できるのはメリットかもしれませんね。

ティーツリーオイルは殺菌効果もあるので細菌による再発性膿皮症の子の再発予防に貢献してくれるといいですが…どうでしょうね。

気になるお値段は、当院では10キロ未満の子で740円を予定しております。
試してみたい方はお声をお掛けください。


この記事についてブログを書く
« 皮膚病セミナーに参加してき... | トップ | ダックスフントの椎間板ヘルニア »
最近の画像もっと見る